ADVERTISING

スウォッチのおすすめモデル

Image by: SWATCH

「気軽に楽しめるセカンドウォッチ」スウォッチのおすすめモデル7選

FASHION

Image by: SWATCH

「気軽に楽しめるセカンドウォッチ」スウォッチのおすすめモデル7選

FASHION

Image by: SWATCH

 「オメガ(OMEGA)」とのコラボレーションアイテム発売日に1500人以上が詰めかけ、販売が延期されたことも話題となった「スウォッチ(swatch)」。この記事では、スウォッチの歴史や主要モデルを振り返るとともに、オメガ×スウォッチのアイテムに近い価格帯で購入できるスウォッチのおすすめモデルを紹介します。

ADVERTISING

スウォッチとは?

歴史

 スウォッチは、ニコラス・ハイエック(Nicolas Hayek)が1983年にスイスで創業した時計ブランド。1960年代から1970年代にかけて「セイコー(SEIKO)」など日本製クォーツ式時計の登場によりスイスの機械式時計がシェアを落としたことを受け、状況を打開するために「気軽に楽しめるセカンドウォッチ」をコンセプトに立ち上げられました。ユニークなデザインとリーズナブルな価格のほか、安心感のあるスイス製ということで成功を収め、スイスの時計産業は復活。グループ企業としても成長し、スウォッチ グループ(Swatch Group)はオメガや「ブレゲ(Breguet)」、「ハミルトン(HAMILTON)」など幅広いブランドを抱える時計業界最大のコングロマリットとなっています。

知っておきたい8カテゴリー

 スウォッチの時計にはコラボレーションやシーズナルアイテムなど多くの商品が存在しますが、それらは大きく「GENT」「NEW GENT」「IRONY」「LADY」「SKIN」「BIG BOLD」「CHRONO」「SISTEM51」の8カテゴリーに分類されます。型ごとに文字盤の直径やベルトの太さなどのディテールが異なるので、ベルトの交換の時は所持している型と同じカテゴリのベルトから選ぶ必要があります。

電池、ベルトの交換

 バッテリーが切れてしまった時は自分で交換をすることもできますが、破損のリスクや手間もあり、億劫に感じる人もいるかもしれません。スウォッチでは、カスタマーサービスの一環として国内全店舗でバッテリー無料交換サービスを提供。技術料のほか、バッテリー代も全て無料です。また、ベルトの交換も全店舗で対応していますが、こちらは有償となっています。

2万〜3万円で購入できるおすすめモデル7選

 それでは早速、おすすめのモデルを見ていきましょう。ビジネスシーンにもマッチするシックなものから、ファッショナブルなものまで、全7モデルを紹介します。

スーツやオフィススタイルにマッチするシックなモデル

SKINEARTH

SWATCHのSKINEARTH
Image by SWATCH

 最初に紹介するのは、アースグリーンが落ち着いた印象を与える「SKINEARTH」。ラバーストラップと同色の光沢のあるダイヤルが高級感を演出します。ホワイトとオレンジのインデックスがアクセントになり、遊び心も兼ね備えたモデルです。オフィススタイルにはもちろん、普段着にも取り入れやすそう。カテゴリはSKINに分類され、価格は税込2万1450円です。

SKIN SUIT BLUE

SWATCHのSKIN SUIT BLUE
Image by SWATCH

 薄型モデルの「SKIN SUIT BLUE」は、ブラッシュ仕上げのメタルブレスレットと深い青色の文字盤が腕元をクールに演出。鈍く輝くようにコーティングしたシルバーの針が高級感を引き立てます。視認性も申し分なく、スーツスタイルと特に相性が良さそうです。カテゴリはSKINで、価格は税込2万3100円。

SWATCH GREAT OUTDOOR

SWATCHのSWATCH GREAT OUTDOOR
Image by SWATCH

 「SWATCH GREAT OUTDOOR」は、水平方向のラインが入ったブラックのラバーストラップにステンレススチールが映えるクロノグラフウォッチ。ダイヤルにシルバーのサンレイ仕上げを施しているほか、カウンターに細かいくぼみを持たせて立体感を演出するなど、細部まで手の込んだ造りが特徴です。仕事用にはもちろん、シックな普段着に取り入れても良さそう。カテゴリはCHRONOで、価格は税込2万1450円です。

PETITE SECONDE BLACK

SWATCHのPETITE SECONDE BLACK
Image by SWATCH

 革新的なデザインが人気のSISTEM51からは、光沢のあるブラックダイヤルに日付窓をあしらったメカニカルウォッチ「PETITE SECONDE BLACK」を紹介します。6時の位置に小さなサブダイヤルを備え、赤い秒針がクールな印象を演出。ベルトにはレザーを採用し、エレガントなデザインをさらに引き立てます。価格は税込2万7940円です。

カジュアルなスタイルのアクセントになるカラフルデザイン

BLUSH QUILTED

SWATCHのBLUSH QUILTED
Image by SWATCH

 ゴールドカラーの文字盤とくすんだピンクのストラップが目を惹く「BLUSH QUILTED」。カジュアルなデザインですが、エンボス加工を施したレザーストラップがアクセントになりエレガントなイメージに。男女問わずユニセックスで着用できるので、パートナーとのペアウォッチにも最適です。ゴールドカラーのステンレススチールケースが付属します。価格は税込2万2000円。

BLUE IS ALL

SWATCHのBLUE IS ALL
Image by SWATCH

 クロノグラフウォッチ「BLUE IS ALL」は、澄んだ海のような品のある色味とサンレイの文字盤が特徴。ストラップにラバーを採用することでカジュアルさを演出し、様々なシーンで使いやすいデザインに仕上がっています。オメガ×スウォッチの海王星をモチーフにしたモデル「MISSION TO NEPTUNE」に色味やデザインで共通点が多いので、コラボアイテムを狙っている人は選択肢に追加しても良いかもしれません。価格は税込2万1450円。

GOLDEN LADY

SWATCHのGOLDEN LADY
Image by SWATCH

 最後に紹介するのは、ベゼルとストラップにポリッシュ仕上げのステンレススチールを採用した「GOLDEN LADY」。小ぶりなサイズ感とポリッシュ仕上げによりギラギラとした印象はなく、男女問わずスタイルに取り入れられそうです。サンレイ仕上げの文字盤にはイチョウの葉がデザインされています。カテゴリはIRONYで、価格は税込2万900円です。

店舗情報

 スウォッチは、現在国内にポップアップショップを含め6店舗を出店。東京・原宿に旗艦店を構えています。また、直営店以外では腕時計のセレクトショップ「チックタック(TiCTAC)」や、「オンタイム(Ontime)」などで取り扱いがあります。

■スウォッチ国内直営店
スウォッチストア原宿
場所:東京都渋谷区神宮前5-9-15

スウォッチストア渋谷 
場所:東京都渋谷区宇田川町29-8‎

スウォッチストアアクアシティお台場 
場所:東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場 3階 S308区‎

スウォッチストア大阪 
場所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-6-3‎

スウォッチ ポップアップストア HEP FIVE
場所:大阪府大阪市北区角田町5-15 5階

スウォッチポップアップストア パルコ福岡
場所;福岡県福岡市中央区天神2-11-1 新館 4階

ADVERTISING

Pen (ペン) 「特集:完全保存版 腕時計100の物語。」〈2017年12/1号〉 [雑誌]

Pen (ペン) 「特集:完全保存版 腕時計100の物語。」〈2017年12/1号〉 [雑誌]

編集: Pen編集部
メーカー: CCCメディアハウス
発売日: 2017/11/15
価格: ¥509(2022/04/20現在)

SHORT VIDEO

ショートビデオ

LATEST RELATED ARTICLES

最新の関連記事

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

マーケティング/リーダー候補

おやつカンパニー

マーケティング/リーダー候補

年収

430万 〜 null万

詳細を見る

ジャーナル

PUMAが「GLOBAL TOP EMPLOYER IN 2023」を受賞

PUMAが「GLOBAL TOP EMPLOYER IN 2023」を受賞

記事を読む

求人

VMDアシスタント

BALLY

VMDアシスタント

年収

430万 〜 500万

詳細を見る

ジャーナル

医療用ガウンを10万着生産! 職人やデザイナーなど未来のクリエイター発掘も手掛けるベンチャー企...

医療用ガウンを10万着生産! 職人やデザイナーなど未来のクリエイター発掘も手掛けるベンチャー企...

記事を読む

ジャーナル

ホスピタリティ業界にイノベーションを。日本の観光価値を高める新たな挑戦

ホスピタリティ業界にイノベーションを。日本の観光価値を高める新たな挑戦

記事を読む

ジャーナル

ナイキ、ワイデン+ケネディなどとも協業、ポートランド発のサスティナブル企業を率いるリーダーが実...

ナイキ、ワイデン+ケネディなどとも協業、ポートランド発のサスティナブル企業を率いるリーダーが実...

記事を読む

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント