Cultureマストチューン

【今週のマストチューン】Aminé、Yellow Days、ZOMBIE-CHANG〜8月第1週〜

 トレンド最前線を行く者、音楽も最前線を聴け——毎週金曜日、最新アルバム・EPの中からFASHIONSANP.COMが独自の視点でピックアップする音楽連載「今週のマストチューン」。ジャンルを問わず、今注目したい3タイトルを紹介します。8月最初の週は、ポートランドのラッパーAminéがニューアルバム「Limbo」、イギリスのシンガーソングライターYellow Daysの2ndアルバム「A Day In A Yellow Beat」、メイリンによるソロプロジェクトZOMBIE-CHANGの4thアルバム「TAKE ME AWAY FROM TOKYO」をセレクト。

人気急上昇の新世代ラッパーAminéのニューアルバム

 2017年にヒットシングル「Caroline」をリリースし、同年に1stアルバム「Good For You」をリリース。2018年には「EPLPMixtapeAlbum」と位置づけられた作品「ONEPOINTFIVE」を発表した、人気急上昇中のラッパーAminéのニューアルバム「Limbo」のデジタル配信が開始しました。先行配信し、今作の核とも言える楽曲「Compensating feat. Young Thug」では、彼の代名詞とも言える中毒性のあるリフレインに注目。ユニークで、彼らしさ全開の1枚です。

初来日公演も好評だったYellow Daysが新作をリリース

 UKのネオブルース、ソウルを昇華したレイジーなインディーポップサウンドを鳴らす若き才能Yellow Days。昨年は「Coachella 2019」に出演するなど飛躍と年となり、初来日では「FRED PERRY SHOP TOKYO」でのインストアイベントに出演するなど、ファッションの親和性も高く、多方面で期待値の高い若手アーティストです。2ndアルバムにはMac DeMarco、John Carroll Kirby、Nate Fox、Shirley Jones、Nick Walters、Bishop Nehruがゲストで参加。全23曲入りのボリュームのある作品となっています。

ZOMBIE-CHANGがバックボーンに立ち返る4thアルバム発表

 ZOMBIE-CHANGが未発表の新曲を全て「?」でリリースするという新プロジェクトを経て新作「TAKE ME AWAY FROM TOKYO」をリリース。前作の「PETIT PETIT PETIT」のバンドサウンドとは打って変わってデジタルサウンドを全面に押し出したアルバムで、テクノやハウス、エレクトロといったメイリン自身のバックボーンが軸となっています。ここ最近の状況なども盛り込んだ楽曲も収録されているフレッシュな作品で、彼女の潜在的なセンスが溢れ出ている歌詞は中毒性があります。

>>マストチューンバックナンバーはこちらから

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング