小野久留美 個展「(E)closion」
小野久留美 個展「(E)closion」
Image by: 小野久留美

Art

セントマ卒のアーティスト小野久留美が個展開催 妊婦の腹部の接写作品など展示

 小野久留美の個展「(E)closion」が、目黒のオルタナティヴスペースrusu「ナオ ナカムラ」で開催される。期間は7月9日から7月18日まで。

小野久留美 個展「(E)closion」 Image by 小野久留美
小野久留美 個展「(E)closion」
Image by: 小野久留美
— ADの後に記事が続きます —

 同展では、すべてのものが大地から生まれ、大地へ還るという自然の摂理に対し、「究極の保存とは大地に還すことなのではないか」という考えをもとに制作した作品を展示。会場の庭で育つ植物や、蚕の変態、不特定の妊婦の腹部の接写といった記録作品に加え、長期保存に不向きな感熱紙に印刷した子どものエコー写真をモチーフにした未発表作品で構成する。同展のタイトル「(E)closion」は、日本語で羽化を意味し、「内に閉じた状態から開かれた外に出現する」という語源から着想を得たという。

 小野久留美は1995年、栃木県生まれ。2019年にロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズのファイン・アート学部を卒業した。在学中にアーティストのアネット・メサジェ(Annette Messager)に作品を提供したほか、ロンドンの美術館「テート・モダン(Tate Modern)」や、ソチのハイアットリージェンシーホテルでのグループ展に参加。現在は、東京と栃木を拠点に活動している。

東京国立近代美術館で開催されるゲルハルト・リヒター展

関連記事
東京国立近代美術館が「ゲルハルト・リヒター展」を開催、鈴木京香が音声ガイドを担当

■小野久留美 個展「(E)closion」
会期:2022年7月9日(土)〜7月18日(月・祝)※7月11日、7月15日は休業
営業時間:14:00〜19:00
会場:rusu「ナオ ナカムラ」
住所:東京都目黒区下目黒3-4-9
入場料:無料

Casa BRUTUS特別編集 日本の現代アート名鑑100
編集: マガジンハウス
メーカー: マガジンハウス
発売日: 2022/04/05
価格: ¥1,170(2022/06/29現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング