Culture マストチューン

【今週のマストチューン】羊文学、JNKMN、BREIMEN〜2月第2週〜

 トレンド最前線を行く者、音楽も最前線を聴け——毎週金曜日、最新アルバム・EPの中からFASHIONSANP.COMが独自の視点でピックアップする音楽連載「今週のマストチューン」。ジャンルを問わず、今注目したい3タイトルを紹介します。2月第2週目は、生産限定のクリスマスシングル「1999/人間だった」がスマッシュヒットを記録した羊文学によるEP「ざわめき」、注目を集めるヒップホップクルーYENTOWNの創立メンバーJNKMN待望の1stアルバム「JNKMN NOW」、日本のインディーシーンに現れたニューカマー ブレイメン(BREIMEN)のアルバム「TITY」をセレクト。

— ADの後に記事が続きます —

クリスマスシングルのヒットで勢いに乗る羊文学による最新作

 各所で話題を集め、ワンマンツアーがソールドアウトするなどブレイク間近の3ピースバンド羊文学がニューEP「ざわめき」をリリース。映画監督とミュージシャンのコラボレーション「MOOSIC LAB 2019」で公開され、会期中にCDが完売し話題となった常間地裕監督の映画「ゆうなぎ」の主題歌「夕凪」と挿入歌「サイレン」など、ガーリーなムードの前作「きらめき」とは対をなす新機軸の全5曲が収録されています。バンドの現在地を示す作品が完成しました。

豪華ラッパーを迎えたJNKMN待望の1stソロアルバムリリース

 今シーンで存在感を放っているラッパーが所属するヒップホップクルーYENTOWNの発起人のひとりであるJNKMNが、待望の1stソロアルバムをリリースしました。アルバム総合監修はChaki Zulu、客演にはクルー仲間のkZmとAwichをはじめ、舐達麻からBADSAIKUSHとG PLANTSが参加するなど豪華メンバーが集結。J-HIPHOPの2020年を占う、ヘッズ必聴の1枚です。

独自の路線で新しい時代を切り開くブレイメン初の全国流通盤

 CharaやTENDREなどでサポートを務める高木祥太を中心に、都内で活動する5人編成バンド ブレイメンによる初の全国流通盤「TITY」がついにリリースされました。ソウル/ファンクをベースに、フレキシブルな演奏形態で振り幅の広い音楽性を聴かせてくれます。各メンバーが現在のシーンを支える名だたるアーティストのサポートを務めており、演奏力の高さにも注目です。

>>マストチューンバックナンバーはこちらから

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング