Culture

銀座のガーディアン・ガーデンが営業終了、アートセンターにリニューアル

 リクルートホールディングスが運営するクリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンが、2023年8月に営業を終了すると発表した。

アートセンター外観イメージヴィジュアル Image by 株式会社リクルートホールディングス
アートセンター外観イメージヴィジュアル
Image by: 株式会社リクルートホールディングス
— ADの後に記事が続きます —

 クリエイションギャラリーG8は、1985年のオープン以来400以上の展覧会を開催。1990年にオープンしたガーディアン・ガーデンは、「1_WALL」をはじめとするコンペティションを120回以上開催してきた。 

 営業終了後は、拠点を銀座から東京駅のグラントウキョウサウスタワーに移し、2023年9月にアートセンターとしてリニューアルオープンする予定。リクルートの経営理念である個の尊重の考えに基づき、制作歴10年未満のアーティストを対象とした個展や、外部のキュレーターや批評家とともにリサーチした若手アーティストの展覧会などを行っていくという。

コンペティション「1_WALL」のロゴ

関連記事
次世代の若手クリエイターを発掘するコンペティション「1_WALL」が終了へ 最後の募集を開始

大貫卓也のポスター作品「HIROSHIMA APPEALS」

関連記事
アートディレクター大貫卓也の個展が銀座で開催 亀倉雄策賞受賞を記念

■アートセンター 概要
オープン予定日:2023年9月
運営:株式会社リクルートホールディングス リクルートクリエイティブセンター
総面積:225平方メートル
公式サイト

いくつかある光の
著: 木原千裕
写真: 木原千裕
メーカー: ふげん社
価格: ¥5,500(2022/08/01現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング