ディオール 2022年フォールコレクション
ディオール 2022年フォールコレクション
Image by: DIOR

Fashion注目コレクション

ディオールが韓国で初のショー ソウルの名門女子大学と提携し学生支援も

 「ディオール(DIOR)」が、韓国で初のファッションショーとなる2022年フォールコレクションのショーをソウルで開催した。昨年12月にヴィジュアルのみで発表していたコレクションにドレスを追加し、スケートパークを模したランウェイで披露。またディオールは、会場となった梨花女子大学校との提携を発表した。

ディオール 2022年フォールコレクション Image by DIOR
ディオール 2022年フォールコレクション
Image by: DIOR
— ADの後に記事が続きます —

紋章のモチーフが女性同士の連帯のシンボルに

 ディオールによる今回のイベントは、ソウルの創造性にスポットライトを当てるために立ち上がったという。梨花女子大学校の敷地内にランウェイを設置し、ショーのオープニングとして10人の女性スケートボーダーが登場。特製のユニフォームで軽やかな滑りを見せた。

 2022年フォールコレクションで表現されたのは、ディオールの歴史と現代の世界との対話。キーポイントである紋章は、ディオールファミリーがビジネスとして手掛けていたというジュートバッグに描かれていた象徴的なモチーフ。女性同士の連帯のシンボルとして「L'Union Fait la Force (=一体となることは力となる)」のモットーが刻まれ、コレクションの主要なインスピレーションであるユニフォームの要素と融合した。

 ワークウェアやスポーツウェアといったアクティブなスタイルからエレガントなボリュームのドレスまで多様なスタイルに、足元はタフなブーツやスニーカー。関わり合い、交流、共有といったコンセプトが力強く表現された。

 なお、ショーにはディオールのファッション&ビューティのグローバルアンバサダーを務めるBLACKPINKのジス(Jisoo)のほか、ペ・スジ(Bae Suzy)、Red Velvetのイェリ(Yeri)、キム・ヨナ(Kim Yuna)など多くのゲストが訪れた。

ディオールと梨花女子大学校が提携

 ソウルの名門女子大学である梨花女子大学校との提携は、未来のリーダーを育成し、女性のエンパワーメントやコミュニティにおける男女平等を推進することで、持続可能な社会を目指す取り組み。奨学金、WOMEN@DIORインターンシッププログラム、リテールマネージメントトレーニングプログラム、ディオールのリーダーたちによる特別クラスなどを通じて、包括的なCSRプログラムを提供。次世代を担う学生たちが、豊かな想像力で意欲的に夢を描けるよう支援するという。

DIOR 2022年フォール

全ルックを見る
DIOR 2022年フォールコレクション

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング