Image by: FASHIONSNAP.COM

Lifestyle フォーカス

iPhoneでイルミネーションを綺麗に撮影するには?基本操作から応用までレクチャー

Image by: FASHIONSNAP.COM

 冬の風物詩の一つであるイルミネーション。スマートフォンで記念撮影をしてみたものの、綺麗に撮影できなかったことはありませんか?今回はアップルの最新機種iPhone XSを使って、撮影する際に知っておくと便利なカメラの基本機能とその応用を紹介します。

— ADの後に記事が続きます —

iPhoneの基本的な機能

 スマートフォンのカメラは一眼レフカメラのように全ての設定を自由に決められるマニュアルモードでの撮影はできませんが、以下の基本機能を抑えるだけでも綺麗にイルミネーションを撮影することができます。

①画面をワンタップすると…【明るさを調整】

 画面を一度タップすると黄色い四角と太陽のようなマークが現れます。この枠内を基準に、太陽のマークを上にスクロールをすると明るく、下にスクロールをすると暗くすることができます。

上にスライドして明るくした写真
下にスライドして暗くした写真

 イルミネーションの光が明るすぎる時や、余計なものがあまり映らないようにしたい場合は暗く、イルミネーションやその周りを明るく撮りたい場合は明るく調整をしてみてください。

②画面を長押しすると…【AE/AFロックでピント&明るさを固定】

 AE(オートマティック・エクスポージャー)は適正な明るさに、AF(オートフォーカス)はカメラのピントをそれぞれ自動で調整することが可能。iPhoneでは画面を長押しするとAE/AFロックが表示されます。

③「HDR」をオンにすると…【全体の明暗をバランスよく補正】

 HDR(ハイダイナミックレンジ合成)では1度の撮影で明るさの異なる複数の写真が合成され、明るすぎる部分や暗すぎる部分を見やすいように補正してくれます。多くのスマートフォンではHDR撮影が最初から設定されているものが多いですが、手動で使う場合はカメラの画面内にあるHDRをタップしてオンにするか、スマートフォン本体の設定からオンにすることができます。

 

基本機能を使った応用

 基本操作をマスターしたら、次は応用編にチャレンジしてみましょう。

■玉ボケ

 AE/AFロックを使うことで一眼レフカメラで撮影したような玉ボケをスマホでも撮影することができます。玉ボケはカメラの近くにピントを合わせたときに、奥の光がボケることで発生します。iPhoneでは一度自分の手などで手前にピントを合わせ、AE/AFロックをしてからイルミネーションを撮影するとたくさん玉ボケが生まれ、雰囲気のある写真に仕上がります。

手を使ってカメラ近くにピントを合わせたAE/AFロック
AE/AFロックでピントを固定したままイルミネーションを撮影

■LIVE機能

 iPhoneではLIVE機能を使うことで、アプリを使わなくても長時間露光で撮影したような写真を撮ることができます。LIVE機能は上部のメニューから丸が重なったマークをオンにすると使用可能。長時間露光の写真にするためには、撮影した写真を上にスワイプして表示されるエフェクトの中から、右端にある「長時間露光」を選択するとエフェクトがかかります。車の通りが多い表参道のイルミネーションなどでは、写真のように車のヘッドライトを光の線のように表現することができます。今回はiPhone XSを例として使用しましたが、他のiPhoneやスマホでも同じように撮影できますよ。

撮影した写真を上にスワイプすると表示されるエフェクト一覧
長時間露光を選択し完成した写真

<iPhoneで撮影したイルミネーション>

 

アプリでアーティスティックな写真に

 ここまで紹介した写真は全てiPhoneのカメラにある機能のみを利用したものになりますが、「Foodie」や「Snapseed」といった様々な写真編集アプリがリリースされているので、基本・応用を抑えて撮影した後の最終仕上げとして、自分好みの写真に加工するのもオススメ。

Foodieのフィルターを使用
Snapseedで編集

 紹介した機能は全てインカメラでも使えるので、自撮りをする際にもぜひ活用してみてくださいね。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング