お買いモノ

ひとつで手元の印象を格上げ シグネットリング19選

 もともとはメンズジュエリーだったシグネットリングですが、性別関係ない手元のおしゃれになりました。大ぶりで存在感があるデザインも多く、ひとつ身につければ手元にエッジを加えてくれます。人気の「トムウッド(TOMWOOD)」など、デザイン別に注目アイテムをチェック!

ベーシックなソリッドタイプ

 「ヴェトモン(VETEMENTS)」 のシルバーのシグネットリングは、角がとれたスクエアシェイプ。フロントとサイドには、ブランドイニシャルである「V」マークのエングレービングがアクセントになっています。裏側にサイズ記載あり。

 「オール ブルース(ALL BLUES)」のシグネットリングは、正方形の端正なフォルム。18Kゴールドの輝きを強調したポリッシュ仕上げのフロントと、テクスチャーのあるブラッシュ仕上げのサイドとで異なる質感が楽しめます。ハンドメイドです。

 「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のシグネットリングは、まるでクッションのようにぽってりとしたスクエアモチーフがポイント。大ぶりですが、無骨になりすぎないエレガントさも感じさせるデザインです。ブラス製。

 センシュアルなデザインで注目の新進デザイナーによる「ルドヴィック デ サン サーナン(Ludovic de Saint Sernin)」。こちらのリングはなんと人のお尻がモチーフに!つややかなゴールドと、なめらかで美しい曲面の組み合わせを堪能したいアイテムです。

 「イザベル マラン(ISABEL MARANT)」のオーバルシェイプのリング。ヴィンテージムード漂う、こなれ感のある一品です。

 ギリシャ発の「ガレリア アルマドロ(Galleria Armadoro)」のシグネットリング。フロントのサイドには、トライアングル型に細かなラインストーンがあしらわれています。ラウンドシェイプとも相まって、フェミニンなスタイルに仕上がっています。

 トレンド感を抑えたベーシックスタイルが揃う「アイリス & インク(Iris & Ink)」。こちらのシンプルなシグネットリングはシルバーとゴールドの2色展開です。お財布にやさしいプチプライスなので、色チ買いして毎日のスタイルに合わせて付け替えても。

 シルバーとゴールド、どちらかひとつを選べないなら、こんな「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」のリングはいかがでしょうか?半分ずつシルバーとゴールドに分かれたユニークなデザインです。合わせやすいベーシックなラウンドシェイプに、程よいエッジを加えています。

 「エマヌエーレ ビコッキ(EMANUELE BICOCCHI)」のシルバーのシグネットリングです。ヘキサゴンシェイプでさりげなく個性を主張できます。サイドにはエンボス加工のライン入り。

関連記事
ネックレスからリングまで ユニセックスで楽しめるチェーンアクセサリー11選

じわじわ注目度アップ中のスリムデザイン

 最近、じわじわ増えているのが、こんな横長スリムなオーバルシェイプのシグネットリング。オーストラリア発の「ディア レターマン(Dear Letterman)」のリングは、上質な素材と伝統的な技法で製作されています。縁のデザインがアクセントになっているこちらのリングは、24Kゴールドのメッキが施されたシルバー製です。

 「リック・オウエンス(Rick Owens)」とのコラボでも知られる「パーツ オブ フォー(Parts of Four)」のリング。風合いのあるスターリングシルバー素材に、ラフなダイヤモンドが一粒埋め込まれています。

モチーフ付きのシグネットリング

 ニュージーランド発のストリートウェアブランド「ストールン ガールフレンズ クラブ(Stolen Girlfriends Club)」。こちらのリングは、未加工のブラックジェイド(ヒスイ)がフロントに取り付けられています。天然素材ならではのラフさが◎。

 少しキッチュなモチーフを、絶妙なセンスでモダンに仕上げる「アラン クロチェッティ(Alan Crocetti)」。造形美が特徴のロンドン発のジュエリーブランドです。こちらはブランドモチーフのサソリとバラのイラストが刻まれたデザイン。横から見るとアワーグラスシェイプになっている点にも、クラフトマンシップが感じられます。

関連記事
ステラやバーバリーも、「マッチズファッション」がサステナブルなブランドにフォーカスした新セレクション発売

 シグネットリング人気の火付け役と言っても過言ではないブランドといえば「トムウッド(TOMWOOD)」です。デザインも素材も豊富なリングから、スモーキーグレーのクォーツがあしらわれたこちらをピックアップ。落ち着いた華やかさをプラスしてくれます。

 ブラウンのアゲート(メノウ)素材に「フェンディ(FENDI)」の「F」モチーフが配されたスクエアタイプのリング。アール・デコの工芸品のようにも感じられるデザインです。

 バルセロナのスタジオでひとつずつハンドメイドされる「ウィルヘルミナ ガルシア(Wilhelmina Garcia)」は、子ども自体を思い起こさせるようなキュートなモチーフで注目度急上昇中のブランドです。お守りとして身につければ、クローバーが幸運を引き寄せてくれるかも?

 「トムウッド」のこちらのリングは、全面にミステリアスなエングレービングが施されています。抜群の存在感でおしゃれをワンランクアップしてくれること間違いないしのアイテムです。

 天然ルビーが鮮やかな「ノーヴェ ヴェンティ チンクエ(Nove25)」のリング。エンボス加工と合わせてデコラティブな仕上がりです。プレーンなコーディネートもぱっと華やかにしてくれそう。

 シャープなスクエアフォルムとホワイトストーンのコントラストが映える「ケネス ジェイ レーン(Kenneth Jay Lane)」のシグネットリング。クリーンなデザインで、ノーブルさ漂うデザインです。

関連記事
夏のメンズファッションにプラスワン【リング編】

※表示価格は全て各サイトにおける販売価格を反映しています。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング