Image by: PUMA

Sportsまとめ

欧州サッカー「ブンデスリーガ」ユニフォームデザイン&サプライヤーは?

 11月にワールドカップの開催を控え、ますます盛り上がりを見せるサッカー界。欧州ではリーグ戦が開幕し、各地で熱戦が繰り広げられています。プロサッカーを楽しむ上では、「ナイキ(NIKE)」や「アディダス(adidas)」、「プーマ(PUMA)」などのサプライヤーが手掛けたユニフォームも見どころの一つ。この記事では、ドイツのプロサッカーリーグ ブンデスリーガ各チームの2022-23シーズンユニフォームをデザイン別に紹介します。

Image by PUMA
Image by: PUMA
— ADの後に記事が続きます —

セットインタイプ

1.FCケルン

チーム名:1.FCケルン
サプライヤーブランド:hummel
ホーム:レッド×ホワイト
アウェイ:レッド

 1.FCケルンは、サプライヤーを「ウールシュポルト(uhlsport)」から「ヒュンメル(hummel)」に変更。ホワイトを基調としながら、前面にレッドをあしらっています。アウェイユニフォームはレッドの単色で、襟元にホワイトを採用しました。

FCアウクスブルク

チーム名:FCアウクスブルク
サプライヤーブランド:NIKE
ホーム:レッド
アウェイ:レッド×ホワイト

 FCアウスクブルクの今シーズンのユニフォームは、伝統のレッドをメインカラーに採用。昨シーズンのユニフォームはストライプ柄をあしらったデザインでしたが、今シーズンはボーダー柄に変更となっています。

バイエル・レバークーゼン

チーム名:バイエル・レバークーゼン
サプライヤーブランド:Castore
ホーム:レッド
アウェイ:ブラック

 バイエル・レバークーゼンの新ユニフォームは、レッドを基調として音波のような模様をデザインに採用。昨シーズンはレッドとブラックのストライプ柄でしたが、今シーズンは首元と袖口に差し色としてブラックをあしらっています。

ボルシア・メンヒェングラートバッハ

チーム名:ボルシア・メンヒェングラートバッハ
サプライヤーブランド:PUMA
ホーム:ホワイト
アウェイ:ブラック

 ボルシア・メンヒェングラートバッハの今シーズンのユニフォームは、クラブの黄金期である1970年代前半のユニフォームから着想。ブラックとグリーンのストライプを採用し、クラシックな印象に仕上げています。

FCバイエルン・ミュンヘン

チーム名:FCバイエルン・ミュンヘン
サプライヤーブランド:adidas
ホーム:レッド
アウェイ:ホワイト

 FCバイエルン・ミュンヘンの今シーズンのユニフォームは、レッドを基調として太さの異なるボーダーをデザインに採用。胸元には、ブンデスリーガ優勝30回を表す5つ星をあしらっています。アウェイユニフォームはホワイトをベースに、アクセントとしてゴールドを配しています。

アイントラハト・フランクフルト

チーム名:アイントラハト・フランクフルト
サプライヤーブランド:NIKE
ホーム:ホワイト
アウェイ:ブラック

 長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトの新ユニフォームは、昨シーズンのブラックからデザインを一新し、ホワイトをメインカラーに採用。首元も襟付きからクルーネックに変更となりました。

ヘルタ・ベルリン

チーム名:ヘルタ・ベルリン
サプライヤーブランド:NIKE
ホーム:ブルー×ホワイト
アウェイ:ブルー

 ヘルタ・ベルリンの今シーズンのユニフォームは白を基調としてブルーのストライプを配したデザイン。今シーズンは首元と袖口のカラーをブルーからブラックに変更し、全体的に引き締まった印象に仕上げています。アウェイユニフォームは暗めのネイビーを採用したシックなデザインです。

1.FCウニオン・ベルリン

チーム名:1.FCウニオン・ベルリン
サプライヤーブランド:adidas
ホーム:レッド×ホワイト
アウェイ:ベージュ

  1.FCウニオン・ベルリンの新ユニフォームは、レッドを基調として細めの白ストライプをデザインに採用。昨シーズンはアクセントとして首元にホワイトをあしらっていましたが、今シーズンはボディのカラーと同じレッドを首元に配しています。

VfLヴォルフスブルク

チーム名:VfLヴォルフスブルク
サプライヤーブランド:NIKE
ホーム:グリーン
アウェイ:ブラック×グリーン

 VfLヴォルフスブルクの新ユニフォームは、明るめのライムグリーンを基調として、ネイビーをアクセントに採用。全面に配した独特な模様は、クラブのスポンサーであるフォルクスワーゲン社の開発車両のペイントから着想を得たのだとか。アウェイユニフォームはダークグリーンを基調としたシックなデザインです。

ラグランタイプ

ドルトムント

チーム名:ドルトムント
サプライヤーブランド:PUMA
ホーム:イエロー×ブラック
アウェイ:ブラック

 ドルトムントの今シーズンのユニフォームは、イエローをベースとして、クラシックな黒ストライプをデザインに採用。ストライプの部分には、クラブが創設されたレストラン「ツム・ビルトシュッツ(Zum Wildschütz)」の窓から着想を得た模様を細かくデザインしています。

ヴェルダー・ブレーメン

チーム名:ヴェルダー・ブレーメン
サプライヤーブランド:Umbro
ホーム:ホワイト×グリーン
アウェイ:ピンク

 2年ぶりに1部昇格を果たしたブレーメンの新ユニフォームは、グリーンとホワイトをベースに、クラブエンブレムから着想を得た抽象的な模様をデザインに採用。アウェイユニフォームはサーモンピンクをベースとして袖に緑のラインが入ったシンプルなデザインです。

VfLボーフム

チーム名:VfLボーフム
サプライヤーブランド:MIZUNO
ホーム:ネイビー
アウェイ:スカイブルー

 VfLボーフムは、サプライヤーを「ナイキ(NIKE)」から「ミズノ(MIZUNO)」に変更。新ユニフォームはネイビーを基調として、ホームスタジアム「ルーアシュターディオン」から着想を得た模様をデザインに落としこんでいます。

シャルケ04

チーム名:シャルケ04
サプライヤーブランド:adidas
ホーム:ブルー
アウェイ:ブルー×ホワイト

 ヴェルダー・ブレーメンと同じく2年ぶりに1部復帰を果たしたシャルケ04は、サプライヤーを「アンブロ(Umbro)」から「アディダス(adidas)」に変更。ブルーをベースにした定番の配色ながら、今シーズンは首元に差し色としてホワイトをあしらっています。

SCフライブルク

チーム名:SCフライブルク
サプライヤーブランド:NIKE
ホーム:レッド
アウェイ:ブラック
サード:ホワイト×ブラック

 SCフライブルクは、レッドをベースとして幅の細い白ストライプをデザインに採用。昨シーズンのユニフォームではナイキのスウォッシュがホワイトでしたが、新ユニフォームではブラックに変更となっています。

TSG1899ホッフェンハイム

チーム名:TSG1899ホッフェンハイム
サプライヤーブランド:Joma
ホーム:ブルー
アウェイ:イエロー

 TSG1899ホッフェンハイムの今シーズンのユニフォームは、昨シーズンのダークネイビーから変更し、ブルーをメインカラーに採用。ドイツ クライヒガウ地方の丘陵をイメージした模様を前面に落としこんでいます。

RBライプツィヒ

チーム名:RBライプツィヒ
サプライヤーブランド:NIKE
ホーム:ホワイト
アウェイ:レッド

 2021-22シーズンの王者 RBライプツィヒの新しいユニフォームは、ホワイトを基調としてレッドやグレーの模様をあしらったデザイン。アウェイユニフォームはレッドをベースに、クロスラインをデザインに採用しています。

VfBシュトゥットガルト

チーム名:VfBシュトゥットガルト
サプライヤーブランド:Jako
ホーム:ホワイト
アウェイ:レッド×ブラック

 遠藤航と伊藤洋輝が在籍するVfBシュトゥットガルトの新ユニフォームは、ホワイトを基調としてレッドのチェストストライプを配した伝統的なデザイン。ホームスタジアムやシュトゥットガルトの街並みをプリントしています。

1.FSVマインツ05

チーム名:1.FSVマインツ05
サプライヤーブランド:Kappa
ホーム:レッド
アウェイ:ホワイト

 1.FSVマインツ05の今シーズンのユニフォームは、レッドを基調として襟後ろや袖口をゴールドで彩ったデザインを採用。通常版のほか、ウクライナの平和を願うメッセージを胸に配した限定モデルが販売されています。

関連記事
サッカー襟付きユニフォームが復権の兆し ストリートシーンではヴィンテージユニが人気急上昇

2021 - 2022 欧州 サッカー 選手名鑑 - サッカー新聞 エルゴラッソ特別編集 -
メーカー: 三栄書房
発売日: 2021/09/14
価格: ¥4,998(2022/07/12現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング