Lifestyle フォーカス

マリメッコの本社潜入レポート〜デザイナー・工場・カフェ・アトリエ〜(動画)

マリメッコ本社に併設されているファクトリー
マリメッコ本社に併設されているファクトリー
Image by: Fashionsnap.com

 デザイン大国フィンランドを代表するブランド「marimekko(マリメッコ)」。1951年に創業し初めてマリメッコのファッションショーが開かれてから現在まで、四半世紀以上にわたって創立者アルミ・ラティアのデザイン精神が受け継がれているという。その真髄とも言える明るく豊かなプリントデザインはどのようにして生まれ、作られているのか。マリメッコの心臓部であるヘルシンキ郊外の本社と併設されているファクトリー、ショップ、社員食堂として利用されているカフェmaritori(マリトリ)、そしてデザイナーのアトリエを取材した。

 マリメッコ本社があるのは、ヘルシンキ中心部から車で約20分の郊外。電車ではヘルットニエミ駅で下車し、徒歩で約15分の閑静な場所にある。

marimekko-factory-2013_002.jpg

marimekko-factory-2013_001.jpg

 建物の外観はグレーで無機質なデザイン。しかし、ドアを開けて一歩中に足を踏み入れば、そこには色彩豊かなマリメッコの世界が広がっている。

marimekko-factory-2013_006.jpg

marimekko-factory-2013_004.jpg

marimekko-factory-2013_005.jpg

marimekko-factory-2013_007.jpg

 2階に上がってすぐ目に飛び込んでくるのは、新作を展示しているインスタレーションスペース。ファブリックで囲まれた空間に、シーズンテーマに沿ったダイニングルームやリビングルームが演出されている。

marimekko-factory-2013_008.jpg

marimekko-factory-2013_009.jpg

marimekko-factory-2013_010.jpg

marimekko-factory-2013_011.jpg

marimekko-factory-2013_012.jpg

marimekko-factory-2013_013.jpg

marimekko-factory-2013_014.jpg

 子供部屋をイメージした空間には、キッズアイテムの新作がずらり。

marimekko-factory-2013_016.jpg

marimekko-factory-2013_015.jpg


 次のページは>>ヘッドデザイナーに聞く、マリメッコのデザインプロセス

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング