Culture マストチューン

【今週のマストチューン】Vivian Girls、kuro、dj newtown〜9月第3週〜

 トレンド最前線を行く者、音楽も最前線を聴け——毎週金曜日、最新アルバム・EPの中からFASHIONSANP.COMが独自の視点でピックアップする音楽連載「今週のマストチューン」。ジャンルを問わず、今注目したい3タイトルを紹介します。9月第3週は、奇跡の再結成を果たしたヴィヴィアン・ガールズ(Vivian Girls)のニューアルバム「Memory」、トーフビーツ(tofubeats)がdj newtown名義でリリースした「WEST MEMBERS」、今年のフジロックにも出演したTAMTAMのヴォーカルKuroによるソロ作品「JUST SAYING HI」をセレクト。

ヴィヴィアン・ガールズが8年ぶりのニューアルバムをリリース

 2011年に3rd アルバム「Share The Joy」をリリースした後、2014年に惜しまれながら解散したニューヨークの3ピース・ガールズ・バンド ヴィヴィアン・ガールズ。その後、ベースのケイティ・グッドマンとドラムのアリ・コーラーはロサンゼルスに移住し、それぞれの音楽活動を続けながら結婚・出産を経験してママライフを送っており、ヴォーカルのキャシー・ラモーンはブルックリンでソロ活動や別バンドを続けていましたが、ケイティとの電話をきっかけに再結成。8年ぶりのニューアルバムをリリースしました。彼女たちの歌にはこれまでも心の闇がつきまとっていましたが、今作でも有害な人間関係、新しい愛の偽りの約束、メンタルヘルスとの苦闘、そういった状況で自分自身を受け入れる方法の探求についてのパーソナルな考えが全面的に現れており、その包み隠さない表現が大きな魅力となっています。スウィートなボーカルとラウドで激しいガレージサウンドのアンバランスがサイケの中で溶け合った、深みのあるドリーミーなインディーロックは一聴の価値ありです。

トーフビーツの別名義dj newtownが復活後初のニューアルバムを発表

 2008年にインターネットを軸に活動を開始し、既存楽曲をサンプリングして再構築するカットアップ手法を用いてMaltine Recordsからこれまでに7作品を発表。2011年に突如活動休止を発表していましたが、10周年となる2018年に新曲をSoundCloud上で公開し活動を再開していたdj newtownが8年ぶりの新作「WEST MEMBERS」をリリースしました。今作には2011年から2018年にリリースされたtofubeatsの楽曲を権利元に正式にクリアランス許諾を得て、サンプリングし再構築した全11曲を収録。界隈で「newtown メソッド」と呼ばれ、彼のトレードマークとも言えるカットアップの快楽を体感してみては。

幅広い音楽性が詰まったkuroによるソロデビューアルバム

 TAMTAMのヴォーカルでありコンポーザーのKuroによるソロプロジェクトが始動しました。1stアルバム「JUST SAYING HI」にはEVISBEATSやShin Sakiura、ji2kiaという実力派トラックメーカーとの楽曲に加え、今注目されているシンガーソングライターでギタリストの君島大空がサウンドプロデュースで参加。さらに、「Metamorphose Feat.Kuro」でもコラボレーションしたODOLAとの再タッグや、Kuro自身の制作によるトラックも収録しており、盛りだくさんの内容となっています。The InternetのSydのやH.E.R.とも共振する、インディーR&Bやポップスからヒップホップまで幅広い音楽性が詰まった作品です。

>>マストチューンバックナンバーはこちらから

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング