Fashion 注目コレクション

服と空間をデザイン、アキコアオキがホテルの一室で新作発表

2019年春夏コレクション
2019年春夏コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「アキコアオキ(AKIKOAOKI)」を手掛けるデザイナー青木明子が、2019年春夏コレクションでイメージしたのはホテルの一室。プレゼンテーションの招待状には、部屋番号と共に「DO NOT DISTURB」と記された掛け札が封入されていた。

・2019年春夏コレクションルック

 

 これまでファッションショーをはじめ様々な形式でコレクションを発表してきたアキコアオキは、モデルが服を着替える演出で発表した先シーズンに続き、今回さらにプライベートな空間と手法でのプレゼンテーション形式を選んだ。会場は、不特定多数の人が利用しながら密室でプライベート、独特な空間のホテル。「より身近な空間で見てもらえたら」という思いから、渋谷にあるセルリアンタワー東急ホテルの一室にシーズンイメージを作り出した。

 ドアを開けた瞬間に漂う香り。リビングルーム、ウォークインクローゼット、ベッドルーム、バスルームの4つの部屋に分かれ、前回のインスタレーション映像を手掛けた平野殉士と平野千穂のディレクションのもと、空間全体が演出された。食べかけのパイ、香水瓶、ベッドに脱ぎ捨てた服やウォークインクローゼットに置かれたポートフォリオなど、各部屋を歩いて巡ることでコレクションのニュアンスを体感する仕様となっている。

 メインとなるリビングルームには、6人のモデルがアンニュイな表情でソファーにもたれかかる。背後には動く影が投影され、ここに滞在した様々な人の記憶をイメージしたという。哲学者の下西風澄の詩が書かれたメモや、人がいないベッドルームから会話が聞こえてきたり、誰かの気配を感じさせる演出だ。

 ラックに掛かった服は来場者が手に取ることができる。カットオフやギャザーなど得意のテクニックに加え、ノスタルジックやスポーティーなど様々なテイストをミックスし、人々が行き交うホテルという着想からデザイン。着ている途中もしくは脱げかけているような作りや、1枚で着られるナイトドレスなど、センシュアルな雰囲気も感じさせた。

 「日本と海外で着たい服が変わるといった、環境によって装いの感覚が変わる。非日常ではなく身近なことや環境から、見せ方を含めて模索している」と話す青木。限られた空間は招待客も制限されるが、来場者が自由に見ることができる形式は、女性のパーソナルな部分を表現するアキコアオキらしさをより濃く伝えた。

 今シーズンから新たに、リアルクローズとしての訴求とセールス面を強化するため国内のショールームと契約。プレゼンテーション後は、同ショールームで展示会を開催する。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング