ADVERTISING

"フェスキャンプ"の必須アイテム 設営しやすい自立型テントを紹介

ソロで使えるフェステント

IMAGE by: Naturehike

ソロで使えるフェステント

IMAGE by: Naturehike

"フェスキャンプ"の必須アイテム 設営しやすい自立型テントを紹介

ソロで使えるフェステント

IMAGE by: Naturehike

 近年、お笑い芸人ヒロシさんのYouTubeチャンネルや、アウトドアを楽しむ女子高生の日常を描いたアニメ「ゆるキャン△」の影響もあり、大きなブームとなっているソロキャンプ。アルペンワークマン、「アンドワンダー(and wander)」などのアウトドアブランドや企業もテントをはじめとするキャンプギアの展開を拡大しており、コンテンツとしての存在感を強めています。また、キャンプ用品は大自然の中で使用するだけでなく、野外フェスでも必須のアイテム。この記事では、1人でフェスキャンプを楽しむ際におすすめな自立型テントの選び方や使い方を解説。おすすめのアイテムをスペックと合わせて紹介します。

ADVERTISING

フェス参戦に最適なテントの選び方

設営のしやすさ

 フェス当日はかなりの混雑が予想される上に、フェス会場のキャンプ区画はスペースに限りがあります。そのため、1人でも簡単に素早く設営できる自立式テントを選ぶのがおすすめです。

サイズ感

 先述したようにフェス会場のキャンプ区画は混雑によりスペースが限られる場合があるので、大きすぎないサイズ感が理想。とはいえ、小さすぎると荷物が置けなかったり窮屈になってしまうので、自分の中でベストなサイズを見つけましょう。ソロでフェスに参加する場合は1人用か、大きくても2人用テントの中から選ぶのがベターです。

耐水性

 野外フェスは山間部で開催されることが多いので、突然の雨に見舞われることもしばしば。テント内部に浸水してきて荷物が濡れたり風邪を引いてしまうことがないよう、一般的に最低限の耐水圧と言われる1500mmのスペックは確保しておくのがおすすめです。

自立型テントのメリット・デメリット

 自立型テントは、アウトドアメーカーでもエントリーモデルとして位置付けられることが多く、リーズナブルな価格設定のものが多いです。また、構造が分かりやすいので、初心者でも組み立てやすいことがメリットとして挙げられます。逆にデメリットは、しっかりとしたポールがある分、非自立式テントに比べて重くなりがちなこと。持ち運ぶことも考えると、重量は5キロ以内のものを選んだほうが良さそうです。

 一般的に風にも強いと言われている自立式テントですが、悪天候が予想される場合は鋳物タイプの重りを別途購入しテントの四隅に取り付けることで、飛ばされる危険性を更に減らすことができます。

フェスキャンプにおすすめのテント8選

mont-bell クロノスドーム1

ソロで使えるmont-bellのフェステント
ソロで使えるmont-bellのフェステント

Image by mont-bell

 「モンベル(mont-bell)」の「クロノスドーム1」は、ポールを直角に交差させる独自のバーティカル・クロス・システム(特許取得済)を採用することで広い居住空間を実現。ショックコードでポールとソケットが一体となっているので素早い設営・撤収が可能です。総重量2.2キログラムと軽量で、通気性に優れているのでフェスでもストレスなく使用できます。オレンジ、ブルー、グリーンの3色を展開しており、価格は税込2万5080円です。

本体サイズ:横220 × 縦100 × 高さ105センチメートル
重量:2.2キログラム
フライシート:耐水圧1500ミリメートル ウレタンコーティング
底面:耐水圧2000ミリメートル ウレタンコーティング
価格:2万5080円
公式サイト

mont-bell ムーンライトテント1

ソロで使えるmont-bellのフェステント
ソロで使えるmont-bellのフェステント

Image by mont-bell

 次に紹介するのは、「月明かりの中でも簡単に設営ができる」というコンセプトで展開するモンベルのロングセラーモデル「ムーンライトテント」。重量1.7キログラムと、従来モデルに比べ大幅な軽量化と広々とした居住空間を実現したことで活用の幅が広がりました。フライシートをジッパーで開閉できるので、室内の温度を調節できます。落ち着いた色味のタンと視認性が高いグリーンの2色展開で、価格は税込3万580円です。

本体サイズ:横210 × 縦100 × 高さ105センチメートル
重量:1.7キログラム
フライシート:耐水圧1500ミリメートル ウレタンコーティング
底面:耐水圧2000ミリメートル ウレタンコーティング
価格:税込3万580円
公式サイト

LOGOS Tradcanvas Q-TOP 

ソロで使えるLOGOSのフェステント
ソロで使えるLOGOSのフェステント
ソロで使えるLOGOSのフェステント
ソロで使えるLOGOSのフェステント
ソロで使えるLOGOSのフェステント

Image by LOGOS

 こちらは、「水辺5メートルから標高800メートルまで」をコンセプトに事業を展開するアウトドアブランド「ロゴス(LOGOS)」のワンタッチドームテント。フレームと生地が一体化しているので約3分で設営が完了します。流線型のフォルムに設計したことで風を受け流すことができ、優れた耐風性を実現。また、全面に雨の浸入や風の吹き込みを防ぐマッドスカートを装備しているのでフェス当日急に雨が降ってきても安心です。価格は税込2万7000円。

本体サイズ:横230 × 縦160 × 高さ90センチメートル
重量:3.5キログラム
フライシート:耐水圧2000ミリメートル
底面:耐水圧3000ミリメートル
価格:税込2万7000円
公式サイト

LOGOS Tradcanvas ツーリングドゥーブル

ソロで使えるLOGOSのフェステント
ソロで使えるLOGOSのフェステント
ソロで使えるLOGOSのフェステント
ソロで使えるLOGOSのフェステント
ソロで使えるLOGOSのフェステント

Image by LOGOS

 同じくロゴスの「Tradcanvas ツーリングドゥーブル」は、コンパクトながらテント前面を張り出すように設計し、大型の前室を実現。居住スペースの拡張のほか、バイクや自転車の駐輪スペースとして使うことも可能です。空気が循環しやすい特殊設計なので、夏場やじめじめした雨の日も快適に過ごせるのも嬉しいです。こちらも雨や泥を防ぐマッドスカートを備えており、価格は税込3万6000円。

本体サイズ:横230 × 縦160 × 高さ90センチメートル
重量:3.5キログラム
フライシート:耐水圧2000ミリメートル
底面:耐水圧3000ミリメートル
価格:税込3万6000円
公式サイト

Naturehike VIK ウルトラライト シングルテント

ソロで使えるソロで使えるNaturehikeのフェステントのフェステント
ソロで使えるソロで使えるNaturehikeのフェステントのフェステント
ソロで使えるソロで使えるNaturehikeのフェステントのフェステント
ソロで使えるソロで使えるNaturehikeのフェステントのフェステント

Image by Naturehike

 「ネイチャーハイク(Naturehike)」の「VIK ウルトラライト シングルテント」は、総重量1.1キログラムという軽量さが最大の特徴。フロア面積は小さいものの、前室部分をトレッキングポールなどで持ち上げることでリビングスペースを拡張することが可能です。耐水圧はフライシートで2000ミリメートル、フロアシートで4000ミリメートルと十分な性能を確保。身軽さを追求する人におすすめのモデルです。価格は税込1万9800円。

本体サイズ:横210 × 縦95 × 高さ95センチメートル
重量:1.1キログラム
フライシート:耐水圧2000ミリメートル
底面:耐水圧4000ミリメートル
価格:税込1万9800円
公式サイト

Naturehike Cloud Up 2 ウルトラライトテント 20D

ソロで使えるソロで使えるNaturehikeのフェステントのフェステント
ソロで使えるソロで使えるNaturehikeのフェステントのフェステント
ソロで使えるソロで使えるNaturehikeのフェステントのフェステント
ソロで使えるソロで使えるNaturehikeのフェステントのフェステント

コヨーテ

Image by Naturehike

 ネイチャーハイクの「Cloud Up 2 ウルトラライトテント 20D」は、持ち運びやすさと居住性を両立したブランドのベストセラーアイテム。バックパッキングからフェスまで、あらゆるアクティビティに対応します。2人用モデルですが、ソロで使用する人も多いのだとか。広さがある分「VIK ウルトラライト シングルテント」に比べやや重さがありますが、耐水性はこちらのモデルの方が高いです。既存カラーのライトグレー(税込1万7800円)と日本限定カラーのコヨーテ(税込1万9800円)の2色展開です。

本体サイズ:横210 × 縦125× 高さ100センチメートル
重量:1.7キログラム
フライシート:耐水圧4000ミリメートル
底面:耐水圧4000ミリメートル
価格
ライトグレー:税込1万7800円
コヨーテ(日本限定カラー):税込1万9800円
公式サイト

POLER 1 PERSON TENT - FURRY CAMO

ソロで使えるPOLERのフェステント
ソロで使えるPOLERのフェステント
ソロで使えるPOLERのフェステント
ソロで使えるPOLERのフェステント
ソロで使えるPOLERのフェステント

Image by POLER

 最後に紹介するのは、ポートランド発のアウトドアブランド「ポーラー(POLER)」の1人用テント。ポールを伸ばしてメッシュテントをかけ、その上からカバーテントを被せるだけで設置が可能です。カモフラージュ柄にオレンジのブランドロゴを重ねたデザインで、デザインの効いたテントを探している人にもおすすめです。底面は3000ミリメートル防水で、突然の雨にも安心です。価格は税込3万5200円。

本体サイズ:横216 × 縦102 × 高さ81センチメートル
重量:2.2キログラム
フライ素材:耐水圧2000ミリメートル
底面素材:耐水圧3000ミリメートル
価格:税込3万5200円
公式サイト

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

店舗管理職

Salomon

店舗管理職

年収

450万 〜

詳細を見る

ジャーナル

【寄稿】ブランド企業はもう製品やサービスだけでは候補者を獲得することはできない

【寄稿】ブランド企業はもう製品やサービスだけでは候補者を獲得することはできない

記事を読む

求人

販売スタッフ

Salomon

販売スタッフ

年収

300万 〜

詳細を見る

ジャーナル

大阪から福岡へ移住した販売員が語る!福岡での生活・仕事・職場環境のリアル

大阪から福岡へ移住した販売員が語る!福岡での生活・仕事・職場環境のリアル

記事を読む

ジャーナル

【4/19(金)から】LVMHジャパンが「東京レインボープライド 2024」にブースを出展&レ...

【4/19(金)から】LVMHジャパンが「東京レインボープライド 2024」にブースを出展&レ...

記事を読む

ジャーナル

「Öffen(オッフェン)」と「Ameri VINTAGE(アメリヴィンテージ)」、アップサイ...

「Öffen(オッフェン)」と「Ameri VINTAGE(アメリヴィンテージ)」、アップサイ...

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

ZEPPELIN ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

詳細を見る

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

コラボ

俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

TuiKauri 俳優上野樹里が手掛ける人にも地球にもやさしいものづくりプロジェクトブランド「T...

詳細を見る

コラボ

多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

Ohal 多方面で活躍中のデザイナー安藤大春とのコラボレーション

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

IMAGE by: Naturehike

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント