お買いモノ

SSENSEで狙い目のセールバッグを売り切れ前にチェック!<メンズ&ウィメンズ>

 新年が幕を開け、お正月ムードも終わりいつもの日常に戻ってきた今日この頃。お買い物はじめとして盛り上がりを見せた初売りに引き続き、1月はまだまだセール熱がアツい!特にECサイトなら、混雑も時間も気にすることなくゆっくりとショッピングを楽しめ、今ならOFF率が更にアップと嬉しいことずくし。そこで今回は、デザイナーズブランドからインテリアやビューティまで、幅広く感度の高いアイテムを取り扱う「SSENSE」のバッグコレクションにフォーカス。ユニセックスで楽しめるラインナップの中から、2022年の相棒バッグを見つけてみませんか?

— ADの後に記事が続きます —

サカイ(sacai)

 まず最初にご紹介するのは、コラボレーションのニュースに毎シーズン注目が集まる「サカイ(sacai)」と「ポーター(PORTER)」のミニバッグ。必需品が収まるメインポーチと、デザインのアクセントにもなっているパッチポケットで使い勝手も◎。軽く丈夫な日本製のナイロン素材に、両ブランドのポリシーを感じます。

ジバンシィ(GIVENCHY)

 アクセサリー感覚で身に着ける、とっても小さなマイクロバッグが今トレンド。各ブランドがリップやコインしか入らないようなナノサイズのバッグをリリースし、そのおしゃれで贅沢なフォルムに人気が集まっています。オフィス内での相棒としてや、パーティシーンにもぴったりなアイテムです。

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)

 バッグやスモールレザーグッズの人気が高い「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」からは、スマートフォンやスリムウォレットを収納できるすっきりとしたデザインのネックポーチをチョイス。ストラップの長さを気分に合わせて調節できるので、ウェアに干渉せずお好みのスタイリングを堪能できます。

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)

 ウィメンズはもちろん、メンズにも愛用者が多く増えているコンパクトなショルダーバッグ。アイコンの'Tabi'とステッチをデザインしたアイテムは、コンパクトなボディながらファン垂涎ものの存在感を放ちます。OFF率も高く、数量も限られているので是非早めのチェックを。

ヴァレンティノ(VALENTINO)

 パーティはもちろん、カジュアルスタイルにも品を添えたい、そんなシーンにプラスワンしたくなる「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のミニ VLogo バッグ。控えめに輝くクリスタルカットがエレガントな、ジュエリーさながらの気品溢れるアイテムです。

ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)

 シンプルさの中にデザインの抑揚を感じる、紳士なメッセンジャーは「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」のアイテム。グレインレザーの質感は高級感があり、薄いボディで持ち運びのストレスも少ないので、カジュアルバッグのレパートリーに悩んでしまうというメンズにもおすすめです。

ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)

 「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」の定番人気バッグ、ファラベラ タイニートートも嬉しいセールプライスで登場しています。使い勝手の良いサイズ感と、シーンを選ばずに持てるデザインで、年齢を問わずデイリーに活躍する予感。長く愛されているアイコンバッグを、新年を機に新調してみてはいかが?

ジル サンダー(JIL SANDER)

 ボリューミーなショルダーと、端正なカーブを描くラムスキンのボディに魅了される「ジル サンダー(JIL SANDER)」のモダンなバッグ。クラッチバッグのように手に持つも良し、肩からラフに下げても良しの、都会的な洗練を漂わせるアイテムです。表側にはパッチポケット、内側にはカード入れを装備しスマートな所作を叶えます。

エムエム6 メゾン マルジェラ(MM6 Maison Margiela)

 お得なプライスと、デイリーに寄りそうおしゃれなデザインに夢中になる「エムエム6 メゾン マルジェラ(MM6 Maison Margiela)」。コンパクトなトートバッグは、おでかけに丁度良いサイズ感と肩ひじ張らないディテールで、センスの良さを引き立てます。アーティスティックなフロントポケットと、シグネチャーのステッチラインがチャームポイント。

エムエム6 メゾン マルジェラ(MM6 Maison Margiela)

 セカンドバッグやお買い物、旅行のお供に「エムエム6 メゾン マルジェラ(MM6 Maison Margiela)」のキャンバスビッグトートはいかが?キャリーハンドル2つとショルダーストラップを備えた、実用的なデザインは頼もしい限り。色違いやデザイン違いもセールにラインナップしているので、是非あわせてチェックを。

カラ(KARA)

 最後にご紹介するのは、オンオフ問わず活躍しそうな「カラ(KARA)」のバックパック。横に長い上品なシルエットで、アウトドア仕様のバックパックとは異なる魅力を放ちます。ショルダーストラップは長さ調節が可能なので、メンズも安心して背負うことができます。背面と内側にはポケットがパッチされ、実用性も申し分なし。

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング