Fashion 連載

連載「ふくびと」WWD JAPAN編集長 山室一幸<後編>

WWD JAPAN
WWD JAPAN

 連載「ふくびと」WWD JAPAN編集長山室一幸氏 スペシャルインタビューの後編。前編では、雑誌「流行通信」に心動かされて出版社の門戸をたたいた山室氏がTV番組「ファッション通信」を立ち上げるまで、そして亡きイヴ・サンローランとの緊張と感動のエピソードなどを通じ、自身のルーツを辿ってもらった。そして後半、話は次第にジャーナリストの神髄へと迫っていく――――。

 

生涯ジャーナリストとして

 「ファッション通信」での20数年間は、Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)だけではなく、様々なデザイナーとの忘れられない思い出やエピソードが100も200もあります。 自分が泣くほど感動したことをどうやってリアルに伝えるか。これはジャーナリストとしての原点です。ファッションショーやデザイナーとの出会いに、自分が感動出来なくなったら、この仕事をする資格はないと思っています。

 世の中は景気が良くなれば悪くなる時もあり、戦争が起きたり、人が人を殺し合ったりと、地球上で様々な事が起こっています。9.11の直後には、ミラノでアルマーニから突然「日本から来られなかったジャーナリストのために衛星中継やりたい。なんとかならないか」と電話をもらい、急遽、そのためのアレンジを担当したこともありました。そんな時に、ファッションを伝える意味は何なのでしょうか。

なぜファッションを伝え続けるのか

 「そのジャーナリズムの震撼、嘘か誠か」。これは僕が「WWD JAPAN」に移った時、一番最初に書いた編集長コラムのタイトルです。ファッションは「暇ネタ」として扱われたり、新聞の1面にはなかなか出るものではない。様々な世界情勢の中で、華やかなファッションを伝えることに何の意味があるのかと、常に自問自答しながらやってきました。でも、そういう時こそ、本来ファッションが持つ夢や憧れを伝える意味があります。

 「ファッション通信」の頃は、最もリアルに伝えることの出来る「映像」を使って伝えていくことが使命なんだと思ってやってきました。今は現場のリアルを「WWD JAPAN」という、これまで以上にジャーナリズムを求められる媒体を通じて伝えています。よく勘違いされるのですが、決してジャーナリズムは何かを斜めに見て批判したり、茶化したりすることではない。確かに褒めるよりも、けなす方が人は興味を持つかもしれない。でもそれは全く違うことです。

 例えばファッションショーの批評。彼らは半年間、死にものぐるいで作ったものを、たった15分や20分の間で発表する。だからこそ僕らは、それに見合うだけの覚悟を持って言葉にしないとクリエイターに対して失礼。クリエイターの本質を見抜くこと、更に言えばどれだけのパースペクティブを持っているかが大切なんです。歴史軸で見たり、ミラノやパリという都市軸で見たりということも、もちろん必要。その時代や出来事、クリエイターの本質、全てに覚悟を持って向き合い、それを伝えるということは、言葉を生業(なりわい)にしている者の境地だと思っています。

時代の変化とともに失われつつある感覚

 ショーのライブ中継や、メディアの高速化は決して悪い事ではないのですが、かつては機密情報であったトレンド情報が民主化し、瞬時に情報が共有化される事については、ファッションに夢がなくなってきているんじゃないかと思う時があります。何が正しいかは常に自問自答していますが、メディアがこれだけ進化してきた中でこそ、本物か偽物かを見分けることが必要。「売れてりゃ勝ち」というような資本主義的な考えは「ファンタジーがないなぁ」と思ってしまいます。

 現代は情報の受け取り方が、以前と全く変わってきていますよね。接している情報が僕らの若い時の100倍以上あります。その情報を自分の中でどのように見分けていくかという能力も必要だと思います。

 もちろん、新しい人たちの中では真剣にクリエイションに向き合っている方もいます。でも、その受け手側の立場が、特に若者の考えが変わってきていますよね。憧れよりも先に、手の届き易いものに魅力を感じている。

 僕が学生のときには、雑誌でアルマーニの写真を見て「すごくかっこいい」と思ってからは、まずアルマーニの生地を使っている日本のブランドを着ることから始まりました。そしてミラノに行った時に、初めて本物のアルマーニのジャケットを手に取りました。本物に袖を通した時の、あの快感。 年月かけて叶った達成感や、その距離感が夢であり、憧れだったはずだと思うんです。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング