Fashion ギークへの道

ファッションギークへの道 白T編 -VALENTINO-

 モノ選びの達人を目指し、ファッションの定番をリサーチする新連載「ファッションギークへの道」。第1弾のテーマは、夏の定番アイテム「白の無地Tシャツ」。シルエットや着心地、透け感など、メンズのSサイズを基準に様々なブランドの定番白Tシャツをレビューします。Vol.23は「ヴァレンティノ(VALENTINO)」。

 

val-20160801_002.jpg
TSHIRT-RESIZE-20160609_004.jpg

 ヴァレンティノのダブルアイコニックスタッドTシャツは、二重のコットン生地で仕上げたブランドの定番アイテム。バックの襟元にはブランドの象徴でもあるメタル製のスタッズが付けられているのがポイントで、シーズン毎に新色が展開されています。「プラダ」と同様、ブランドが一目でわかるワンポイント付きですが、なかなかストリートでは見かけないのは税込79,920円だから。今回選んだTシャツの中では最高額です。

valentino-d.jpg
T-SUKE-20160628_006.jpg

一般的なTシャツは袖や裾にステッチが見られますが、二重で仕上げているため、袖や裾の縫い目がありません。また、シルケット加工(撚糸し、表面にシルクのような光沢やしなやかさを出す加工)を施しているため、生地にツヤがあり上品な印象。ベースはボックスシルエットですが、フロントよりもバックの着丈が長いため、身体を包み込むような丸みが出て"優雅な"シルエットになっています。重さが280gと今回選んだTシャツの中で一番重いですが、そのため全く透けることはないのでチク透けレベルは「1」

*チク透けレベル とは?
男性にとってTシャツ選びの重要ポイントでもある"乳首透け"を3段階で評価した独自指標
1 - 全く透けない / 2 - やや透ける / 3 - 結構透ける

valentino.gifrTシャツサイズ.jpgTシャツサイズ首.jpg

VALENTINO-SIZE.jpg

whitetshirt_price_valentino-R.jpg
whitetshirt_map_valentinor.jpg

afterwashing.jpg

val-washed.jpgval-20160801_004.jpgval-rR-20160801_001.jpg
洗濯後は裾部分が少しヨレる程度で、シルエットはほとんど変わりません。もちろんスタッズもアンティークゴールドのまま。一度購入してしまえば、ヴァレンティノならではの上質な素材感やシルエットを長く楽しめそうです。

■ファッションギークへの道 白T編
vol.1 Hanes Red Tag
vol.2 FRUIT OF THE LOOM
vol.3 UNIQLO
vol.4 RED KAP
vol.5 PRADA
vol.6 anvil
vol.7 無印良品
vol.8 Hanes Blue Tag
vol.9 SUNSPEL
vol.10 Champion
vol.11 Supreme × Hanes
vol.12 FilMelange
vol.13 Healthknit
vol.14 JIL SANDER
vol.15 Hanes BEEFY
vol.16 ANATOMICA
vol.17 GILDAN
vol.18 COMME des GARÇONS SHIRT
vol.19 ACNE STUDIOS
vol.20 HEAVY WEIGHT COLLECTIONS
vol.21 United Athle
vol.22 Hanes Gold Tag
vol.23 VALENTINO
vol.24 Carhartt
vol.25 COTTON STAFF
vol.26 visvim
vol.27 Hanes T-SHIRTS Japan Fit
vol.28 CROSS STITCH
vol.29 Printstar
vol.30 ONEITA

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング