お買いモノ

春に向けて新調したい、注目6ブランドから選ぶメンズのシルバーリング24選

 暖かくなるにつれてアウターのボリュームが減ってくると、バランスを取るように新しいジュエリーでも付けようかなという気になってきました。主張強めのゴールドよりも、清潔感のあるシルバーが今は気分。さりげなく付けられるリングがちょうど良いです。北欧発の「オール ブルース(ALL BLUES)」や「トムウッド(TOMWOOD)」、アパレルの世界観を手元でも感じられる「ジル サンダー(JIL SANDER)」など、おすすめの6ブランドからアイテムを紹介します。

関連記事
洗濯も簡単、スウェットパンツの時代到来を感じさせるスタイリッシュな15アイテム

一貫したデザイン哲学や 理念が感じられるブランド選びを

 春物の洋服を買おうと思ってもこのご時世だからか、ついリラックスできるかどうかや、機能的な素材のものや、アウターでもこまめに洗濯できるかどうかみたいな基準で選びがちで、なんだかファッションに対するワクワクが弱まっているというか、刺激に欠けてしまっています。

 それでも春に向けて何か買い物をしたいなと思った時に、思い浮かんだのがジュエリーでした。早速、伊勢丹新宿店メンズ館に足を運んで店員さんに色々聞きながらあれやこれやと悩んで、結局「トムウッド(TOMWOOD)」の「Cushion」というシルバーのリングを買ったのですが、その時にディスプレイを見ながら感じたのは、ジュエリーというのはある意味アパレル以上にデザインセンスが統一されたものだということでした。

 要はブランドによって「イケてる」か「イケてないか」がはっきり分かれると言いますか。素敵なリングを見つけた時に、ついでに同じブランドの他のデザインもチェックしてみるとみんな素敵で、逆にピンと来ないブランドはことごとく…、という感じでした。なので本記事のアイテムセレクトが定番ブランド多めになってしまったのはそういう理由です。

 また、そうした一貫したデザイン哲学に加えて、今回紹介している「オール ブルース(ALL BLUES)」や「ブルー・バーナム(Bleue Burnham)」のようにサステナブルな理念を持ってジュエリーを作っているブランドはより魅力的だと思います。長い間身に付けるからこそ、自信を持って愛用できるものを選びたいですね。

ALL BLUES

 2010年にスウェーデンのストックホルムで設立された「オール ブルース(ALL BLUES)」のシルバーリングは、そのすべてにリサイクルされたスターリングシルバー(925)を用いて、さらに制作はすべて地元ストックホルムの職人たちの手作業によって行なっているブランドです。こうした「地に足のついた」ブランド理念はデザインからも感じ取ることができ、アイコニックな「Rauk」などはスウェーデンのゴットランド島沿岸特有の岩層から着想を得たものだといいます。

関連記事
花粉とウイルスをW予防 おしゃれなだけじゃないメタルフレームのメガネ16選

TOM WOOD

 2013年の設立以来、ジュエリー好きには男女ともにすっかり定番ブランドとなった「トムウッド(TOMWOOD)」ですが、2021年春夏コレクションから新たにヘッドデザイナーとして就任したマティア・ヴァン・セヴェレン(Mattia Van Severen)の参加によって、進化の時を迎えています。これまでのデザインのファンは今のうちに定番アイテムを手に入れておくも良し、ウェアラインも含めて新コレクションに反応したファンは1stシーズンを逃さないようにしたいですね。

関連記事
ひとつで手元の印象を格上げ シグネットリング19選

Bleue Burnham

 続いては「ブルー・バーナム(Bleue Burnham)」。UK版の「i-Dマガジン」の特集記事でその名前を知り、イギリス発のメンズブランド「オリバー・スペンサー(Oliver Spencer)」のサスティナビリティ部門の責任者を務めていたという出自や、人気セレクトショップ「Goodhood」でも取り扱われるなど、イーストロンドンのカルチャーに根ざしたブランドであるということに興味を持ちました。サファイアで花を表現するというユニークなセンスや、リサイクルシルバーを使用したエシカルなアプローチなど、設立は2018年とまだ若いですが確立されたブランドイメージを持っている点も魅力です。

JIL SANDER

 刻印はすべて内側にのみで、しかも最低限。アパレルラインと同様に「ジル サンダー(JIL SANDER)」の極限まで削ぎ落とされた引き算の美学はシルバーリングにも通底しています。とは言え、絶妙な風合いやボリューム感によってオリジナリティを出しているところがさすがで、個人的にはピアスのようなオープンバンドデザインの「クラシック 4 リング」がオススメです。

Maison Margiela

 くすみ加工を施したデザインが多めな「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」のシルバーリング。ブランドロゴが刻印されたものや、定番の「Numbers」シリーズも充実していますが、少しシンプルめの方が長く身に付けることを考えると馴染みそうですし、このくらいの無機質さが「っぽい」ですよね。アイコニックなステッチデザインのリングは、2個付けするとおなじみのスクエアシェイプのステッチが完成。定番ではありますが、かなりユニークなのであえてピックアップしてみました。

BOTTEGA VENETA

 今年1月に公式SNSを突如削除したことで、新たなPRアプローチの模索であるかなど色々と憶測を呼んだ「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」。先日(2月10日)発表されたお馴染みタイロン・ルボン撮影による2021年春夏コレクション「Salon 01」のキャンペーンビジュアルは相変わらず素晴らしく、まだまだ注目ブランドとして健在そうです。シルバーリングのデザインとしては今回紹介した中でもとりわけ大ぶりなものが多いのが特徴で、かと言ってアンティーク加工が施された仕上がりが過度な主張を抑えてくれるので上品です。

関連記事
SNS疲れ? 「ボッテガ・ヴェネタ」のインスタ削除について考える

今回の選者は...
ワタナベ ヨウスケ
ファッションカルチャー誌でエディターとして働いた後、現在はデジタルコンテンツを中心としたデジタルクリエイティブエージェンシー「IN FOCUS」に所属。クリエイティブプロデュース、コピーライティング、プロダクション業務など幅広く活動中。
@yohsuke_watanabe
https://www.in-focus.co.jp

※表示価格は全て各サイトにおける販売価格を反映しています。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング