ゲルハルト・リヒター展 2022年6月7日(火)〜2022年10月2日(日)東京国立近代美術館 ©︎ Gerhard Richter 2022(07062022)
Video by: FASHIONSNAP

Art

東京国立近代美術館が「ゲルハルト・リヒター展」を開催、鈴木京香が音声ガイドを担当

 東京国立近代美術館が、6月7日から現代アーティスト ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter)の個展「ゲルハルト・リヒター展」を開催している。日本では16年ぶり、東京では初の美術館での個展となり、85点以上の作品を日本初公開。初期作から最新作品まで122点の展示を通じて、60年にわたるリヒターの画業を紐解く。

ゲルハルト・リヒター展 2022年6月7日(火)〜2022年10月2日(日)東京国立近代美術館 ©︎ Gerhard Richter 2022(07062022) Image by FASHIONSNAP
ゲルハルト・リヒター展 2022年6月7日(火)〜2022年10月2日(日)東京国立近代美術館 ©︎ Gerhard Richter 2022(07062022)
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

 同展では、展示の構成をリヒター自身が監修。時系列などで特定の鑑賞順を設けず、来場者が自由にそれぞれの作品を往還することで、作品同士の繋がりを発見できる展示空間を創出した。

 また、アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所で囚人が隠し撮りした写真のイメージを下層に忍ばせた近年の最重要作品「ビルケナウ」を日本初公開。そのほか、初期のフォト・ペインティングからアブストラクト・ペインティング、最新作のドローイングまで、リヒターが手元に置き続けてきた作品を含む多様な創作物を紹介する。東京国立近代美術館 主任研究員の桝田倫広は「出展作品はリヒターの家族や身近な風景を描いた作品が目立つ。これらは彼にとって大事な作品であると推測できる」と語っている。

 会場では、展示作品を解説する音声ガイドを提供。自身もリヒター作品のファンだという女優の鈴木京香がナビゲーターを務め、過去のリヒターの言葉を交えながら作品を読み解く。鈴木は「一つのイメージにとらわれず、どこまでも広がっていくリヒター作品の深い魅力を、鑑賞者の皆様が読み解くための一助になれば光栄です」とコメントしている。価格は会場レンタル版が600円で、アプリ配信版が610円。

 また、展覧会特設ショップでは、同展限定のオリジナルアイテムを販売。出展作品をオールカラーで紹介する公式図録(3900円)のほか、同展のメインヴィジュアルを手掛けたグラフィックデザイナー 平林奈緒美がデザインした「re-wrap トートバッグ」(3850円/全て税込)など、これまで関連商品が製作されることがほとんどなかったリヒターのグッズを取り扱う。

 桝田は「東京国立近代美術館70周年の節目で戦後美術を牽引してきたリヒターの展覧会を開催できるのは意義深い」した上で、「今回の展覧会は、リヒター作品の力強さを感じられる貴重な機会になる。1人でも多くの人に見てもらいたい」とコメントしている。

東京国立近代美術館で開催される「MOMAT コレクション」

関連記事
東京国立近代美術館が開館70周年、所蔵200点を展示する作品展開催

■ゲルハルト・リヒター展
会期:2022年6月7日(火)〜10月2日(日)
会場:東京国立近代美術館
開館時間:10:00〜17:00(金曜・土曜は10:00〜20:00)※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(7月18日、9月19日は開館)、7月19日(火)、9月20日(火)
公式サイト

ゲルハルト・リヒター写真論/絵画論
著: ゲルハルト リヒター
翻訳: 穣, 清水
メーカー: 淡交社
価格: ¥3,080(2022/06/06現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング