Image by: adidas

Sportsまとめ

欧州サッカー「プレミアリーグ」ユニフォームデザイン&サプライヤーは?

 11月にワールドカップの開催を控え、ますます盛り上がりを見せるサッカー界。8月にはいよいよ欧州でリーグ戦が開幕し、各地で熱戦が繰り広げられます。プロサッカーを楽しむ上では、「ナイキ(NIKE)」や「アディダス(adidas)」、「プーマ(PUMA)」などのサプライヤーが手掛けたユニフォームも見どころの一つ。この記事では、イングランドのプロサッカーリーグ プレミアリーグ各チームの2022-23シーズンユニフォームをデザイン別に紹介します。

Image by adidas
Image by: adidas
— ADの後に記事が続きます —

セットインタイプ

クリスタル・パレスFC

チーム名:クリスタル・パレスFC
サプライヤーブランド:macron
ホーム:レッド×ブルー
アウェイ:ホワイト×レッド×ブルー

 クリスタル・パレスFCの新ユニフォームは手書き風のグラフィックデザインが特徴。環境に配慮した素材「ECO FABRIC」を使用しています。また、今シーズンからサプライヤーが「プーマ(PUMA)」から「マクロン(macron)」に変更となっています。

ノッティンガム・フォレストFC

チーム名:ノッティンガム・フォレストFC
サプライヤーブランド:macron
ホーム:レッド
アウェイ:イエロー

 ノッティンガム・フォレストFCは、引き続き伝統的な赤色をメインカラーに採用。袖と脇にはノッティンガムのシンボル トレント橋のグラフィックをあしらいました。アウェイユニフォームは色違いのイエローです。

トッテナム・ホットスパーFC

チーム名:トッテナム・ホットスパーFC
サプライヤーブランド:NIKE
ホーム:ホワイト
アウェイ:ブルー

 トッテナム・ホットスパーFCの今シーズンのユニフォームは、白を基調として首元と袖に蛍光イエローのラインを配したシンプルなデザイン。アウェイユニフォームはブルーをベースに蛍光イエローをアクセントに採用しています。

リーズ・ユナイテッドFC

チーム名:リーズ・ユナイテッドFC
サプライヤーブランド:adidas
ホーム:ホワイト

 リーズ・ユナイテッドFCの新ユニフォームは、引き続きホワイトをベースカラーに採用。昨シーズンは肩口にイエローの3本ラインをあしらっていましたが、今シーズンはブラックのラインに変更し、よりメリハリのあるデザインになっています。

ブレントフォードFC

チーム名:ブレントフォードFC
サプライヤーブランド:Umbro
ホーム:レッド
アウェイ:イエロー

 ブレントフォードFCは、サポーターの金銭的負担の軽減と、サステナブルへの貢献を目的として2021-22シーズンと同じユニフォームを引き続き使用。2010年以来、2シーズンにわたり同じユニフォームを着用するチームはブレントフォードFCが初めてなのだとか。ユニフォームは伝統の赤白ストライプです。

ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC

チーム名:ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC
サプライヤーブランド:Castore
ホーム:イエロー
アウェイ:グリーン

 「ウルブス」の愛称で知られるウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCは、今シーズンからサプライヤーを「アディダス(adidas)」から「カストレ(Castore)」に変更。イエローにブラックを組み合わせた伝統のカラーリングです。

【次のページは】ラグランタイプや襟付きタイプのユニフォーム、昨シーズンの王者 マンチェスター・シティFCなど

「サッカー」とは何か 戦術的ピリオダイゼーションvsバルセロナ構造主義、欧州最先端をリードする二大トレーニング理論 (footballista)
著: 林舞輝
ブランド: ソル・メディア
メーカー: ソル・メディア
発売日: 2020/06/01
価格: ¥1,760(2022/07/12現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング