Fashion インタビュー・対談

【インタビュー】クラウドファンディングに成功した異色のモデル 池田エライザとは

■クラウドファンディングでモデルブックを出版

―クラウドファンディングで「@elaiza_ikd」を2014年に出版。経緯について教えてください。

 キャンキャンのとあるライターさんが私のツイッターを見て「自撮りとか面白いから企画にしてみようよ」って言ってくれたのがきっかけです。初めはキャンキャンでエライザの企画を8ページくらい組んでいただきました。自撮り術や私生活に密着するのはキャンキャンではあまりない企画なんですけど、ファンの方からの反響が良かったんです。趣味でやってたセルフプロデュースが仕事につながったのはその企画からで、編集長が「クラウドファンディングをしよう」と社長に声をかけてくれました。

ikeda-elaiza-intervi ew-20141219_043.jpg

クラウドファンディングで出版した「@elaiza_ikd」表紙

―クラウドファンディングには興味はありましたか?

 知り合いがクラウドファンディングでサロンを開業していたので、もともと興味がありました。当時はテレビにも出ていなかったので、出版社からお金を頂いて正式なカタチで出しても売れないだろうなと思っていましたし。あと、どうしてもファン参加型にしたくて、リアルな意見を聞きながらものづくりをするっていうのが私のやり方に合ってると思いました。最初は売れるかどうか本当に不安しかなかったんですけど、現役高校生が編集長をやることやクラウドファンディングに成功したことで話題になって、その結果、売れ行きも好調になりました。

―売り上げはどれくらいですか?

 ほとんどの書店で売り切れちゃったくらいです。今だと、Amazonなら早く買えるのでそこで買ってくださいって言っています(笑)。

―出版してみて変化はありましたか?

 約5ヶ月間、人生で初めて編集長というのをやってみたのですが、難しかったです。編集長としてどうしたら結果が出せるんだろうって悩みましたね。製作チームとぶつかり合ったこともありましたけど、そのおかげで自信がつきました。

ikeda-elaiza-interview-20141219_015.jpg

―モデルブックのテーマは「18歳」。

 大人でもなく子どもでもない曖昧な年齢の18歳ですが、そこが魅力なんだって最近気付きました。化粧に失敗しても、変な顔しても、可愛い顔しても、それは18歳を楽しんでることが魅力だって思ってからは、気持ちが楽になりましたね。その自問自答の期間も今の強みになってると思うし、こういった中身の変化が今の仕事の変化にも繋がっていると思ってます。

―仕事の面でもプロデュースのお仕事が増えましたか?

 大変だけど充実しています。今まではただ働いてるだけだったけど、モデルブックの出版を経験して心のこもった仕事ができるようになった気がしています。何より事務所のサポートが手厚いですし、私への扱いも「自由にする」ことを理解してくれているので、信頼関係があってこその環境だと思っています。

プロデュース業の目標はありますか?

 セレクトショップを出したいとか漠然とした目標はもちろんありますが、それは今ではなくてその時のタイミングが絶対あると思ってます。具体的なゴールはありません。死ぬまで途中なんじゃないかな。

次のページは>>2015年、池田エライザが見つめる先

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング