Fashion#FS衣装情報

【#FS衣装情報】気になるあの人は何着てる?2020年11月編:SEKAI NO OWARIのグッチ、NiziUのドルガバ、寛一郎のヨウジヤマモト オムなど

 セレブ、タレント、アーティスト、スポーツ選手など著名人が、日本のテレビ番組やイベントなどで着用した気になる衣装のブランドや情報をまとめました。

先月の衣装は?>>西野七瀬のオーラリー、吉高由里子のロキト、竜星涼のワイスリーなど

— ADの後に記事が続きます —

SEKAI NO OWARI<グッチ>

  12月16日のリリースに先駆けて発表された、SEKAI NO OWARIの新曲「silent」のMVでは、メンバーが「グッチ(GUCCI)」の2020-21年秋冬コレクションとヴィンテージのアイテムをミックスしたスタイリングを披露しています。

 ボーカルのFukaseさんは、ボルドーブラウンのニットを着用。虫に食われたかのようなホールやほつれたヘムなど、ひねりを効かせたアイテムをセレクトしました。また、花柄のストールやトレンド急上昇のメンズパールを合わせて華やかさを加えています。

関連記事
ウィメンズだけじゃない、モードなファッションに取り入れたいメンズパール12選

 ギターのNakajinさんは、アーガイルパターンのニットカーディガンを着用。アーストーンでまとめたカラーリングに加え、大きめのパターンもレトロな雰囲気を醸し出しています。

  キーボードのSaoriさんは、ランウェイのルックを再現したコーディネートを披露。英国の「リバティ(LIBERTY)」社が保有する膨大なファブリックアーカイブからセレクトされたプリントを使用したワンピースは、マキシ丈とも相まってヴィンテージアイテムのような風合いです。「GG」ロゴをあしらった、ゆったりとしたシルエットのモヘアカーディガンをレイヤリングしています。レッド×グリーンのストライプが際立つシグネチャーデザインに大きく「FAKE」の文字が並ぶユニークなショルダーバッグもポイント。

関連記事
グッチ「FAKE NOT」ロゴをプリントしたスニーカー発売、1980年代のブート品がインスピレーション源

田中みな実<セルフ ポートレイト>

 日経トレンディが選ぶ「今年の顔」に選ばれた、フリーアナウンサーの田中みな実さん。11月3日開催の「2020年ヒット商品ベスト30」「2021年ヒット予測30」の先行発表会に登壇し、北村匠海さんらとともにトークを展開しました。

 当日に田中さんが着用していたのは、「セルフ ポートレイト(Self-Portrait)」の2020-21年秋冬コレクションのブラックドレスです。シックなベルベット素材に、きらめく無数のクリスタルが華やかさも添えています。首筋やデコルテを際立たせる、やや深めのスクエアネックも印象的ですね。

 田中さんが着用していたドレスと同じデザインのトップスです。ボトムスによってさまざまなコーディーネートが楽しめます。フェミニンな印象のパフショルダーのシルエットを、レザーパンツスタイルで辛口にまとめるのも◎。

 印象的なクリスタルディテールやパフショルダーはそのままに、ジャージー素材を用いたこちらのドレスは2021年リゾートコレクションからのアイテム。ギャザーシームやクリスタル装飾により、ウエストが強調されてセクシーな雰囲気を演出しています。パーティースタイルにぴったりのきらびやかな一着です。

milet<マラミュート>

 大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」への初出場も決定した、シンガーソングライターmiletさん。11月17日に 放送したNHK『うたコン 』「今夜はフォーク&70年代アイドル!」に出演した際の衣装は、「マラミュート(malamute)」のものでした。

長濱ねる<ハイク>

 元欅坂46の長濱ねるさんの「セブンルール」11月17日放送回の衣装は、「ハイク(HYKE)」2019年春夏コレクションのスカートでした。シアーな素材感のマキシ丈プリーツスカートで、長濱さんはガーリーな印象で着こなしています。その他のアイテムはファッショニスタにも人気のヴィンテージショップ「ルイク(LUIK)」からセレクト。

磯村勇斗<アズマ>

 11月13日放送のトーク番組「A-Studio+」のゲストとして登場した磯村勇斗さんは、「アズマ(Azuma.)」の2020-21年秋冬コレクションから、セットアップをチョイス。テーラードのシルエットと、トライバル風のディテールの組み合わせがユニークなアイテムです。

NiziU<ミュウミュウ、ルイ・ヴィトン、ドルチェ&ガッバーナ>

 12月2日に待望のデビューを果たした規格外の新人アイドルグループNiziU。「第71回NHK紅白歌合戦」出場決定時の記者会見では、AYAKAさんが「ミュウミュウ(MIU MIU)」、NINAさんが「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」、RIKUさんとRIOさんが「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」のアイテムを着用しているのをキャッチ!7人全員異なる衣装ですが、ホワイトとクリームのカラーリング、そしてフリルを多様したデザインは共通。これから世界へと羽ばたいていくNiziUのピュアな魅力を最大限に引き出していますよね。

 RIKUさんが着用していたのは「ドルチェ&ガッバーナ」のパフスリーブのブラウス。レースを多様したふんわりとしたシルエットを引き締めるタイウエストが特徴です。

 RIOさんも同じく「ドルチェ&ガッバーナ」からホワイトのアイテムをチョイス。全面に用いられた繊細なレースがドリーミーな一着です。

 NINAさんは「ルイ・ヴィトン」2020年プレフォールコレクションのヴィクトリアンスタイルのシルクドレスを着こなしています。大きな襟のようなショルダー部分をはじめ、たっぷりのレースがロマンチックです。モックネックや端正なプリーツ、ストレートシルエットも上品な雰囲気を醸し出しています。

ジェシー<マルニ>

 SixTONESのメンバーとして活躍するジェシーさんは、11月17日放送のTBS系バラエティ番組「この差って何ですか?」に出演。「マルニ(MARNI)」2020-21年秋冬メンズコレクションのニットカーディガンを着用していました。すとんとした太めワイド袖のボリューミーなシルエットがユニークな一着です。右はリブ、左はアランと編地が異なるだけではなく、素材感も左右異なりハイブリッドな表情が楽しめるアイテムです。凝ったディテールながら、ホワイト&ライトブルーのカラーリングが爽やか。

寛一郎<ヨウジヤマモト オム>

 11月11日、仲野太賀さん主演の映画『泣く子はいねぇが』の舞台挨拶が行われました。メインキャストのひとり、寛一郎さんは「ヨウジヤマモト オム(Yohji Yamamoto HOMME)」の2020-21年秋冬コレクションから、ジャケットを着用して登壇。世界で起きていることへの怒りや反抗表現した本コレクションらしく、ゆったりとしたブラックのジャケットにはワイルドなディテールが施されています。スプレーペイントのようなホワイトと、垂れ下がる刺しゅう糸の鮮烈なレッドのコントラストが映えるアイテムです。

中条あやみ<シャネル>

 11月13日公開の映画「水上のフライト」で主演を務めた中条あやみさん。T・ジョイ横浜の初回上映に合わせた舞台挨拶では、ブランドアンバサダーを務める「シャネル(CHANEL)」より、2020-21年クルーズコレクションのオールホワイトのコーデで登壇しました。タイベルトがアクセントになったツイードのサファリジャケットとフレアデニムを合わせ、70sライクな組み合わせをモダンに着こなしています。足元はブランドアイコンのカメリアをあしらったゴールドサンダルでゴージャスさをプラス。

のん<ミュウミュウ>

 11月5日、第33回東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」選出作品の映画『私をくいとめて』の舞台挨拶に登壇した主演ののんさんは、「ミュウミュウ(MIU MIU)」の2020-21年秋冬コレクションのワンピースを着用していました。胸元と袖口にパールがたっぷりと散りばめられており、シンプルなカッティングのアクセントになっています。

橋本愛<グッチ>

 のんさんと共に映画『私をくいとめて』の舞台挨拶に登壇した橋本愛さんは、「グッチ(GUCCI)」の2020-21年秋冬ウィメンズコレクションからマキシ丈のワンピースを着用。ゴシックなムードの一着は、どこかミステリアスな佇まいも感じさせる橋本さんにぴったり。取り外し可能なハーネスの、少しハードなエッジが目を引きます。フリル付きの大きなスクエアビブなど、ロマンチックなあしらいとの絶妙な甘辛バランスです。合わせてコーディネートした、同じく「グッチ」のリボン付きクロシェグローブも、可愛らしさを引き立てています。

次のページは>>「#FS衣装情報」バックナンバー一覧

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング