お買いモノ

食欲の秋に注目したい、話題のスパイス調味料9選

 さまざまな食材が旬を迎え、美味しいものを食べる機会が増す“食欲の秋”。そこで、近年流行っている話題のスパイス調味料を取り入れて、旬の食材やいつものご飯をもっと美味しく変身させてみませんか?手軽で簡単に取り入れられるスパイス調味料を9選ご紹介します。

— ADの後に記事が続きます —

ガーリックソルト

 シーソルト、ローストガーリック、オニオン、パセリを配合したガーリックソルト。ミル付きで、挽きたての風味が楽しめるのも嬉しいポイント。肉料理、シーフード、パスタなどにひとふりすれば、簡単に味が決まります。

極上スパイス 喜(よろこび)

 1970年創業、宮崎県都城市にある福島精肉店がブレンドした、極上スパイス 喜。粉末醤油に塩、胡椒、ガーリック、パプリカ、レッドオニオンなど15種類の素材やスパイスを粗挽きして配合。“お肉が喜ぶ、素材が喜ぶ、食べた人が喜ぶ” のコンセプト通り、パッと振りかけるだけで思わず笑顔になれるとか。肉料理はもちろん、サラダ、スープ、チャーハン、天ぷらなどさまざまな料理の味を引き立ててくれます。

ハリッサ(アリッサ)

 「カルディ(KALDI)」オリジナル、地中海生まれの万能調味料ハリッサ。パプリカベースに、赤唐辛子、コリアンダー、クミン、ガーリックなどを加えたチリペーストです。スープや煮込み料理、炒め物など、いつもの料理にどこか異国の風味をプラスしてくれます。

魔法のだし塩 ドラゴンスパイス

 化学調味料無添加が嬉しい、黄金比で作られた万能調味料。だしの要素である藻塩、昆布に含まれるグルタミン酸と、肉のイノシン酸が合わさることでうま味が増し、肉料理が一層美味しくいただけます。肉に限らず和洋中どんな料理にもマッチし、クセになる味わい。

MISOスパイス -印度- カリーミックス

 明治18年創業の早川しょうゆみそが開発した、MISOスパイス。1年程熟成させた麦味噌、食塩、ローストガーリック、カルダモン、ホワイトペッパーなどをブレンドし、どんな料理にも和風カレーの風味をトッピングすることができます。みそをスパイスにするという新しい発見が楽しい一品。

 すでにご存知の人も多い黒瀬のスパイスは、キャンパーの間で必須アイテムにもなっている万能スパイス。食塩、醤油、胡椒、ガーリック、コリアンダー、唐辛子、バジルなどがミックスされていて、ステーキやフライドポテト、卵かけご飯や冷やしトマトなどにふりかけるとやみつきに。

チリシーズニング

 あまり馴染みのないこちらは、メキシコでは欠かせない国民的なチリスパイスです。高品質のチリ、乾燥ライムジュース、塩をブレンドした100%天然の調味料。見た目は辛そうですが、ライムの爽やかな香りが楽しめます。肉や魚、フルーツやアイスクリームなどにかけて、南国気分を味わって。

魔法のスパイス マキシマム

 宮崎県北諸県郡にある中村食肉が製造するオリジナル万能調味料。塩、胡麻、醤油、ナツメグ、カツオエキス、クミンなどを配合。肉や炒め物はもちろんですが、さっぱりサラダにひとふりしても美味しくいただけます。

ケイジャンナッツスパイス

 ピーナッツやカシューナッツのザクザクとした食感と、ケイジャンスパイスのスパイシーさがあとを引きます。食欲をそそる味わいで、枝豆や卵焼き、唐揚げやタコスなどお酒のおつまみと混ぜても相性抜群。

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

記事のタグ
ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング