Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion注目コレクション

+J ファーストコレクションを徹底レビュー!メンズ一番の買いは?

Image by FASHIONSNAP.COM
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「ユニクロ(UNIQLO)」が今日発売した話題のコレクション「+J」。ドカンと買ってきたのでイチオシアイテムを探すレビューを敢行!寸法ですが、ユニクロオンラインにて確認できますので詳しくはそちらをどうぞ。

>>ウィメンズ編はこちら

 ざっくりと評価をすれば、恐ろしいコストパフォーマンスの一言につきます。特にウールを使った重衣料は、「前人未到のコスパ」とプレスや業界関係者から溜め息が漏れたほど。縫製も非常に丁寧です。

01 タスマニアウールブレンドジャケット 1万2900円
02 ウールフランネルジャケット(NAVY) 1万2900円

 やはり一番人気だったのは注目を集めたジャケット類。タスマニアは3ボタンの段返り、ノッチドラペルでフォーマルに合わせられる王道なスタイルに対してウールフランネルはピークドラペルに2ボタンに仕立てられているのが特徴。ビジネスに合わせるなら前者、カジュアルにスタイルに気品をプラスするなら後者という使い分けが良さそうです。どちらもウールですが、フランネルのほうが軽さを感じさせる風合いでシーン関わらず悩みそうなトップ2アイテムです。

03 ウールフィールドジャケット 1万2900円
04 リバーシブルダウンジャケット 1万2900円

 どちらもカジュアル寄りのアイテムですが、リバーシブルダウンはビジネスシーンでも着用可。さすがにフィールドジャケットは難しそうですが、この価格なので余裕があればどちらもオススメです。ダウンジャケットは軽さを感じさせつつもしっかりと機能性を確保しているので薄手のトップスに合わせるだけで冬は越せそうです。リバーシブル仕様ですが、画像の側を表にして着るのが正解そうです。

05 チェスターコート 1万4900円
06 ウールダウンジャケット(キリカエ) 1万4900円

 ウールの重衣料となるこの2点。チェスターコートは、ウールフランネルと同じくカジュアルに合わせるのが良さそうです。思った以上に軽いので、傑作と言われる+Jのシャツに合わせるとより今回のコレクションを味わえそうです。ウールダウンジャケットは切り替えがあるため難易度は高め。リバーシブルダウンでは物足りない人はこちらを。

07 スリムフィットストレッチブロードシャツ(長袖) 3990円
08 カシミヤストール 9990円

 絶対に買いたいと皆が挙げたのがこの2つ。今回のコレクションで基軸となるのがこのシャツ。清廉な雰囲気にストイックなほど削ぎ落とされたデザイン、+Jを代表するキーアイテムとして君臨するこのシャツはまず初めに手に入れましょう。この値段で買えるシャツとしては最高峰といっても過言ではないです。カシミアストールは他のプライスを見ると割高に感じるかも知れませんが、こちらもマスト。この2つだけでも十分すぎるほどこのコレクションの醍醐味を感じさせてくれます。

09 ハンティング 1990円
10 スキニーフィットストレートジーンズ 4990円
11 ストレッチサテンノータックパンツ 4990円
12 タスマニアウールブレンドノータックパンツ 4990円

 ハンティングのような遊びアイテムがあるのも今回の醍醐味。意外に見落としがちですが、パンツも秀逸な仕上がり。特に今回を象徴するタスマニアウールブレンドのパンツはスラックスを初めて買う人におすすめ。シルエットの良さと柔らかくコシのある素材感はぜひとも味わってほしいです。パンツは全体的にややタイトで、履いて試してみることをお勧めします。

 メンズのアイテムを一通り見ての感想は「王道」に尽きます。まさかこの値段でジル氏のデザインが買えるとは思わなかったです。素材も工夫されており、カシミアを使えば高くなるであろうアイテムにはウールを用いてコストを抑え、ストールのようなアイテムには大胆に使うというメリハリがあったのが特徴です。タスマニアウールブレンドは、一見するとカシミアのダウングレードにも思えますが、ブレンドすることで高級感と素材の特徴をうまく引き出していることに気づきます。素材一辺倒だったユニクロの新しい境地を開くか見ものですね。

柳井正の希望を持とう (朝日新書)
著: 柳井 正
メーカー: 朝日新聞出版
発売日: 2012/08/01
価格: ¥495(2020/10/28現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング