Culture マストチューン

【今週のマストチューン】Easy Life、Georgia、Awich〜1月第2週〜

 トレンド最前線を行く者、音楽も最前線を聴け——毎週金曜日、最新アルバム・EPの中からFASHIONSANP.COMが独自の視点でピックアップする音楽連載「今週のマストチューン」。ジャンルを問わず、今注目したい3タイトルを紹介します。1月第2週目は、2020年ブレイク必至のUK・レスター出身の5人組バンド イージー・ライフ(Easy Life)の3rdミックステープ「Junk Food」、エレクトロ/シンセポップ・シーン期待の新鋭ジョージア(Georgia)の最新アルバム「Seeking Thrills」、国内にとどまらずアジア各地でも注目を集めるラッパーAwichによるアルバム「孔雀」をセレクト。

— ADの後に記事が続きます —

英BBCにお墨付きを得る気鋭バンド イージー・ライフによるミックステープ

 イギリスの共放送BBCが毎年発表している、注目新人アーティストのリスト「Sound of 2020」にノミネートされるなど、2020年にブレイクが期待されるレスター出身のオルタナティヴ・ロック・バンド イージー・ライフ。今回リリースされた3rdミックステープ「Junk Food」には先行で発表されていた「Sangria ft. Arlo Parks」「Nice Guys」「Earth」を含む7曲が収録されています。様々な音のジャンルがミックスされたサウンドは唯一無二。音楽性はさることながら個性的でキュートなファッションセンスにも注目が集まっており、彼らのインスタグラムも要チェック。

UK発、エレクトロ/シンセポップシーンのニュースターが誕生

 こちらもイージー・ライフと同様にBBCの「Sound of 2020」にノミネートされているUK発のアーティスト ジョージアがアルバム「Seeking Thrills」を発表しました。今作には昨年リリースし、ピッチフォークが選ぶ「Best New Track 2019」にも選出されたキラーチューン「About Work The Dancefloor」を含む、ダンスフロアの多幸感とエネルギーをそのまま閉じ込めたような全12曲を収録。また日本盤CDには人気プロデューサー ブラック・マドンナによる「About Work The Dancefloor」のリミックスがボーナストラックとして追加されています。すでにヨーロッパでは話題を集めており、日本でも2020年のブレイクが期待されているアーティストの最新作は必聴です。

東京と世界を繋ぐフィメールラッパーAwichの最新作

 2017年、日本HIP HOP界のビッグトピックとして注目を集めたアルバム「8」の発売から約2年。今やアジア各地でも注目を集める、YENTOWN所属のラッパーAwichがついに最新アルバムをリリースしました。前作リリース後は各音楽フェスや海外公演へのオファーが絶えず、2019年にRed Bullが後悔した88risingのアジアアーティストにフォーカスを当てた長編ドキュメンタリー「Asia Rising The Next Generation of Hip Hop」でもフィーチャーされるなど、その人気を不動のものとしたAwich。今作ではさらなる高みを目指すべく国内外から世界水準のトラックメーカーが集結しており、彼女の新たなマスターピースを完成させました。

>>マストチューンバックナンバーはこちらから

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング