Image by: yeni

Fashion

ランジェリーブランド「タイガーリリートーキョー」がリブランディング

 小柄女性向けアパレルブランド「コヒナ(COHINA)」などを運営するnewnが、リリートレーディングの発行する全株式を取得し、完全子会社化したと発表した。あわせて、リリートレーディングが運営していたランジェリーブランド「タイガーリリートーキョー(Tiger Lily Tokyo)」はリブランディングを実施。ブランド名を「イェニ(yeni)」に改め、再始動した。

Image by yeni
Image by: yeni
— ADの後に記事が続きます —

 タイガーリリートーキョーは2017年、イタリア製バッグブランドでデザイナーの経験を積んだディレクター九冨里絵によって、インポートランジェリーセレクトショップとしてスタート。ノンワイヤーブラ「オードリー(AUDREY)」が、累計販売数4000枚を突破するなど話題を集めた。

 「yeni」はトルコ語で「新しい」を意味する言葉で、大人の女性が自分らしく生きるためのランジェリーブランドを目指すという。デビューコレクションでは、ノンワイヤーブラ(5980円)やショーツ(1950〜2750円)、ワンピース(1万3750〜1万4850円)やレギンス(9625円/いずれも税込)など全9型をラインナップ。イェニのオンラインストアで取り扱っている。なお、ブランドディレクターは引き続き九冨が担当する。

小嶋陽菜がランジェリー「ロジア バイ ハーリップトゥ」をプロデュース

関連記事
元AKB小嶋陽菜の次なる挑戦 ランジェリープロデュースに込めた想い

■yeni:公式オンラインストア

人生を美しく生きる女は、服の下から美しい フランス女性に学ぶ大人のランジェリーのすべて
著: キャスリン・ケンプ・グリフィン
メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日: 2016/12/23
価格: ¥1,760(2022/09/15現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング