Fashion インタビュー・対談

【インタビュー】メンノンモデルに抜てき 元THE BOOM宮沢和史の長男「宮沢氷魚」とは

■父や母とは異なるモデル業を選択した理由

―モデルになろうと思ったのはいつ頃ですか?

 アメリカ留学中です。アメリカから履歴書を今の所属事務所(レプロエンタテインメント)に送りました。

―「芸能界は嫌だった」と語っていましたが、その考えが変わったきっかけは?

 中学3年か高校1年の時に見に行った父のライブです。それまでは興味なかったんですけど、沢山のファンやスタッフに愛されて、支えられながら人前でパフォーマンスをすることは素晴らしいことだなと、急にぐっときたんですよね。

―モデルのどんなところに魅力を感じていますか?

 モデルは普段の自分とは違う人物を演じるわけじゃないですか。自分の知らない自分を発見っていう素晴らしさっていうのはモデルでしか味わえないと思っています。

―父と同じ音楽の道を歩むという選択肢もあったのでは?

 音楽は小学5年生の時に吹奏楽部でトロンボーンをやっていました。その後はギターや沖縄の三味線にも挑戦したりしたんですけど、プロになるまでの情熱はなくて、違うこともやってみたいなと思ったんです。

―アメリカでモデルは目指さなかった理由は?

 やっぱり芸能の世界は日本の方がよく知っていましたし、親が活躍している姿を見てきたので、モデルをやるなら日本かなと思っていました。

―「メンズノンノ」専属モデルオーディションでグランプリ4名の一人に選出。オーディションでは具体的にどんなことを?

 書類選考後にテストシューティングをしました。緊張しましたが、それまで受けていたモデルオーディションとは違って楽しく撮影ができたので「もしかしたらいけるかもしれない」という手応えみたいなものはありました。

MIYAZAWA-09-10-15-20150910_012.jpg

―モデルデビューした現在の心境は?

 初めて受かったと聞いた時はすごく嬉しかったです。今までは雑誌に載っているモデルを見てカッコイイな、こういうファッションもいいなと思っていた側なので、いざ自分が出てみてもまだ実感が湧かない部分があります。モデルとしての経験がほとんどないのですが、ポージングやファッションを学ぶ現場としては本当に素晴らしいところなので、今後の活動に繋げていければなと思っています。

―生活も一変したのでは?

 学校の宿題だけでも大変だったんですけど、それにモデル業も加わるのでだいぶ忙しくなりましたね。でもとても充実しています。

―新人モデルは指導が厳しいと聞きました。

 同じ事務所の先輩から勉強させていただいたり、マネージャーさんからはアドバイスもらいながら練習したりしていますが、すごく厳しいというわけではなく、現場も明るいので楽しくやれています。

―ご両親からモデルデビューについて何かコメントはありましたか?

 親としてだけではなく芸能界で活躍してる先輩の一人として、いろいろアドバイスしてくれます。オーディションの前には「謙虚な気持ちを忘れずに堂々としなさい」とか。心構えや気持ち的な面で支えてくれています。

―氷魚さんにとって、ご両親の存在とは?

 親としてももちろんですが、25年以上にわたって芸能界で活動している面でも尊敬しています。僕もオーディションを受けてたくさん落ちてきたので、仕事に就けること自体がすごいことなんだと知りました。将来的には両親のように僕も長く活動したいです。

■モデルは第1ステップ?今後の展望

―理想のモデル像は?

 カッコイイだけのモデルではなく可愛らしいポージングも、色々な表情ができるモデルになりたいと思っています。

MIYAZAWA-09-10-15-20150910_005.jpg

―一緒に仕事をしてみたいブランドはありますか?

 やっぱり昔から好きな「ザラ」ですね。あとは昔、父が「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」の仕事をしていた時に撮影現場を見に行ったことがあったので、僕もぜひ一緒に仕事をしてみたいです。

―モデルは寿命が短いと聞きます。

 「メンズノンノ」の専属モデルは黒髪の人が多いので、クォーターの要素を強みにしていきたいですね。モデル以外でも現場に呼んで頂けるような人になりたいので、色々なジャンルの仕事をしてみたいと思っています。今はまだ始まったばかりなので、たくさん経験を積んで、今後は俳優やバラエティにも挑戦してみたいですね。

―「メンズノンノ」出身の阿部寛さんと共演したいそうですね。

 昔からよく阿部さんが出演されているドラマを見ていて、特に好きな「結婚できない男」は3回繰り返して見たくらいです(笑)。他の俳優さんとは違う雰囲気があるじゃないですか。メンズノンノの先輩っていうのもありますし、男として憧れる存在ですし、モデルさんとしてもすごいですし。全部何でもできちゃうので、いつかお目にかかりたいですね。

MIYAZAWA-09-10-15-20150910_032s.jpg

■宮沢氷魚(みやざわ・ひお)
1994年4月24日生まれ。身長184センチ。父にTHE BOOMの元ボーカル 宮沢和史、母にタレントでパーソナリティの光岡ディオンを持ち、長男として誕生した。18歳でカリフォルニア大学サンタクルーズ校に入学し、現在は国際基督教大学に通学中。2015年に「第30回メンズノンノ専属モデルオーディション」でグランプリ4名のうちの一人に選ばれ、10月号で専属モデルとしてデビューした。

>>「MEN'S NON-NO」公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング