Promotion

消費型から循環型へ、H&M最新コレクションから見るサステナブルファッションの最前線


消費型から循環型のファッションへ

 第三の部屋では、H&Mが去年打ち出した衣服の循環型プロジェクト「close the loop」のメッセージを体現した空間が広がりました。要らなくなった衣服をゴミとして廃棄するのではなく、再利用することでループ(輪)として循環させていくことを訴えています。

H&Mconciousexclusive_20160401-20160316_025.jpg
 展示ではすでに着古された服に新しい価値を加えることで、新たな服として生まれ変わることをテーマに、状態がいいものに関しては「リウェア(REWEAR)」すなわち古着として、シミや穴など部分的にダメージがあるものは「リメイク(REMAKE)」して新たな服に、その他は「リサイクル(RECYCLE)」として新たな素材として再利用できることを表現しています。マネキンに着せられている服は、このいずれかの3パターンを組み合わせてコーディネートされたものです。

H&M_20160331-20160316_016.jpg
 担当者によると、リサイクル素材は品質を保つため他の素材と混ぜ合わせて20%程度の配合に留まっているのが現状で、割合を増やしていくためにリサイクル技術に特化した企業や研究所とノウハウを共有しながら引き続き取り組んでいくそうです。

 
会場を見上げると天井には無数の古着が。H&Mでは店舗での古着回収に力を入れていて、2015年には世界で約1万2,000トンの古着が集まったそう。その中でも日本は、1店舗における古着回収量がH&M全世界の店舗の中で1位を獲得したのだとか。この背景には日本人に根付く「もったいない」という精神だったり、古着を持ち込むことでもらえる特典(1袋持ち込みで500円の割引券)も大きなモチベーションとなっているのかもしれません。実際に店舗で回収された古着は、手作業でグレード分けされ、それぞれの状態に適した処置が施されるとのことです。

H&M_20160318-20160316_028.jpg

 

新素材の正体は?

 最後となる第四の部屋のテーマは「素材」です。実際に、今回使用されたサステナブル素材の原料と完成したコレクションアイテムが展示されています。オーガニックコットンやオーガニックヘンプなどの天然素材のほか、ビニールやペットボトルを再生したリサイクルポリエステルや、木材パルプから生まれ変わったテンセル、リサイクルガラスなども使用されています。

H&M_20160331-20160316_018.jpg 
 そして、第一の部屋で見たイヤリングに使われた注目の新素材ですが、原材料となったのはなんと「デニム」でした。その名も「デニマイト(Denimite)」とネーミングされ、デニムを細かく裁断し、特別な技術で圧縮し押し固めたものです。今回初めてファッションの分野で使用され、今後アクセサリーのほかにインテリア分野への応用が期待される可能性に満ちた新しいサステナブル素材です。

H&M_20160331-20160316_022.jpg

 

サステナブルファッションの可能性

 H&Mデザイン責任者のアンソフィー・ヨハンソン(Ann Sophie Johanson)は、「ここ10年でサスティナブル素材は進化を遂げている。昔のオーガニックコットンは、環境には優しいけど品質に問題があったり、扱いにくかったりしたこともあった。今では、そういった点を考えずにサスティナブルな素材で思い通りのデザインを完成させることが出来るようになった。そこにガラスビーズやデニマイトのような新しい素材も増えてきて、デザイナーとして表現できる幅も広がっている」と話し、サステナブルファッションに可能性を見出しているようです。

H&Mconciousexclusive_20160401-20160316_030.jpg

H&Mデザイン責任者のアンソフィー・ヨハンソン


 今回のプレストリップの締めくくりとなるカクテルパーティーには、本コレクションのキャンペーンモデルに起用されカリーヌ・ロワトフェルド(Carine Roitfeld)の娘としても知られるアートディレクターのジュリア・レストイン・ロワトフェルド(Julia Restoin Roitfeld)が登場し、会場に華を添えました。

H&M_20160401-20160316_006.jpg

カクテルパーティーのホスト、アンソフィー・ヨハンソンとジュリア・レストイン・ロワトフェルド


 ファッション企業がサステナブル分野に取り組むのは「当たり前」の時代。巨大アパレル企業のH&Mが先頭に立ってアクションを起こすことで、業界に与える影響も大きいのではないでしょうか。ファッションを「消費」するのではなく「循環」させていくという、サステナブルファッションに真剣に向き合う姿勢を、今回のイベントを通して垣間見ることが出来ました。今後、技術の進歩でどんな新素材が生まれるのか、毎年進化を遂げる「コンシャス・エクスクルーシヴコレクション」に注目です。

H&M Conscious Exclusive Collection
発売日:4月7日(木)
販売店舗:H&M渋谷店
公式サイト

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング