Image by: FASHIONSNAP

Fashion

フライターグで世界に一つだけのオリジナルバッグを作ってみよう

 「フライターグ(FREITAG)」から、リモートでオリジナルバッグを製作できるサービス「MAKE YOUR OWN F719 MEL AT THE SWEAT-YOURSELF」が登場。フライターグ ストア 京都とビデオ電話を繋いで、新作バッグ「F719 MEL」とキーホルダー「F709 PHIL」を作ることができます。このサービス、元々はスイスとタイのみで行われていた人気ワークショップ。もちろん、セッション中は音声のみで自分の顔は出さなくてもOKです!FASHIONSNAPでは早速ワークショップに参加し、世界に一つだけのオリジナルバッグを作ってきたので動画を交えてレポートします。

※フライターグ京都店でのみ対人ワークショップも実施

フライターグとは
 1993年にスイスで創業したメッセンジャーバッグブランド。海外で使用されているカラフルなトラックの幌(タープ)を再利用し1つ1つ手作りされていることが特徴です。世界に一つだけのオリジナル性とトラックタープだからこその丈夫さで長年ファンから愛され続けています。

※スマートフォンの低電力モードをオフにして閲覧ください

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

■MAKE YOUR OWN F719 MEL AT THE SWEAT-YOURSELF
場所:フライターグ ストア 京都
住所:京都府京都市中京区井筒屋町400−1
所要時間:40分〜1時間
予約方法:公式サイトより
料金:2万7280円(税込)※リモートでの製作の場合は別途送料
※素材がなくなり次第終了

👇今回使う材料はこちら👇

①ボディ:ポケット用に丸くくり抜かれています。
②丸くくり抜かれたボディの端材:カードケースに変身予定!
③ストラップ:お気に入りの色をチョイス。
④ポケット用タープ:ポケットとしてボディの丸いくり抜き部分に縫い込まれる予定。
⑤ポケット用タープの端材:キーホルダーに変身予定!
⑥ポケット用の定規:定規中央に開いている丸い穴から、どのようにタープを覗かせるか考えてみて。
⑦キーホルダー用の裁断機:ポケット用タープの端材を小さい円形にカット。
⑧キーホルダー用のボディ:小さくカットしたタープ端材を挟み込みます。
⑨多種多様のポケット用タープ:約40種類の柄の中から自分好みのタープを探して。

FASHIONSNAP(以下、F):はじめまして、よろしくお願いします!

フライターグ ストア 京都(以下フライターグ):よろしくお願いします!こんな感じの工房からお送りいたします!

フライターグ:早速ですが、まずはボディを選んでもらいたいです。

F:画面で見る限り、結構種類がありますね!何種類くらい用意があるんですか?

フライターグ:種類は、フライターグの既存モデル「F262 Julian」をベースにした1型のみです。ただタープの個体差にかなりばらつきがあるので、グレーをベースにしたカラーが常時12色ほど用意されているイメージを持っていただけると。

F:このワークショップは、スイスとタイでも行われているんですよね?

フライターグ:その通りです!ボディの色が国によって決まっていて、スイスはホワイトベース、タイはブルーベースとなっています。ちなみに、日本からでもスイスやタイのワークショップに参加することができますよ!日本語対応なし

F:なるほど!どれにするか迷っちゃいますね。

フライターグ:グレーというカラーパレットは決まっているものの、印象や雰囲気はそれぞれ全く異なるかと。メタリックっぽいものも、逆にマットなグレーもありますよ。

F:メタリックかわいいですね。でも、あまり光沢感がないものの方が好みかも……。

フライターグ:これとかどうですか?トラックタープらしい使い込まれた傷や、シワがあります。

F:メタリックすぎないマットな光沢で、色味も好きです!シワや傷も育て甲斐がありそう……。ボディはそれにします!

フライターグ:では次はポケットの部分を選んでいきましょう。

F:すごいカラーバリエーションですね。

フライターグ:こっちは約40種の中から選んでいただけます。タープが1つ使用される度に追加補充されるので、毎回違うラインナップになっているかと思います。

F:ハジから順番に見せてもらうことってできますか?

フライターグ:もちろんです!

F:せっかくカラフルな海外のタープから選ぶことができるので、ボディの円形ポケット部分から覗く色の種類が多いのものが希望です。

フライターグ:なるほど。このタープはライトグリーン、ダークグリーン、ブルー、ホワイトブルー、ホワイトの5色をポケット穴から覗かせることができそうです。

F:か、カワイイです!

フライターグ:さっき選んだ、メタリックグレーのボディとも相性バッチリだと思います。

F:それにします!

フライターグ:承知しました!では、ポケットになる円形の部分から5色が楽しめるようにカットしていきますね。

F:このワークショップ、フライターグ ストア 京都に来店して参加することもできるんですよね。

フライターグ:その通りです。来店していただいた場合は、切り取り作業などミシンを使う工程以外は全てお客様自身で行っていただきます。

フライターグ:ポケット用に切り取った後に残る端材は、キーホルダーにしていきます。※別途製作費2000円

キーホルダー枠用のタープも選ぶことが可能

フライターグ:あ、大事なことを忘れていました。ボディのポケット穴をくり抜く時に、どうしてもこの丸い端材が出てしまうんですよ。これは、カードケースにしていきたいと思います。

F:折るだけで、ミシンも使わないんですね!

F:カードケースではなく、ミニウォレットとしても使えそうなサイズ感です。

フライターグ:たしかに!こちらは皆さんにバッグと一緒にお渡ししています。後はバッグに付属するストラップを選んでいただいて完成です!

この後、悩んだ末にお気に入りのストラップを選んだFASHIONSNAP 編集部員。
セッション終了後の3日以内に配送してくれるとのことで楽しみにしていると……。

〜2日後〜

PCもすっぽり入る大容量トートバッグが編集部に届きました!

自転車通勤者にも嬉しいショルダーバッグ機能付き。
今週末は、あなたの毎日を一緒に過ごすオリジナルDIYバッグを作ってみては?

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング