コム デ ギャルソン 2019年春夏コレクション
Video by: FASHIONSNAP.COM

Fashion 注目コレクション

コム デ ギャルソンが変化、ハサミで体現したリアリティ

コム デ ギャルソン 2019年春夏コレクション
コム デ ギャルソン 2019年春夏コレクション
Image by: COMME des GARÇONS

 川久保玲が手掛ける「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」が、パリで発表した2019年春夏コレクションで変化を見せた。先シーズンまでのアーティスティックなショーピースとは異なり、よりリアリティに近づいている。

 ショーの場所はパリ国立美術学校ボザール(Beaux-Arts)。無地のパネルで囲われた中に直線の白いランウェイと、その両側に長椅子が2列並べられているだけの、簡素とも言える設計だ。

 ここ数年のコム デ ギャルソンはコンセプチュアルでアートピースに近いコレクションが注目されていたが、今シーズンはそれらとは異なる趣向で、ファーストルックは一見シンプルな黒のセットアップ。しかしよく見ると、全面に雫状に垂れる樹脂のフリンジが縫い付けられ、下腹部には完成品にハサミを入れたような穴が空いている。そこから妊婦のように膨れたインナーがのぞき、タトゥーのような薔薇のプリントが見え隠れしていた。

 続くルックもテーラードをベースとしながら、リボン刺繍やフェザー、ファーのような糸の刺繍が全面に施されていたりと、一着の製作に数十時間を費やすような手仕事が見られた。それらの上質な素材と仕立ての服に、あえてハサミを入れるアプローチ。切り裂かれた部分からコブのようなボディが突出していたり、身体に巻きつけた太いチェーンが袖口や裾から垂れ下がってジャラジャラと音を立てていたり。それらを身につけたモデルがゆっくりと歩く姿は、生々しさを感じさせた。

 足元も同様のアプローチで、シンプルなレザーのアッパーにスリットが入ったブーツは「ジョージコックス(GEORGE COX)」と「ジョン・フルーボグ(John Fluevog)」とのトリプルネーム。一際目立っていた「ナイキ(NIKE)」のシューズは今回、クッショニングに優れたショックス(SHOX)のテクノロジーを搭載し、アッパーはテキスタイルが部分的に断ち切り仕様となっている。ブランドロゴが施されたチェーンは取り外しが可能だ。

 今シーズンは、ランウェイで発表された全てのピースが通常販売されるという。つまりコンセプトを見せるためだけのショーピースではなく、驚くような最新技術でもない。"着る服"で一歩前に進めたことが変化の一つだろう。ジャーナリストやメディアのレビューはリアリティに近づいたことをポジティブに捉えた内容が多く、VOGUEに所属するスージー・メンケス(Suzy Menkes)は「強烈にパーソナルなショー」と解いた。

 常に新しさが求められ、それが繰り返されるファッションの世界。ハサミを入れるというシンプルでいて大胆な服作りが、新しさを自ら切り開いてきたコム デ ギャルソンの反骨精神とも重なった。

■パリファッションウィーク特集:特設サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング