Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion今決めたい、最新・最鋭アイテム

【連載】今決めたい、最新・最鋭アイテム -KICS DOCUMENT. 2021SS-

Image by FASHIONSNAP.COM
Image by: FASHIONSNAP.COM

 国内で活躍するブランドの最新・最鋭アイテムを紹介する連載第4弾は、武石佳南子が手掛ける「キクスドキュメント.(KICS DOCUMENT.)」。2021年春夏コレクションはテーラリング技術を応用しながら着心地から手入れまでストレスフリーを意識して製作したというデイリーウェアが揃います。デザイナーのこだわりを紐解きながら、シーズンを先取りして"今決めたい"最新で最鋭のアイテムを3点紹介します。

KICS DOCUMENT.
 2012年にシャツからスタート。ルーツは「テーラリング」で、製品の全てにその理論や考え方が取り入れられている。2014-15年秋冬コレクションよりジャケットやパンツを本格的に展開。デザイナーの武石佳南子は、日本大学芸術学部デザイン学科工業デザインコースを卒業後、ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)で ファッションデザインとメンズテーラーリングを学ぶ。人間工学を取り入れた立体パターンと、素材から縫製・加工までAll Made in Japanに拘ったもの作りが特徴で、祖父が靴職人であったこともあり「日本の職人技を守り、継承する」ことを第一の目的としブランドを運営している。
オフィシャルサイト

#1:HEAVY OX BASIC SHIRT

F:キクスドキュメント.と言えば、このセットインスリーブのシャツですね。

武石:創業時からずっとアップデートしながら作り続けているシャツです。そもそものルーツが下着で平面的な造りをしているシャツをテーラリングの考え方でデザインしたことからセットイン縫製になっていて。パターンも特殊で、後ろの袖の部分にゆとりがある前振袖にしていて、後ろ見頃にタックやギャザーは入れず、肩が凝らないようバイアスを使ったカーブヨークを採用しています。かなり手間がかかる仕様なので、縫製工場の方に嫌がられることもあるほど(笑)。私の知る限りだと、国内では1社しか量産して頂ける工場がないんですよね。

F:手間がかかるだけあって、着心地は流石です。サイズ感はジャストなものを購入される方が多いですか?

武石:2〜6の5サイズで展開しているんですが、今はトレンドもあってか6(XL相当)が人気ですね。パターンメイキングのこだわりを知ってもらいたいので、デザイナーとしてはジャストサイズを選んでほしい、という思いは正直ありますが(笑)。でも実際に、3サイズをまとめ買いして、シーンやスタイルにあわせて使い分けるお客様もいます。

F:生地はオックスフォードですが、ドレスシャツのディティールも入っていますね。

武石:通常の1.6倍ほど密に織ったオックスで、キクスドキュメント.の中でも一番ヘビーな素材なんですが、一見カジュアルに見えるところをドレスシャツの仕様を取り入れバランスをとっています。脇線はロック縫いではなく折り伏せ本縫いで、着心地と耐久性を持たせています。アームホールは2mm幅のダブルステッチにしているんですが、これ実は1本1本別でステッチを入れていて。腕のある職人さんじゃないとできない縫製なんです。あと一番下についている貝ボタンのブランドロゴは、レーザーで刻印を入れた後に職人さんに1点ずつ墨を入れてもらっています。

F:ハードな素材でアイロンをかけなくても着られそうです。

武石:キクスドキュメント.の服は立体のものが多く、アイロンがかけづらいものが多いんですよね(笑)。このシャツも袖が立体なので、私自身もアイロンをかけようと思うと苦戦します。ただ、洗い映えするようシワさえもデザインになるような素材を選んでいるので、基本的にはアイロンなしで着用して頂けると思います。

#2:GABARDINE DOUBLE TUCK PANTS

F:こちらはかなりワイドなパンツですね。タックの分量もすごい。

武石:何センチとは言えませんが、タックはこれまでのパンツの常識を覆すような深さです(笑)。これは日本人男性に似合うカッコいいパンツを作りたいと考えてデザインしたもので、背が高くない人でも似合うよう太めにしていて。見た目に存在感がありますが、履きやすさも追求した1枚です。

F:こちらもパターンや見えない部分に工夫がありそうです。

武石:ベルト部分はマーベルト仕様でドレス風に仕上げています。厚い生地だと腰回りがごわつくので、バイアス地のマーベルトで腰に沿うようにすっきりとさせました。体型がカバーできるので女性も履きやすいと思います。

F:素材はコットンとポリエステルの混織なんですね。

武石:いわゆるTCと呼ばれるもので、トレンチコートに使われる素材です。同じ形でカーゴパンツもあるんですが、これはカジュアル過ぎずドレッシー過ぎないものを求めていたのでTCにしました。あとテーラリング業界ではインスタ映えより前から「仕立て映え」という言葉があるんですが、この生地は「仕立て映え」がとてもよくて。高密度の生地に多いんですが、縫製したときにバシッと決まる感覚があるんです。そういった意味でも自信作の一つです。

#3:VINTAGE TWILL OVER COAT

F:最後は袖のパターンが特徴的なコートです。ハンガーに掛けた状態だと内肘が吊っているようにも見えますが、どういう作りになっているのでしょう。

武石:これも本当にパターンが複雑なので工場泣かせなアイテムで(笑)。バナナスリーブなんですが、肘のところが曲がっていて手を前にしているときの身体に合わせた作りになっています。

F:まさに立体的で可動域がありますね。腕を通した時にその違いがわかりました。素材は滑らかで独特な質感ですが上品な印象です。

武石:空気を孕ませながら撚った糸を使っています。「熟成綿」という紡績する段階で寝かせたものを使用していて、空気を孕んでくれるから高密度で編んでも柔らかい風合いになるんですよ。

F:色展開は黒とカーキ、そしてグレンチェックが少し珍しいですね。

武石:特にこのコートは男性だけではなく、女性にも着て欲しいと思って作ったものなんです。それで色柄のバリエーションを持たせたり、ラグランスリーブで肩幅を問わず着られるようにしています。

F:女性のお客さんも増えていますか?

武石:男女比で言うと、創業当時から変わらず男7:女3の割合ですね。ただ2019年4月末に唯一全商品が揃うアトリエショップ(神宮前1-1-1 503)を神宮前にオープンしたんですが、女性のお客様も結構来て頂いています。私が接客もしていますし、これらのアイテムの試着も可能なので是非一度来店頂けると嬉しいです。

■その他、予約購入サイト「TWO:REVERSE」ではKICS DOCUMENT. 2021 SS 厳選アイテムのプレオーダーを受付中!(8月14日まで)
KICS DOCUMENT.アイテム一覧ページへ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング