Lifestyle まとめ

ニュウマン横浜、ウィズ原宿、有明ガーデン......2020年開業予定の商業施設まとめ

 2020年、東京オリンピック・パラリンピックイヤーが幕を開けました。開催に向けて近年は東京を中心に各地で再開発が進み、昨年は渋谷エリアで新規開業が相次ぎました。今年は豊洲や有明といった湾岸エリアや横浜エリアを中心に様々な施設がオープンを予定。「ウィズ原宿」や「有明ガーデン」「ニュウマン横浜」など注目の新施設を開業時期の順で紹介します。

— ADの後に記事が続きます —

【神奈川】三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド

外観イメージ 提供:三井不動産

 2018年9月に一時閉店し、現在全面建て替え中の「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」が4月10日にリニューアルオープンすることが決定。当初は2023年の開業を目指していましたが、3年前倒しとなりました。延床面積は約5万4,000平方メートルで、テナント数は約170店と2倍に拡大。「NEW MARINA LIFE」をコンセプトに海辺の環境を活かした上質なライフスタイルを提案する店舗が揃う予定で、「ディーゼル(DIESEL)」のカフェ併設型業態「ディーゼル/グロリアスチェーンカフェ(DIESEL/Glorious Chain Café)」や「ステューシー(STÜSSY)」など12ブランドが日本のアウトレットに初出店します。

>>詳細はこちら

■三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド
開業時期:2020年4月10日(金)
所在地:神奈川県横浜市金沢白帆5-2
延床面積:約5万4,000平方メートル
建物規模:地上3階建て

【東京】アトレ竹芝

「アトレ竹芝」および「ウォーターズ竹芝」イメージパース 提供:アトレ

 駅ナカの印象が強い「アトレ(atré)」の初となる"駅ソト"店舗「アトレ竹芝」が、JR浜松町駅北口に位置する複合施設「ウォーターズ竹芝(WATERS takeshiba)」内に誕生。開放的なテラスで食事を楽しめるレストランや美容・医療施設が揃う「タワー棟」と、ソーシャルエンターテイメント施設やアミューズメントスペースを備える「シアター棟」の2棟構成で、2段階に分けて開業します。

>>詳細はこちら

■アトレ竹芝(第I期・第II期)
開業時期:第1期 2020年4月13日(月)、第2期 2020年7月14日(火)
所在地:タワー棟 東京都港区海岸1-10-3
    シアター棟 東京都港区海岸1-10-45
店舗面積:約7,800平方メートル(タワー棟約2,800平方メートル、シアター棟約5,000平方メートル)

【東京】豊洲ベイサイドクロスタワー

外観イメージ 提供:三井不動産

 三井不動産が手掛ける豊洲2丁目駅前地区の開発街区「豊洲ベイサイドクロス」のグランドオープンが4月24日に決定。核となる複合ビル「豊洲ベイサイドクロスタワー」は地下1階から地上4階までは商業ゾーン、5階から32階まではオフィスゾーン、33階から36階まではホテルで構成される予定です。

 商業ゾーンには「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」が既存の施設に加えて売り場を拡張する形で出店し、飲食業態を中心に全36店舗をラインナップ。なお、既存のららぽーと豊洲では開業以来最大の約70店舗のリニューアルが計画されています。

>>詳細はこちら

■豊洲ベイサイドクロスタワー
開業日:2020年4月24日(金)
所在地:東京都江東区豊洲二丁目2番1号
延床面積:約18万4,000平方メートル
建物規模:地上27階、地下4階

【神奈川】コースカベイサイドストアーズ

 横須賀モール・リーシングが「ショッパーズプラザ横須賀」を約1年をかけてフルリノベーションし、「コースカベイサイドストアーズ(Coaska Bayside Stores)」として4月24日にグランドオープン。館内のあらゆる場所から横須賀の港や海辺の景色が楽しめるように設計されています。地上6階建てのフロアには100を超えるテナントが集結し、ファッションからインテリア、雑貨、グルメまでワンストップでショッピングが楽しめるほか、シネマコンプレックスやボーリング、スポーツアスレチックといった体験型コンテンツも充実。ファッションブランドのテナントは「ジーユー(GU)」や「H&M」、スカジャン柄Tシャツを展開する「MCハウス/スカティ」などが揃います。

■コースカベイサイドストアーズ
開業日:2020年4月24日(金)
所在地:神奈川県横須賀市本町2-1-12
敷地面積:4万550平方メートル
延床面積:12万624平方メートル
建物規模:地上6階建て

【東京】ウィズ原宿

外観全景イメージ 提供:NTT都市開発

 JR原宿駅前でNTT都市開発が開発を進めてきた複合施設「ウィズ原宿(WITH HARAJUKU)」がいよいよ今春開業します。「未来を紡ぐたまり場」をコンセプトに、商業スペースやイベントホール、賃貸レジデンスで構成し、地下2階から地上3階までの商業スペースには23区内初の「イケア(IKEA)」やユニクロの大型店舗、「スノーピーク(Snow Peak)」など14店舗が出店するほか、カフェ「オーバカナル(AUX BACCHANALES)」が復活。屋外広場や原宿から竹下通りに抜けられるパサージュも設置される予定です。

>>テナント一覧はこちら

■ウィズ原宿(WITH HARAJUKU)
開業時期:2020年4月
所在地:東京都渋谷区神宮前1-14-30
延床面積:約2万6,800平方メートル
店舗面積:約11万平方メートル
建物概要:地下3階、地上10階

【東京】阪急阪神銀座3丁目ビル(仮)

イメージパース 提供:資生堂

 銀座・並木通りと松屋通りの交差角地に位置する「阪急阪神銀座3丁目ビル(仮)」は、阪急阪神不動産が開発を担当。地下1階から地上11階までの12フロア構成で、地下1階から地上2階までの3フロアには資生堂のグローバルプレステージブランド「SHISEIDO」の初の旗艦店が出店します。

■阪急阪神銀座3丁目ビル(仮)
開業時期:2020年4月
所在地:東京都中央区銀座3-103
延床面積:2,924平方メートル
建物規模:地下1階、地上11階

【東京】有明ガーデン

外観イメージ 提供:住友不動産

 住友不動産の東京湾岸有明複合開発プロジェクト「有明ガーデン」が4月に開業予定。都内最大の開発面積となる約10.7ヘクタールの街区内には、地下1階から地上5階のフロアに約200店舗を集積する大規模商業施設「住友不動産 ショッピングシティ 有明ガーデン」や、タワーマンション、イベントホール「住友不動産 東京ガーデンシアター」、約800室のホテル、劇団四季の新劇場「有明劇団四季」などが揃う予定です。

>>詳細はこちら

■有明ガーデン
開業予定:2020年4月
所在地:東京都江東区有明2-1
延床面積:約17万5,000平方メートル
建物規模:地上16階

【沖縄】沖縄豊崎タウンプロジェクト(仮)

外観イメージ:沖縄豊崎タウンプロジェクト(仮)

 大和ハウスによる大型複合商業施設「沖縄豊崎タウンプロジェクト(仮)」は、水族館を併設した初のショッピングセンター。美らSUNビーチに隣接し、延床面積約13万5,000平方メートル、地上4階建ての施設内には「沖縄美ら海水族館」に続く沖縄県内2施設目の水族館「DMMかりゆし水族館」がオープンするほか、大型家電量販店やファッション、インテリア、アミューズメントパークなど約170店舗が出店します。

>>詳細はこちら

■沖縄豊崎タウンプロジェクト(仮)
開業時期:2020年4月
所在地:沖縄県豊見城市豊崎3番地内
延床面積:約13万5,000平方メートル
店舗面積:約4万3,000平方メートル

【東京】日比谷 OKUROJI、日比谷グルメゾン

区道側イメージ 提供:東日本旅客鉄道

 JR東日本グループのジェイアール東日本都市開発と、JR東海グループの東京ステーション開発による共同計画として、有楽町駅~新橋駅間内山下町橋高架下の約1万平方メートルの空間に商業施設が誕生。2020年初夏に開業する予定で、JR東日本が建設を担当する商業施設は「ヒビヤ オクロジ(日比谷 OKUROJI)」、JR東海が手掛ける商業施設は「日比谷グルメゾン」として営業します。ヒビヤ オクロジではファッション、雑貨、飲食など約50店舗が入居し、日比谷グルメゾンは東京駅の「東京グルメゾン」に続く第2弾として、バラエティ豊かな6店舗の飲食店を展開する予定です。

>>詳しくはこちら

■日比谷 OKUROJI
開業時期:2020年初夏
所在地:東京都千代田区内幸町1-7
延床面積:約4,500平方メートル

■日比谷グルメゾン
開業時期:2020年初夏
所在地:東京都千代田区内幸町1-30
延床面積:約900平方メートル

【神奈川】JR横浜タワー、JR横浜鶴屋町ビル

 JRの横浜駅西口に2つの複合商業ビルが誕生。東日本旅客鉄道が開発を手掛け、西口の駅前に位置する「JR横浜タワー」と、鶴屋町方面の「JR横浜鶴屋町ビル」に分けて建設を進めており、2020年の東京オリンピック前の開業を予定しています。

 JR横浜タワーは地下3階、地上26階の29フロア構成で、地上1階から10階までの商業スペースには「ニュウマン(NEWoMan)」の2号店「ニュウマン横浜」が入居するほか、地下1階から3階までのフロアには商業施設「シャル(CIAL)横浜」、8階から10階までの一部のエリアには映画上映を中心に様々なライブやパブリックビューイングを開催するエンターテインメントコンプレックス「T・ジョイ 横浜」が開業。地上9階建てのJR横浜鶴屋町ビルには「シャル(CIAL)横浜 ANNEX」やスポーツ施設、ホテルが揃います。両ビル間を行き来できる結型の地下通路も建設される予定。

>>詳細はこちら

■JR横浜タワー
開業時期:2020年オリンピック前
所在地:神奈川県横浜市南幸1-1-2
延床面積:約9万8,000平方メートル
建物規模:地下3階、地上26階

■JR横浜鶴屋町ビル
開業時期:2020年オリンピック前
所在地:神奈川県横浜市南幸1-2-2
延床面積:約3万1,500平方メートル
建物規模:地上9階

【大阪】パルコ(大丸心斎橋店北館内)

大丸心斎橋店北館の外観

 4年間の改修工事を終え、昨年9月に本館がリニューアルオープンしたばかりの大丸心斎橋店。今年は北館に大型核テナントとしてパルコがオープンします。大丸松坂屋百貨店が保有する店舗施設へのパルコの導入は、11月に開業を予定している松坂屋上野店の新南館「上野フロンティアタワー」に続く2例目。

>>詳しくはこちら

■大丸心斎橋店北館
所在地:大阪市中央区心斎橋筋1-8-3
建物規模:地下2階〜地上14階
延床面積:5万8,477平方メートル
パルコ賃借部分:地下2階〜地上7階(一部賃借範囲外の区画あり)
開業時期:2020年秋

【愛知】ららぽーと愛知東郷町

センターコートイメージ 提供:三井不動産

 「ららぽーと名古屋みなとアクルス」に続く東海3県2店舗目のららぽーとが2020年秋に開業。店舗棟の延床面積は約10万9,600平方メートルで、230店舗が出店するほか、約3,900台が駐車可能な駐車場や、約4,000平方メートルの緑地が整備されるなど、愛知県中部エリア最大のリージョナル型ショッピングセンターとなる予定です。

>>詳細はこちら

■ららぽーと愛知東郷町
開業時期:2020年秋
所在地:愛知県愛知郡東郷町春木他(東郷中央土地区画整理事業の一部)
延床面積:約19万200平方メートル
建物概要:地上4階

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング