Fashion

あなたの県は何が流行ってる?県別ファッショントレンドをWEARから調査

 有名人から一般人までさまざまな人がコーディネートを発信できるアプリ「WEAR」の年間データから、2017年のファッショントレンドを日本全国と都道府県別で調査。茨城県は黒よりネイビー、山梨県はパンツ派よりスカート派など、地域ごとにコーディネートの傾向が見えてきました。

■着用ブランドランキングTOP15<全国>

 今回の調査は、WEAR登録者から20歳~35歳女性(11月末時点で7万9,716人)による2017年1月〜11月末に投稿されたコーディネートが対象。投稿されたコーディネートの「着用アイテム」として登録数が多いブランドでは、ファストファッションを中心に比較的リーズナブルなブランドがランクインしました。

第1位:GU
第2位:CONVERSE
第3位:UNIQLO
第4位:ZARA
第5位:WEGO
第6位:LOWRYS FARM
第7位:ユニクロ
第8位:no brand
第9位:しまむら
第10位:Ungrid
第11位:earth music&ecology
第12位:adidas
第13位:niko and...
第14位:NIKE
第15位:used

■着用カラーランキングTOP15<全国>

第1位:ブラック
第2位:ホワイト
第3位:ネイビー
第4位:ベージュ
第5位:オフホワイト
第6位:グレー
第7位:ブルー
第8位:ブラウン
第9位:レッド
第10位:ピンク
第11位:インディゴブルー
第12位:カーキ
第13位:シルバー
第14位:アイボリー
第15位:ゴールド


 WEAR内で検索されたキーワードランキングでは、「黒」「ワイドパンツ」「GU」といったワードが1年を通して10位内にランクイン。米パントンによる2017年のトレンドカラーの発表では、フレッシュで爽やかさのあるイエローグリーン「グリーナリー」が挙げられていましたが、どんなコーディネートにも合う「黒」は不動の人気。また、ゆったりとしたシルエットが人気の「ワイドパンツ」が昨年に引き続きトレンドアイテムとなりました。

*キーワードランキングは全WEARユーザーが対象。

各都道府県で最も着用が多かったブランドは?

 都道府県別に見ても、やはり圧倒的にGUが多いという結果になりました。

wear1223_002.jpg

各都道府県で投稿が多いカラーは?

 各県の1位のカラーを見てみると、茨城県のみブラックと僅差でネイビーがトップ。それ以外の県は全てブラックが1位でした。下の地図では2番目に登録数が多かったカラーに着目。ホワイトやベージュなどベーシックカラーが多い中、高知県のレッドや大分県のシルバーといった派手目のカラーも。

wear1223_001.jpg

■あなたの県はスカート派?パンツ派?

 投稿されたコーディネートの「着用アイテム」のカテゴリとして、スカートとパンツが登録された回数はこちら。山梨県以外の全ての県がパンツ派という結果になりました。

wear1223_004.jpg

■モノトーンコーデが多い県TOP5

 「モノトーンコーデ」として登録されたコーディネートが多かったTOP5では、東京を除く4県が西日本からランクインしています。東日本よりもシンプルなコーディネートを好む人が多いのかもしれません。

第1位:岡山県
第2位:東京都
第3位:大分県
第4位:島根県
第5位:三重県

*県ごとのWEARユーザー数に対して「モノトーンコーデ」が投稿された割合を算出。

■ビンテージ好きが多い県TOP5

 東京や大阪といったトレンド発信地はランクインしていないという意外な結果に。ビンテージブームが全国各地に広がっているようです。

第1位:島根県
第2位:香川県
第3位:福井県
第4位:宮城県
第5位:静岡県

*県ごとのWEARユーザー数に対して「ビンテージコーデ」が投稿された割合を算出。

■メガネ着用率が高い県TOP5

 こちらもトップ5に三大都市圏が入らないという結果になりました。

第1位:新潟県
第2位:島根県
第3位:沖縄県
第4位:秋田県
第5位:宮城県

*県ごとのWEARユーザー数に対して「メガネコーデ」が投稿された割合を算出。

■WEAR:公式サイト