お買いモノウィメンズ

おしゃれに手元を暖かく、おすすめブランド手袋7選

 今年の冬は感染対策をしながらお出かけする方も多いのではないでしょうか。街のイルミネーションなど、外でのイベントも多いこの季節は防寒が必須です。手元もかじかむこの季節、手袋でおしゃれを楽しんでみてはいかが。今回はおしゃれに手元を暖めてくれる、おすすめのブランド手袋をご紹介します。

— ADの後に記事が続きます —

 ブランドの象徴でもある白ステッチが入った手袋は「メゾン・マルジェラ(Maison Margiela)」のもの。フィンガーレスミトンなので、手袋でスマホが操作できない問題も解決。あえてのカットアウトディテールが、上品すぎないモードな印象を与えます。ウール90%で、つけ心地も抜群。

 「クロエ(Chloé)」のもこもこミトンは、上品なルックにぴったり。表地の素材はシープスキンとレザー100%、裏地はカシミア100%と高級素材をふんだんに使っている手袋です。ボリューム感たっぷりで、手元にかわいらしい印象を与えます。装着時、手首部分にくる「クロエ」のロゴプレートがワンポイント。

 彩度低めでかわいらしくなりすぎない、絶妙なピンクカラーが特徴の「イヴ・サロモン(YVES SALOMON )」の手袋。指なし手袋ですが、フラップをかぶせることでミトンにアレンジが可能。指の防寒はばっちり、フラップを外せばスマホも問題なく操作できます。ウールフリースの総裏地なので、指先まで暖かく過ごせますよ。

 「リック・オウエンス(RICK OWENS)」の手袋は、ロゴを刻印したシルバートーンのグレーカシミアのニット素材。リブ編みの手首部分には、スナップボタンが配されています。人差し指と親指がオープニングになっており、機能性も高い点が嬉しいポイント。100%カシミアなので、手触りも◎。

 ボリュームたっぷり、ウール×カシミア混のニット総裏地で暖かさも抜群の手袋は「マルニ(MARNI)」のもの。手首部分は伸縮性があるため、風を通さずしっかり防寒します。そしてネイビーカラーがちょうど良いアクセントとして、コーデのちょい足しにぴったり。ボディは100%ラムスキン、全面にあしらわれたホワイトのロゴ刺繍もワンポイントです。

 この冬スキーに行く予定がある方におすすめしたいのが、「ゴールドバーグ(GOLDBERGH)」の「ニシ」スキーグローブ。撥水性のあるレザーに薄手のプリマロフトの中綿を詰めており、指部分にはスキーストックのグリップを高めるカーブと切り替えを施しています。スキーグローブですがそこまでボリューム感がないため、ストリートコーデに合わせるなど普段使いも可能です。

 意外とありそうで見かけない、関節手前までの丈になるロングシルエットが特徴の「ジル サンダー(JIL SANDER)」の手袋。ブランドらしいシンプルなスタイルを体現する美しいラインが、上品な手元を演出します。わずかに質感のあるしなやかなレザーを使用しているため、レザー特有のつけ心地の違和感を解消。手袋をつけてもモードやエレガントな印象を崩したくない場合に最適なデザインです。

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング