Fashion インタビュー・対談

【インタビュー】NIKEデザイナー ティンカー・ハットフィールドが語る最初の「エアマックス」

Image by: Fashionsnap.com

 「エア マックス」の29周年を前にした3月、米国ポートランドのナイキ本社で「エア マックス」の原点とも言えるモデル「エア マックス ゼロ」が発表された。世界から集められた十数名のプレスを前にプレゼンテーションを行ったのはデザイナーティンカー・ハットフィールド(Tinker Hatfield)。「エア マックス」の生みの親で「エア マックス ゼロ」の原案を描いた人物だ。自らを"フューチャリスト"と語るティンカー・ハットフィールドは、なぜ今原点に戻るのか?誕生から29年目を迎える「エア マックス」の誕生とスニーカーのこれからについてハットフィールドに聞いた。

 

■「エア マックス」の生みの親ティンカー・ハットフィールドとは?

―出身はどちらでしょうか?

 ナイキの本社があるポートランドから16キロ離れた都市ヒルズボロで1952年に生まれました。ユージーンの近くで育ち、今もポートランドで働いるのでずっとオレゴンに住んでいます。陸上の奨学金を受けるかたちでオレゴン大学に進学し、建築を専攻しました。陸上では「ナイキ」の生みの親ビル・バウワーマン(Bill Bowerman)コーチに師事し、棒高跳びをやっていました。 

―ナイキに入社したきっかけは?

 卒業後はセミプロ選手としての競技生活を経て、ユージーンの建築会社でインターンとして働き始めました。給料が高くなかったので、インターンをしていた3年間はなんとかしのいでいましたね。それから、ビル・バウワーマン コーチの指導を受けていた縁から、彼のシューズラボを手伝うことになり靴作りを学びはじめました。ビル・バウワーマン コーチが生んだ新しいシューズをテストするのに私がよく選ばれていましたので、卒業後もビル・バウワーマン コーチとの交流は続いてたんです。そういった流れから、1981年に「ナイキ」専属の"建築家"として入社することになりました。

nike-tinker-20150313_055.jpg

―建築家からプロダクトデザイナーに転身したのはなぜでしょうか?

 建築家としていろいろとクレイジーな建物を作っていたので、私のことをクリエイティブだと思った人がいたようです。「異なる背景を持った人がプロダクトデザイン部門にいてもいいんじゃないか」ということでしょう。オレゴン大学の建築の教え方は人にフォーカスし、どのようなニーズがあるか、何が望まれているのかを考えることが最優先されていました。人のためにデザインをするというのは建築だけに限らないと思います。

―これまで手掛けてきたプロダクトは?

 有名なもの有名じゃないものありますが、「エア ジョーダン」や「ハラチ」、「ソックレーサー」などを作ってきました。なかでも「エア マックス」は、最も画期的なプロダクトだと自負しています。

次のページは「エア マックス ゼロ」の着想源について

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング