お買いモノ

もこもこ手触りがやみつきに、モードな最旬フォルム「パファーバッグ」8選

 気になるバッグトレンドのひとつと言えば、クッションのようなエアリー感が魅力的な「パファーバッグ」。存在感とボリュームのあるバッグは、新鮮なシルエットと乙女心をくすぐるぷっくりとした表情が魅力的。キュートなデザインからモードでエレガントなアイテムまで、カラーも豊富なラインナップから新しくコレクションに加えたいパファーバッグを人気ブランドから集めました。

— ADの後に記事が続きます —

プラダ(PRADA)

 まず最初にご紹介するパファーバッグは、ハズレなしの新作が豊富な「プラダ(PRADA)」から。ラフ・シモンズの加入により、エッジィな感度とレディなスタイルが共鳴し弾むような、見ているだけでも楽しいコレクションがリリースされています。ナッパレザーをキルティングで構築したこちらのバッグは、大き目のボディにレタリングロゴを控えめにパッチ。プラダには珍しい、ボリューミーなゴールドのチェーンをアクセントにプラスしています。

サンローラン(SAINT LAURENT)

 スモーキーなグリーンが秋冬のムーディーな気分にマッチする、「サンローラン(SAINT LAURENT)」の「ルル パファーバッグ」。大人の余裕を感じるラフな表情の中に色気を漂わせる艶感が、カワイイだけではない洗練されたやわらかさをアピール。二重にして肩掛けにできる、レザーパッド付きのチェーンでシーンに合わせ持ち方も選べます。メタルイニシャルとボリューミーなフォルムが、アウターの上でも映えるアクセサリーのようなアクセントを叶えてくれそう。

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

 パッドがイントレチャート編みにされた「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」の「パデッド カセット」。ブランドを代表するショルダーバッグとして人気を集めているこちらのパファーバッグは、選べるカラーリングで自分の好きを優先できるところも嬉しいポイント。ふわふわとしたシルエットを引き締める、ショルダーストラップのトライアングルバックルでメリハリとエッジを効かせて。

ヴェルサーチェ(VERSACE)

 辛口で隙の無いパファーバッグをお探しならば、「ヴェルサーチェ(VERSACE)」のミニショルダーがおすすめ。深みのあるゴールドのハードウェアと、V字に刻まれたキルティングでなびかないクールな印象に。グラフィックが優美な内側のディテールには、カードスロットを3つ採用し、使い心地も抜かりなし。

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)

 モードなアイコンアイテムを多くリリースしている「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」からご紹介するパファーバッグは、2018年のルックで登場して以来、人気シリーズとして注目されている「Glam Slam」。大きなピローのようなサイズデザインが目を引くシリーズですが、サイズも種類豊富に続々と登場しています。こちらはころっとしたサイズがキュートなミニショルダー。チェーンなしではクラッチとしても使えます。もちろん、雲のようにふわりとしたフォルムは健在です。

カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)

 手にしやすいプライスと、実用的でモードなデザインが揃う「カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)」。収納力のある変幻自在なパファーバッグは、プライベートシーンに頼れる存在として重宝しそうな予感。ブラックのウェアにシルバーアクセサリーを身に着けたような、生前のカール・ラガーフェルドのスタイリングを凝縮したポリシーを感じるバッグです。

モンクレール(MONCLER)

 秋冬アウターの定番ダウンジャケットを切り取ったような、こちらのパファーバッグは「モンクレール(MONCLER)」のアイテム。メタルのキャリーハンドルがワンポイントになった大きなトートは、ふたつに分かれたコンパートメントで使いやすさも文句なし。レザーのクラッチストラップでスタイルの変更も可能です。オフィスにもマッチするカラーデザインなので、気分を変えたいシーンに携えていくのも◎

マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)

 最後にご紹介するパファーバッグは、ハッピーなオーラ溢れる「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」のトート。ふたつ頭のテディがトレードマークの「Heaven By Marc Jacobs」は、ジェンダーレスなウェアやアイテムを展開するキャッチーでポップなコレクション。ミルキーなパープルを一点投入し、自由で自分らしいファッションを楽しんでみては?

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング