Image by: adidas

Sportsまとめ

欧州サッカー「セリエA」ユニフォームデザイン&サプライヤーは?

 11月にワールドカップの開催を控え、ますます盛り上がりを見せるサッカー界。8月にはいよいよ欧州でリーグ戦が開幕し、各地で熱戦が繰り広げられます。プロサッカーを楽しむ上では、「ナイキ(NIKE)」や「アディダス(adidas)」、「プーマ(PUMA)」などのサプライヤーが手掛けたユニフォームも見どころの一つ。この記事では、イタリアのプロサッカーリーグ セリエA各チームの2022-23シーズンユニフォームをデザイン別に紹介します。

Image by adidas
Image by: adidas
— ADの後に記事が続きます —

セットインタイプ

ユヴェントスFC

チーム名:ユヴェントス
サプライヤーブランド:adidas
ホーム:ホワイト
アウェイ:ブラック

 ユヴェントスのホームユニフォームは、伝統的な白黒のストライプをアップデート。ストライプに使用されている三角形の幾何学模様は、本拠地「アリアンツスタジアム」の建築様式から着想を得ているそう。また、胸元の「Jeep」ロゴにもマイナーチェンジが施され、稲妻が描かれました。

ASローマ

チーム名:ASローマ
サプライヤーブランド:New Balance
ホーム:レッド

 ASローマのホームユニフォームは、濃度の異なるえんじ色を組み合わせたクラシックな色使いが特徴。柄として採用されている丸を点線で繋げたグラフィックには、丸部分に1930年代に使用していたエンブレムを採用しています。バックの首元には「ローマの息子」を意味する「Figli di Roma」の文言をあしらいました。

ACミラン

チーム名:ACミラン
サプライヤーブランド:PUMA
ホーム:ブラック×レッド

 昨シーズンのセリエA王者・ACミランのユニフォームはブラックを基調とし、ロッソネロと呼ばれる伝統的な赤と黒のストライプをあしらったデザイン。昨季のユニフォームはストライプの幅が異なるデザインを採用していましたが、今年はオーソドックスな縦縞が復活しました。また、袖口にはイタリア国旗を連想させる配色を施しています。

エラス・ヴェローナFC

チーム名:エラス・ヴェローナFC
サプライヤーブランド:macron
ホーム:ブルー
アウェイ:イエロー

 エラス・ヴェローナFCの今シーズンのユニフォームでは、これまでに引き続きブルーを基調に差し色としてイエローを採用。クラブ創設120周年を迎えるにあたり、初期のユニフォームに使用していた十字架をモチーフにエンボスグラフィックをあしらいました。

UCサンプドリア

チーム名:UCサンプドリア
サプライヤーブランド:macron
ホーム:ブルー
アウェイ:ホワイト

 「世界一美しいユニフォーム」と称されることもあるUCサンプドリアの今シーズンのユニフォームは、青を基調として白・赤・黒の水平ストライプを配する伝統的なデザインを採用。昨季は首元がスリットネックのデザインでしたが、今季はクロスオーバーVネックの仕様に変更になっています。

アタランタBC

チーム名:アタランタBC
サプライヤーブランド:Joma
ホーム:ブルー×ブラック
アウェイ:ホワイト

 アタランタBCの今シーズンのユニフォームは、伝統的なブルーとブラックのストライプを継承しつつも、ネックのデザインを襟付きから襟なしに変更。胸元には「俊足の女神アタランタ」のエンブレムをあしらっています。アウェイユニフォームは白を基調として薄くストライプ柄を配したデザインです。

レッチェ

チーム名:レッチェ
サプライヤーブランド:クラブ独自ブランド「M908」
ホーム:イエロー×レッド
アウェイ:ホワイト
サード:レッド

 レッチェの今シーズンのユニフォームは、お馴染みのレッド×イエローの配色でペンキで塗ったようなストライプを採用。昨シーズンのものと比べてストライプの幅が広くなっています。アウェイではホワイトを基調として、ブルーを差し色に使い爽やかな印象に仕上げました。

ACモンツァ

チーム名:ACモンツァ
サプライヤーブランド:lotto
ホーム:レッド
アウェイ:ホワイト

 今シーズンからセリエAに昇格したACモンツァのホームユニフォームは、赤を基調として白を差し色に使ったデザイン。アウェイユニフォームはホームと同じデザインで、色を反転させています。

USサッスオーロ・カルチョ

チーム名:USサッスオーロ・カルチョ
サプライヤーブランド:PUMA
ホーム:ブラック×グリーン
アウェイ:ホワイト×グリーン

 USサッスオーロ・カルチョの新ユニフォームは、胸から下の部分にチームの伝統である緑と黒のストライプを採用。セリエAでは22-23シーズン以降、視認性の観点からプレーヤーが緑のユニフォームを着用することを禁止としましたが、USサッスオーロ・カルチョはホームユニフォームであることや、緑一色ではないといったことを理由に、緑を取り入れたユニフォームの着用が許可されています。

ボローニャFC

チーム名:ボローニャFC
サプライヤーブランド:macron
ホーム:レッド×ブルー
アウェイ:ホワイト

 ボローニャFCは、昨シーズンまでシンメトリーだった伝統的なレッドとブルーのストライプを左右非対称のデザインに変更。チーム名を表す「BFC」の文字をジャカード織りで全面にあしらいました。また、環境に配慮した素材「ECO FABRIC」を採用しています。

【次のページは】ラグランタイプや襟付きタイプのユニフォーム、インテルやフィオレンティーナなど

欧州チャンピオンズリーグ 最新観戦ガイド 2022年版 (エルゴラッソ)
メーカー: 三栄書房
発売日: 2022/02/15
価格: ¥1,265(2022/07/12現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング