Lifestyle ストーリー

創業160年キールズのDNAとは?ニューヨークで見つけたブランドの軌跡

ニューヨークに構えるキールズ本店
Image by: Fashionsnap.com

 1851年に創業した「キールズ(KIEHL'S SINCE 1851)」。科学や薬学、そしてハーブの知識を基に作られたスキンケアやボディケア、ヘアケア製品は多くの人々の支持を集め、今では世界45ヶ国以上で愛用されています。今回は、多くの人々に愛されるブランドに成長した理由を、ブランドのルーツ「ニューヨーク」の街で探りました。

■キールズが誕生した街・ニューヨーク

 経済だけではなく、ファッションやエンターテインメントにも多大な影響を世界に与えているニューヨーク。最先端の都市として多くの人を惹きつける一方で、歴史を感じさせる建物が立ち並ぶエリアも多く存在しています。キールズも160年以上前からこの土地に根付き、共に発展していきました。

kiehls_ny_201505_002.jpg

kiehls_ny_201506_002.jpg

kiehls_ny_201505_001.jpg

 キールズの原点は、イーストビレッジに構える一軒の小さなアポセカリー(調剤薬局)。当時は一人ひとりの症状に合わせて薬やお茶を調合・処方するスタイルで人気のアポセカリーでしたが、次第に人が賑わう"コミュニティの場"としてもニューヨーカーから愛される存在になりました。現在も同所に構えるフラッグシップストアには多くの人々が訪れています。

kiehls_ny_201506_010.jpg

当時のニューヨーク1号店(左)は大きな梨の木が目印

 キールズのほかにも、周辺エリアでは創業者のジョン・キールが生前通っていたというベーカリーショップ「Veniero's Bakery」やレストラン「Pete's tavern」が現在も営業しており、キールズと同様に現在も由緒のあるコミュニティになっているとのこと。キールズを愛するニューヨーカーの中には、世代を越えて代々キールズを愛用している人も多いそうです。大都市に成長したニューヨークの素顔は、このような人々の繋がりを大切にする場所にあるのかもしれません。

kiehls_ny_201505_063.jpg

創業者のジョン・キール(左)

次のページは>>現在のニューヨーク1号店の全容

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング