TAKEO PACKAGE EXHIBITION「10年後の紙とくらし」展
TAKEO PACKAGE EXHIBITION「10年後の紙とくらし」展
Image by: 竹尾

Art

紙の専門商社・竹尾が10年後のパッケージに焦点を当てた展覧会を開催

 竹尾が、10年後の人の暮らしと商品のパッケージに焦点を当てた「TAKEO PACKAGE EXHIBITION 10年後の紙とくらし」展を神田錦町の竹尾 見本帖本店で開催する。花王、資生堂クリエイティブ、ソニーグループ、ビームス クリエイティブ、明治アドエージェンシーの5つの企業が出展する。会期は11月7日から12月27日まで。

TAKEO PACKAGE EXHIBITION「10年後の紙とくらし」展 Image by 竹尾
TAKEO PACKAGE EXHIBITION「10年後の紙とくらし」展
Image by: 竹尾
— ADの後に記事が続きます —

 同展では「プロトタイピングする10年後の日常シーン」と題し、出展企業のインハウスデザイナーが10年後の紙と人の関係を考案しデザインしたパッケージを展示。ソニーグループによる「宇宙にいる私たちの暮らし」や、ビームス クリエイティブの「10年後のBEAMSでのお買い物」、明治アドエージェンシーが手掛ける「たいせつな人たちとの食事の時間」など、日用品や化粧品、テクノロジー、衣料品、食品といったさまざまな分野におけるパッケージを2032年の「少し先の今」の暮らしのワンシーンとともに展開する。

 竹尾は、紙の専門商社として1899年に創業。高級特殊印刷用紙「ファインペーパー」の開発や、国内外の製紙会社と連携した活動を行っている。2000年にファインペーパーを実際に見て触れることができるスペースとして見本帖本店をオープンした。

人物が描かれた作品

関連記事
展覧会「装いの力-異性装の日本史」が開催 女装メイク講座など関連イベントも

WATOWA GALLERYのイメージヴィジュアル

関連記事
元段ボール工場を改装、WATOWA GALLERYが初の活動拠点をオープン

■TAKEO PACKAGE EXHIBITION「10年後の紙とくらし」展
会期:2022年11月7日(月)〜12月27日(火)
会場:株式会社竹尾 見本帖本店
営業時間:11:00〜18:00
定休日:土日祝日 (11月12日(土)、12月10日(土)13:00〜17:00はオープン)
所在地:東京都千代田区神田錦町3-18-3
入場料:無料
問い合わせ:03-3292-3669
特設サイト

takeo paper show 2018 precision: 精度を経て立ち上がる紙
監修: 竹尾
メーカー: 竹尾
価格: ¥3,080(2022/09/14現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング