Fashion ふくびと

連載「ふくびと」mintdesigns デザイナー勝井北斗&八木奈央

ミントデザインズのデザイナー八木氏(=写真右)と勝井
ミントデザインズのデザイナー八木氏(=写真右)と勝井

 「mintdesigns(ミントデザインズ)」を手掛けるデザイナーデュオ勝井北斗氏と八木奈央氏が、2010年度「第28回毎日ファッション大賞」において見事大賞に輝いた。ブランド創立から9年。ファッションをプロダクトデザインとして捉える「ミントデザインズ」独自の創作活動は、ポップでありながら精巧なテキスタイルやフォルム、ファンタジックな世界観に現れ、唯一無二の存在感を放っている。

 そんな2人のルーツや独特なデザインプロセス、ブランドとして目指す姿やビジョンとは? 2011年春夏の新作コレクション発表を控えたアトリエにて、勝井氏と八木氏に「ミントデザインズ」の全てを語ってもらった。

 

八木奈央のルーツ

八木:デザインされているものやアートなど、漠然とそういったものが好きでした。その中でも洋服が一番自分の中で身近な存在だったんです。

 高校生の時、ただ「何か新しいものを見たい」という思いでイギリスへ留学。留学を終え、帰国して日本の大学に進学してからは、美術芸術学を専攻して将来的にはキュレーターや美術評論家になることを目標にしていました。でも、それらを仕事として捉えた時に、なんだかしっくりこなかったんです。「自分は作る側にいる方が自然だな」と感じるようになりました。

 2回目の留学では、イギリスのセントマーチンズ(ロンドンの名門校 セントラル・セントマーチンズ・カレッジ オブ アート アンド デザイン)へ。その時には、はっきりと「いずれ自分のブランドをやりたい」という意志がありました。ちょうどその当時、ファッション業界ではデザイナーのHussein Chalayan(フセイン・チャラヤン)やAlexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)が活躍し始めた頃でしたし、ロンドンの街ではモダンアートに勢いがつき始めていました。ファッションだけではなく、デザインそのものが魅力的で面白かった時代でしたね。

勝井北斗のルーツ

勝井:僕も元々は将来、アート関係やデザイン関係の仕事に進みたいと思っていて、美大に行くか悩んでいました。その時、たまたまイギリスのセントマーチンズの卒業コレクションを目にする機会があり、その時に刺激を受けたのを憶えています。しかし海外の美大でテキスタイルやファッションを学びたかったので、アメリカ・ニューヨークのパーソンズ大学(パーソンズスクールオブデザインニューヨーク)へ進学。専攻はウーマンズウェアでした。

 ちょうど90年代中頃はロンドンが面白い時期で、アメリカでもフィーチャーされていており、僕も気になり始めたので、その後、元々興味のあったセントマーチンズに編入することにしました。自分は自由なタイプなので、自由放任といった校風のセントマーチンズの方が合っていたんだと思います。

 イギリスでは見るもの全てが刺激的でした。八木と同じウーマンズウェア科で同学年だったのですが、僕は平面的にファッションを表現するテキスタイルにも興味がありました。プリントも面白かったので、ファッションプリント科にスイッチ。それぞれの科で使える設備が違ったので、僕と八木はそれぞれの教室を頻繁に行き来して作品を制作していましたよ。

八木:伸びるも伸びないも本人次第。セントマーチンズには手取り足取り教えるというシステムや縛りがない学校でしたね。「辛い」とか、「厳しい」とかは感じたことはなくて、放任主義な感じが自分に合っていてすごく楽しかったです。唯一「シビアだな」と感じたのは、日本みたいに就職活動のサポートとかも無いんです。卒業制作でショーを開くと、有名なデザイナーやジャーナリストも来るのですが、基本的には自分で当たっていくしかない。インターンもたくさん経験しました。

八木と勝井、はじめて共同で作った作品は

八木:セントマーチンズでは、卒業コレクションのスポンサーの為のコレクションを1学年下の学生が開くというのが恒例なんですが、私達の時のスポンサーはディズニーでした。その課題で一緒に制作したのが、たぶん初めてだったと思います。

勝井:他の学生はミッキーの耳がついていたりとか、割とわかりやすいディズニー作品を作っていたんですが、僕らはどちらかというと抽象的でした。シルエットで描く色面構成で表現したくて生地から作ったんです。加工に近いんですが、芯地に赤とか黄色などのガーゼを乗せて、それに熱をあててぐーっと伸ばしていくことによってモワレ模様ができるんですよ。それを洋服に仕立てたのが最初ですね。その頃からそういった色面構成に興味を持ちながらデザインをしていました。


 >> 次のページは、ミントデザインズの誕生と変わらないスピリット

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング