Tsukasa Kudo(photo: hanayo)/Natsu Onodera(photo: Miyake Hidemasa styling: Koji Oyamada)
Tsukasa Kudo(photo: hanayo)/Natsu Onodera(photo: Miyake Hidemasa styling: Koji Oyamada)

Fashion 動画でみる

堀内太郎×長見佳祐×工藤司 動画連載「THINK FASHION.」VOL.3をYouTubeで生配信

Tsukasa Kudo(photo: hanayo)/Natsu Onodera(photo: Miyake Hidemasa styling: Koji Oyamada)
Tsukasa Kudo(photo: hanayo)/Natsu Onodera(photo: Miyake Hidemasa styling: Koji Oyamada)

 FASHIONSNAP.COMが、新動画コンテンツ「THINK FASHION.」をスタート。毎回さまざまなフィールドで活躍するファッションに関わるゲストが集い、ファッションの現在と未来について話し合います。第3回のテーマは「ファッションの拡張」。ゲストとして「タロウホリウチ(TARO HORIUCHI)」「ティーエイチ(th)」デザイナー 堀内太郎さん、「ハトラ(HATRA)」デザイナー 長見佳祐さん、「クードス(kudos)」「スドーク(soduk)」デザイナー 工藤司さん、司会に国立新美術館特定研究員の小野寺奈津さんを迎えてお届け。

 7月1日(水)20時から、FASHIONSNAP.COMのYouTubeチャンネルにてライブ配信します。

【更新】諸般の事情により、配信の延期が決定しました。新たな配信日時が決定次第、こちらのページにてご報告致します。楽しみにしてくださっていた皆様には申し訳ございませんが、何卒ご了承頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

— ADの後に記事が続きます —

出演者プロフィール

■堀内太郎

1982年、東京生まれ。2007年アントワープ王立美術アカデミー首席卒業。2010年春夏シーズンに「タロウホリウチ」を立ち上げる。2012年第30回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。 2018年秋冬コレクションより「ティーエイチ」をスタート。
関連記事:【インタビュー】ベーシックに宿る独創性、堀内太郎がメンズブランド「th」で原点へ(2018年10月掲載)

■長見佳祐

「ハトラ」主宰。フランスでクチュール技術を学び、2010年にハトラを設立。近年は3Dクロスシミュレーションの応用を通し、新しい身体感覚の在り方を模索している。主な出展に「Future Beauty -日本ファッションの未来性-」「JAPANORAMA」「Making FASHION Sense」など。2018年度 JFLF AWARD受賞。2019年度 Tokyo新人ファッションデザイナー大賞選出。
関連記事:【対談】HATRA×Synflux、効率化の先にあるクリエイティブは「新たな人間像の創造」 AIが変えるファッションデザインの未来(2020年2月掲載)

■工藤司

早稲田大学を卒業後、アントワープ王立芸術アカデミー進学後、中退。「ジャックムス(JACQUEMUS)」「JW アンダーソン(JW ANDERSON)」「ワイ・プロジェクト(Y/PROJECT)」などで経験を積んだのち、2017年に「クードス」を立ち上げ、2018年ウィメンズブランド「スドーク」を立ち上げる。写真家としても活動し2020年、TSUKASA KUDO PUBLISHINGを立ち上げ、写真集の出版も手掛けている。

■小野寺奈津
1987年生まれ。慶應義塾大学大学院美学美術史学専攻博士課程単位取得退学。愛知県美術館、資生堂ギャラリー学芸員を経て、現在国立新美術館特定研究員。これまで担当した主な展覧会に、2017年「第11回shiseidoart egg:沖潤子展」、18年「こいのぼりなう!須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション」、19年「クリスチャン・ボルタンスキ――Lifetime」がある。現在は「ファッション イン ジャパン 1945-2020―流行と社会」を準備中。

【動画連載】THINK FASHION.
01「ファッションの再定義」 ナカアキラ×青木明子(司会:FASHIONSNAP.COM 小湊千恵美)
02「正直に表現すること」横澤琴葉×玉田翔太×小林裕翔 (司会:STUDY編集長 長畑宏明)

Credit
Production: FASHIONSNAP.COM
Direction: Yoshiko Kurata

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング