Fashionまとめ

グッチ、ロエベ、マックイーン...コロナによるロックダウン期間中、ブランドはインスタに何を投稿してる?

 

 ブランドとユーザーをダイレクトにつなぐSNS、特にインスタグラムで何を発信するか?多くのファッションブランドがインスタ運用に力を入れていますが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大する今、それぞれがいつもと違った形で発信と連帯の場として活用し始めています。

 WHOにアカウントを提供しウイルスに関する正しい情報をユーザーに届ける「グッチ(GUCCI)」、ストーリーズで音楽ライブを行う「シャネル(CHANEL)」、生花など家でできるアクティビティのワークショップを配信する「ロエベ(LOEWE)」、そしてファッションならではの「〇〇チャレンジ」など、異例の状況下における各ブランドの動きをまとめました。

グッチ - WHOの情報を発信

 「グッチ(GUCCI)」は、ブランドに関する情報からは全く離れたコンテンツへと切り替える大胆な決断。ブランドの公式アカウントを世界保健機関(WHO)に提供し、社会の健康、安全、安心を守るための情報の拡散に協力しています。SNS上でフェイク情報の拡散が問題となっている中、WHOと協力することでウイルスから自分を守る方法など正しい情報をユーザーに届けています。

 

ロエベ - 誰でも参加できるオンラインワークショップ

 「ロエベ(LOEWE)」は、イベントやワークショップをインスタグラムアカウントで展開する巣ごもりプロジェクト「LOEWE EN CASA」をスタート。青山の花店「タンブラー&フラワーズ(Tumbler & FLOWERS)」の渡来徹によるいけばなパフォーマンス、テキスタイルデザイナーのイドイア・クエスタ(Idoia Cuesta)によるスタジオツアー&ウィービングワークショップなどが行われました。

 

シャネル - 音楽アーティストのライブを配信

 「シャネル(CHANEL)」は、家で過ごす人々に向けて、ベルギー出身のシンガー アンジェル(Angèle)によるライブパフォーマンスをインスタグラム ストーリーズで配信。パリ時間で4月3日13時(日本時間同日20時)から配信されました。

 

ヴァレンティノ - 愛の詩を投稿

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は、愛にまつわる詩を連日投稿。「We're all looking at the same moon.」「Red like the moon when you told me you loved me.」などロマンティックな言葉が綴られています。これらは昨年3月にパリで行われた2019-20年秋冬コレクションのショー会場で配られた冊子「Valentino On LOVE」に収録されていたポエムのようです。

 

マイケル・コース - 料理や運動...デザイナーの家での過ごし方

 「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」は、デザイナーのマイケルが家の中で過ごす動画を複数投稿。サラダを作る様子から、ペットと戯れる様子、ミートボールスパゲッティを食べる様子まで、貴重な(?)マイケルの素の姿が披露されています。

 

アレキサンダーワン - "おこもり"キャプションに注目

 「アレキサンダーワン(alexanderwang)」は一見すると通常通りの投稿に見えますが、"外出自粛"モードになっているキャプションに注目。新作のシューズやバッグを身につけた写真には「リビングに向かう途中」、レギンスにジャケットをスタイリングした写真には「Zoomの会議室へ」といった、ちょっとユーモラスなコメントが添えられています。

 

アレキサンダー・マックイーン - ローズドレスのスケッチチャレンジ

 「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)」は、家で楽しめるクリエイティブなプロジェクト「McQueen Creators」を始動。第一弾として、2019年秋冬コレクションに登場したローズドレスのスケッチチャレンジをフォロワーに呼びかけています。出来上がったスケッチの写真を@AlexanderMcQueen と #McQueenCreators を付けて投稿すると、ブランドの公式アカウントで紹介されるかも?毎週新たなテーマが発表されるようです。

 

ルイ・ヴィトン - "旅"の写真

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、メゾンのインスピレーション源でもある「旅」にフォーカス。Jean LarivièreやSteve McCurryによって世界各地で撮影された「Spirit of Travel」キャンペーンのアーカイブ写真を投稿。気軽に外出することが叶わない今だからこそ、美しい写真を通じてヴァーチャルトリップ。旅の素晴らしさを発信しています。

 

ステラ マッカートニー - 階段チャレンジ

 「絶対に真似はしないで!」と前置きをしながらも、家時間の楽しみ方の一つとしてステラが階段をジェットコースターのように滑る動画を投稿した「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」。「安全な方向性で、どのように階段を使ってる?」とフォロワーに呼びかけ、階段に寝そべる女優のドリュー・バリモア(Drew Barrymore)や、階段で朗読するパティ・スミス(Patti Smith)の動画などを公開しています。

 

ヴェルサーチェ - 大胆な構図のホームウェア

 「ヴェルサーチェ(VERSACE)」は、リチャード・アヴェドン(Richard Avedon)によって撮影されたホームキャンペーンのアーカイブ写真を投稿。ランプやお皿、クッションなどの家具が、ヴェルサーチェらしいダイナミックな写真に表現されています。家にある家具を使って再現したくなるかも?

 

JW アンダーソン - Q&A企画を開始

 「JW アンダーソン(JW ANDERSON)」は、ファンからの質問に答える動画企画「JW(Q&)A」を始動。フォトグラファーのタイラー・ミッチェル(Tyler Mitchell)や、ファッションジャーナリストのティム・ブランクス(Tim Blanks)など、ブランドと親交のあるゲストがファンの質問に答えます。現在インスタや公式サイトで質問を募集中で、数日後に「IGTV」で動画を公開予定とのこと。

 

コペルニ - マスクの作り方を共有

 セバスチャン・メイヤー(Sebastien Meyer)とアルノー・ヴァイヤン(Arnaud Vaillant)が手掛ける「コペルニ(COPERNI)」は、マスクのパターン(型紙)の縮小版と作り方を公開。世界的にマスクが不足する中、自作するという選択肢を提供しました。

 続いてスタートしたのは、ブランドのアイコンバッグ「スワイプバッグ(Swipe Bag)」にちなんだ"スワイプバッグチャレンジ"。参加方法は、インスタグラムストーリーズのお絵かき機能のみを使用してスワイプバッグを描き、ブランドアカウント「@coperni」を付けて投稿するだけ。パリ時間の4月6日夜までに投稿された全作品の中から、ブランドが選ぶ最優秀作品を描いた人には実際のバッグが贈られます。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング