お買いモノ

【予算別】足元から爽やかに決まる、人とかぶらない個性豊かな白スニーカー19選

 シーズン問わず活躍する白スニーカーは、特にこれからの春夏シーズンにはぴったりな一足。足元から爽やかな印象のスタイリングが決まります。ついついメジャーブランドの定番モデルをチョイスしがちですが、敢えて自分らしい一足で個性を主張してみませんか?クリーンで大人っぽく履ける、メンズ&ウィメンズの厳選白スニーカーを紹介します。

— ADの後に記事が続きます —

関連記事
2021年春夏のトレンドアクセサリー デコラティブな手元を演出するバングル21選

■〜1万円台

 ハイカットにアレンジされた純白の「コンバース(CONVERSE)」の「チャックテイラー」です。ソールもプラットフォームにアレンジして、定番モデルを少し違った雰囲気で履きこなして。

関連記事
スニーカーファン必見!コンバースのブランドコラボモデルまとめ【2021年2月編】

 珍しい「ドクターマーチン(Dr.Martens)」のスニーカーは、アイコンのラバーソールからブランドアイデンティティを感じられる一足です。

 「ニューバランス(New Balance)」と「エメ レオン ドレ(Aimé Leon Dore)」のコラボシューズは、1999年リリースのウェイトトレーニング用モデル「827」をアレンジ。ダスティーピンクがアクセントになった一足は、90年代スタイルがムードの今の気分にもぴったりですね。

 サステナブルな英国発シューズブランド「グッド ニュース(GOOD NEWS)」のスリッポンです。オーガニックコットンキャンバスの風合いが優しい一足は、ソールにも再生ラバーを用いてとことんエコフレンドリーに仕上がりました。

■2万円台

 スポーティーなデザインのスニーカーは、ホワイトカラーを選んで大人っぽい「ハズし」アイテムに。「サロモン(SALOMON)」のスニーカーは、シュータンに取り付けられたブランドロゴのコントラストが映えます。

 普段あまりスニーカーを履かない人でも、特にきれいめに履けるコート系シューズは一足あると重宝します。長く愛用できる白スニーカーを探しているなら、上質なレザーを使用した「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」で決まり!ベーシックな中にこだわりが光ります。

関連記事
ダッドの次はコート系スニーカー ナイキやアディダス、コム デ ギャルソンまで定番まとめ

 デコラティブなダッド系&ハイテクスニーカーのラインナップが豊富な中国発「リーニン(LI-NING)」。個性的でありつつ、中国代表アスリートも使用するナショナルブランドならではの実用性を両立しているのはさすが。

 ハイカットのスニーカーは、合わせるボトムスとのバランスに意外と苦労するもの。「メゾン キツネ(MAISON KITSUNÉ)」のスニーカーは、絶妙なくるぶし丈のレングスでスタイリングの幅が広がりそうです。かかと部分のロゴも、流れるような筆致で優雅な雰囲気。

 機能性とファッション性の高さが魅力の「アディダス バイ ステラ・マッカートニー(adidas by Stella McCartney)」のスニーカー。こちらも無駄を省いたフォルムが美しいモデルとなっています。

■3万円台

 「マックキュー アレキサンダー・マックイーン(McQ Alexander McQueen)」の白スニーカーは、メッシュ素材の上に何層ものレザーが重なった、モダンなハイテク系ディテールのシューズです。

 「リック・オウエンス(Rick Owens)」と「ヴェジャ(VEJA)」の豪華コラボによるスニーカーは、足元に程よくフィットするソックス風ディテールが特徴。

 ひと目見たら忘れられない、アイコニックなシューズが目白押しの「エイティーズ(EYTYS)」。こちらの白スニーカーのモデル名はなんと「Fugu」!フグのようにトゲがたくさんあしらわれたソールはまさに唯一無二。フラットなフォルムも、ソールの存在感を引き立たせています。

 とことんスリークにまとめられた「エッセンシャルズ(ESSENTIALS)」のテニスシューズ。ありそうであまりない徹底的なミニマルさで、ワザありのデイリーコーデを完成させましょう。

■4万円台〜

 パッド入りのディテールで差をつけた「ラグ & ボーン(rag & bone)」のハイカットスニーカー。ソールからシューレースまですべて真っ白のワントーンでまとめて清潔感たっぷりに。

 メッシュ素材の「ワイスリー(Y-3)」のスニーカーは、先細りのフォルムが特徴。エンボスされたブランドロゴがさりげなく主張するタンにも注目です。

 ハイキングブーツとランニングシューズのハイブリッドな「オン(On)」の白スニーカーなら、誰とも被らない自分らしいコーデが叶うかも。独自の特許技術「CloudTec®」を用いたキャタピラーソールで見た目によらず軽量です。

 今回取り上げる中で唯一のベルクロスニーカーは、「アミ アレクサンドル マテュッシ(ami alexandre mattiussi)」のもの。レザーの重厚感と、少しぽってりとしたフォルムが生み出すボリューム感は、クロップド丈のパンツと好相性です。

 ホワイトワントーンだからこそ、異素材MIXが生み出す素材感を楽しみましょう。「スパルウォート(Spalwart)」白スニーカーは、カーフスキン、スエード、ナイロン、サテンと4種類の素材をパネル状に仕立てた一足。同ブランドおなじみの、凸凹としたアウトソールも健在です。

 「アクネ ストゥディオズ(Acne Studios)」のスニーカーは、ドット状にパンチングされたメッシュボディが軽やか。スリムなシェイプだから、スポーティーになりすぎずに履きこなせます。

 ※表示価格は全て各サイトにおける販売価格を反映しています。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング