Fashion #FS衣装情報

嵐、広瀬すず、乃木坂46......「NHK紅白歌合戦」着用ブランドまとめ<2018年>

 いよいよ今年も残すところあと少し!大晦日の風物詩といえば「NHK紅白歌合戦」ですね。FASHIONSNAP.COMは今年も出演者の着用ブランドを紹介します。今回はツイッターだけではなくサイト上でもリアルタイムでお届け。出場歌手をはじめ、司会者からゲスト審査員まで、気になる衣装はぜひここでチェックしてみてくださいね!<更新は終了>

 

総合司会 内村光良

 昨年に引き続き総合司会を務める内村光良さん。オープニングの白い和装に続いて前半戦で着用したのは、「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」の ブラックタキシード。キマっていますね。

 

総合司会 桑子真帆

 内村さんとともに昨年に引き続き総合司会を務めている桑子アナがオープニングで着用したゴールドのドレスは、「ジュン アシダ(jun ashida)」のものでした。

 後半戦に着用したドレスは「タダシ ショージ(TADASHI SHOJI)」、ジュエリーは昨年と同じ「フォーエバーマーク(Forevermark)」。イヤリングは「センターオブマイユニバース」、ネックレスは「エンコルディア」のそれぞれスペシャルピースとのこと。

 

紅組司会 広瀬すず

 紅組司会に抜擢された女優の広瀬すずさん。オープニングは艶やかな和装で登場しました。続いて「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の2019年クルーズコレクションのワンピースとアンクルブーツを着用。ガーリーな雰囲気が広瀬さんにぴったりですね。

 後半戦は「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)」の2019年春夏ウィメンズコレクションのドレスにお色直し。

 そして終盤ではピエール パオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)が手掛ける「ヴァレンティノ(VALENTINO)」の2019年春夏コレクションから赤いドレスをチョイス。先ほどのドレス2点と雰囲気の異なるゆったりとしたシルエットです。

 

白組司会 櫻井翔

 オープニングは和装で登場。前半戦で着用していたグリーンのベロア素材のジャケットも印象的でしたね。後半戦では「ポール・スミス(Paul Smith)」の2018-19年秋冬コレクションのコートを着用。白のパンツと合わせて"紅白感"のあるコーディネートです。

 後半戦で再びお色直し。チェックのジャケットは「グッチ(Gucci)」2019年クルーズコレクションのもの。中に合わせたシャツもグッチでした。

 

ゲスト審査員 永野芽郁

 朝の連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロインを務めた女優の永野芽郁さん。着用しているドレスはデザイナー古田泰子が手掛ける「トーガ プルラ(TOGA PULLA)」の2019年春夏コレクションで、画像のアイテムとは色違いのブラックのものでした。2018年度「第36回毎日ファッション大賞」の大賞に選ばれている注目のブランドです。

 

Little Glee Monster

 女性ボーカルグループLittle Glee Monsterの芹奈さんは直前特番で「マメ(Mame Kurogouchi)」の2018-19年秋冬コレクションのワンピースを着用。ステージでは「世界はあなたに笑いかけている」を披露しました。

 

DAOKO

 紅白初出場が実現したDAOKOさん。有本ゆみこさんが手掛ける「シナ スイエン(SINA SUIEN)」が製作しました。スタイリングは伊賀大介さんが担当。歌唱曲「打上花火」の世界観に合った繊細で美しい衣装でした。

 

Suchmos

画像提供:ソニーミュージック

 今回が初出場のSuchmosは、2018 NHKサッカーテーマ「VOLT-AGE」を歌唱披露。ボーカルのYONCEの衣装は、「アディダス(adidas)」のホワイトオンホワイトのATPでした。

 

あいみょん

 初出場のあいみょんが着用したのは真紅のセットアップ。メジャーデビュー前から親交があるデザイナー藤田哲平さんが手掛ける「サルバム(sulvam)」が制作しました。ベルベット素材のジャケットとパンツ、そしてインナーはレース調のへそ出し。個性を引き立てています。

 ちなみにリハーサル時はゴーシャ・ラブチンスキー(Gosha Rubchinskiy)と「アディダス(adidas)」のコラボによるイエローのトラックトップを着用していました。

 

水森かおり

桂由美

 今年も桂由美さんが手掛けたドレスを着用。今年はイリュージョニストとのコラボレーションが展開されました。

 

DA PUMP

 16年ぶりの紅白歌合戦出場が実現したDA PUMP。直前の特番では「ヴェルサーチェ(VERSACE)」の2018-19年秋冬メンズコレクションのアイテムをメンバー全員揃って着用しました。

 ダンサーとして出演した五木ひろしさんのステージでは、「ヴァンズ(VANS)」のオールドスクールを着用。本番のステージでは今年の大ヒット曲「U.S.A.」を歌唱し 、会場を盛り上げました。

 

AKB48

 卒業を発表したHKT48の指原莉乃さんにとって最後の紅白歌合戦のステージとなった今回は、BNK48との共演が実現。32着、16パターンのデザインは2人1組でシンメトリーになる仕様になっているとのこと。AKBグループの様々な衣装を手掛けているオサレカンパニーによるオリジナル衣装で、茅野しのぶさんがデザインしました。

 

欅坂46

 オープニングとエンディングの衣装はSEKAI NO OWARIと同様にスタイリストの百瀬豪さんが製作を担当。赤の衣装は「シルエットが綺麗」とSNSでも好評でした。

 

西野カナ

 「トリセツ」を披露した西野カナさん。エンディングでは下の「シスタージェーン(SISTER JANE)」のブラックの総柄ワンピースを着用していました。

 

SEKAI NO OWARI

 百瀬豪さんがスタイリングを手掛けた衣装は「グッチ(Gucci)」のアイテムをアレンジしたもの。メンズはビー(蜂)をモチーフにしたデザインが特徴で、Saoriさんのドレスは2018-19年秋冬シーズンのコレクションピースでした。ピンク色で統一されていて、仲睦まじい雰囲気が出ていましたね。ちなみに百瀬さんは近年、SEKAI NO OWARIの専属スタイリストとして活躍しています。

 

乃木坂46

 直前特番で着用したドレスは尾内貴美香さんがデザイン。刺繍が印象的でしたね。

 乃木坂46からの卒業を発表している西野七瀬さんにとって紅白歌合戦最後のステージとなる今回は「旅立ち」をテーマに、松村祐輔と関口愛弓が手掛ける「ミューラル(MURRAL)」がこの日のために特別に製作した衣装で歌唱パフォーマンスを披露しました。衣装は3パターンのデザインが用意され、これからの未来をイメージした華やかなホワイトと、愛のある居場所をイメージしたシックなボルドーのエンブロイダリーレースをバイカラーで使用。楽曲の振付を意識し、どの角度から見ても表情が変わるように生地配色や配分、カッティングを繊密に計算した華やかな衣装でした。スタイリング、ヘッドアクセサリーおよびブローチデザインは市野沢祐大さんが担当。胸元に配置したオリジナルブローチは18金メッキで立体的に仕上げ、また刺繍の花部分には一つずつ丁寧に手付けによってビーズがつけられ、上品さを演出しています。

(左から)Aパターン、Bパターンのデザイン画

 

TWICE

 今年で紅白歌合戦出場2回目のTWICE。五木ひろしのパフォーマンスではバックダンサーとして会場を盛り上げました。その際に着用していた衣装は「グッチ(Gucci)」。ダヒョンとナヨンは2019年クルーズコレクションのピースでした。

 

EXILE

 EXILEが所属する「LDH」のアパレル部門を率いるLDH apparelの小川哲史社長が今年も製作。ホワイトとブラックをベースに、ラインストーンの装飾があしらわれた衣装でした。

 

Superfly

 ステージで「Gifts」を歌唱披露したSuperflyの越智志帆さん。マーブル模様が印象的な衣装は、スタイリストのShohei Kashimaさんが手掛けました。

 

ゆず

 ゆずのスタイリングはすべてタタンカの三島和也さんが担当しています。

 オープニングでは、北川悠仁さんは「ロード&フールズ(LORDS&FOOLS)」のシャツ、「フェアファクス(FAIRFAX)」のネクタイ、「トム レベル(TOMREBEL)」のジャケットを着用。シューズは「ジバンシィ(GIVENCHY)」でした。一方、岩沢厚治さんは「ディオール(DIOR)」のシャツ、「アトウ(ato)」のネクタイ、「ディースクエアード(DSQUARED2)」のジャケット、そして靴は「サンローラン(SAINT LAURENT)」でした。

 歌唱時は2人ともに「スズキタカユキ(suzuki takayuki)」のジャケット、ベスト、シャツ、ロード&フールズのパンツをチョイス。靴は、北川さんが「ファクトタム(FACTOTUM)」、岩沢さんが「ジャストカヴァリ(Just Cavalli)」と細部にもこだわったスタイリングでした。

 

 オープニングでは、白組司会の櫻井翔さんを除くメンバー全員が「トム ブラウン(THOM BROWNE)」のジャケットを着用していました。

 また二宮和也さんは水森かおりさんのステージで着用していたライダースジャケットは「ジバンシィ(GIVENCHY)」の2019年プレフォールコレクションのものでした。

 松本潤さんは後半戦で、「グッチ(Gucci)」2019年クルーズコレクションのジャケットを着用。

 相葉雅紀さんがジャケットの中に着ているシャツは、二宮さんも着用していたジバンシィの2019年プレフォールコレクションのものでした。櫻井さんもでしたが、"赤いアイテム"を衣装に取り入れているのが印象的。

 そして白組のトリとなったステージでは、紅白スペシャルメドレーを5人で披露しました。着用した3ピースのタキシードを仕立てたのは、南青山にあるオーダースーツ専門の「ドット・テーラー(DOT・TAILOR)」。純白のウール地をベースに、ジャケットのラペルは鮮やかな赤でベルベットのラメ入り。ベストはパープルのベルベット地。クライマックスにふさわしいクラシックな装いです。スタイリストは丸本達彦さんが担当しました。

■これまでの「NHK 紅白歌合戦」衣装特集記事
嵐、有村架純、Perfume...紅白出演者の衣装は?着用ブランドから制作裏話まで<2017>
【2016年版】嵐、有村架純、RADWIMPSが着用したブランドは?「NHK紅白歌合戦」衣装を特集
【2015年版】グッチやギャルソンなど NHK紅白歌合戦の着用衣装をピックアップ
【2014年版】レコード大賞から紅白歌合戦まで...年末年始に話題を集めた衣装やファッション

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング