ADVERTISING

BRANDS & PERSONS
ブランド・ヒト検索
ブランド・ヒト検索
詳細検索

Repetto

レペット

「レペット」とは? ——バレエシューズ世界的ヒットのきっかけ、デザイナーコラボ、創業の背景まで

ウィメンズ

Repetto

レペット

「レペット」とは? ——バレエシューズ世界的ヒットのきっかけ、デザイナーコラボ、創業の背景まで

ウィメンズ

「レペット(Repetto)」は、1947年にフランス・パリでローズ・レペット(Rose Repetto)が設立。現在は、バレエシューズやレオタード、チュチュなどのダンスウェアから、メンズ&ウィメンズのタウンシューズ、バッグ、アスレジャー、キッズ、香水まで幅広く展開。アイコンアイテムは、ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)のリクエストで誕生したバレエシューズ「サンドリオン(Cendrillon)」。マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)やカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)など、著名デザイナーらとも積極的にコラボレーションし、過去には「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」「ミナ ペルホネン(minä perhonen)」「ミュベール(MUVEIL)」などの日本ブランドとも協業している。

ADVERTISING

- BRAND CONCEPT -

創業のきっかけは、振付家だった息子のひと声

 1947年、ローズ・レペットが、後に世界的な振付家となる息子ローラン・プティの助言により「レペット」を設立。パリ・オペラ座近くに、ダンスやバレエシューズ専門のアトリエをオープンする。1959年に、パリ・ラぺ通り22番地に初のブティックを構えると、モーリス・ベジャール(Maurice Bejart)やルドルフ・ヌレエフ(Rudolf  Nureyev)、ミハイル・バリシニコフ(Mikhail Baryshnikov)など、世界の一流ダンサーがダンスシューズやウェアを買いに訪れる場所となる。1964年には、現在のロゴを画家のレオノール・フィニ(Leonor Fini)がデザイン。レオノールは、エルザ・スキャパレリ(Elsa Schiaparelli)が1930年代に発売した香水「ショッキング」のボトルデザインなども手掛けたアーティストとして知られている。

- CHARACTERISTIC ITEM -

アイコンアイテムは、タウン用のバレエシューズ

タウン用のバレエシューズ 「サンドリオン」

タウン用のバレエシューズ「サンドリオン」

Image by Repetto

 レペットの代名詞になっているのが、タウン用のバレエシューズ「サンドリオン」。1947年の設立から、靴底を裏表逆の状態で縫ってひっくり返す伝統的な「スティッチ&リターン」製法を用いることで、しなやかな履き心地を実現している。さらに、ジャズシューズからインスパイアされたレースアップタイプの「ジジ(ZIZI)」は、男性にも人気のアイテムだ。2009年には、新アイコンとしてローファータイプの「マイケル(Michael)」も誕生した。

 ダンスシューズとタウン用のバレエシューズは、現在もフランス・ドルドーニュ地方にある工場で、職人達の伝統技術により作られている。

- KEY PERSON -

ブリジット・バルドーの着用で一躍有名に

 1956年、女優・ブリジット・バルドーからの「ダンスシューズと同じくらい履き心地がよくて、フェミニンでセクシーなタウン用のバレエシューズを」というオーダーに応えて、ローズ・レペットがサンドリオンをデザイン。映画「素直な悪役」でも着用したことから世間の目に留まり、大ヒットアイテムとなった。

 1970年代には、セルジュ・ゲンスブールが白いジジを愛用していたことから、ブランドのアンバサダーとして知られるようになる。

- collaboration -

カール、ギャルソン、ヨウジ……著名デザイナーともコラボ

「ヨウジヤマモト」とコラボレーションしたシューズ

2018年に「ヨウジヤマモト」と16年ぶりにコラボレーションしたシューズ

Image by ヨウジヤマモト

 レペットは著名デザイナーとも積極的にコラボレーションし、その中には日本人デザイナーも数多くいる。2000年に「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」、2002年に「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」、2004年に「コム デ ギャルソン(Comme des Garcons)」とのコラボレーションシューズをそれぞれ発売。2007年にはブランド設立60周年を記念して、ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)やヘルムート・ラング(Helmut Lang)ら、60人の著名デザイナーやアーティストとコラボレーションした。さらに2009年には、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)とのコラボレーションシューズも発売している。

- ITEM -

バッグ、ベビー、香水まで広がるアイテム

パリ・オペラ座のバレリーナを起用した広告

パリ・オペラ座のバレリーナを起用した広告

Image by Repetto

2016年秋冬コレクションのバッグ

2016年秋冬コレクションのバッグ

Image by Repetto

 日本初のフラッグシップショップ「レペット銀座店」を2012年にオープンして以降は、商品カテゴリーの拡充も加速する。2013年2月にレペット初のレディ・トゥ・ウェアコレクション「ラ・ギャルドローブ・レペット」を日本で発売。同年、ブランド初の香水としてボトルにトゥシューズのリボンをあしらったオードトワレを発表した。2015年には、初のベビーライン「ミティック・ベベ」を発表。2016年秋冬シーズンからバッグコレクションを刷新し、デザイナーにヤス・ミチノを起用している。

- MAIN SHOP -

フルラインナップを揃える「レペット銀座店」

「レペット銀座店」

「レペット銀座店」

Image by FASHIONSNAP

 「レペット銀座店」では、ブランドアイコンのタウン用バレエシューズをはじめ、レザーバッグやダンス用品まで、国内最大級の品揃えを誇る。また、2011年にパリ本店でスタートしたバレエシューズのセミオーダーメイドシステム「アトリエレペット」を常設。壁面の大きな鏡やレッスン用のバー、オペラ座で使用されているベルベットのカーテンなど、随所にバレエのスピリットが反映されている。

HISTORY

主要年表

【2019年】
2つ星シェフ ティエリー・マルクス監修のフレンチレストラン「ティエリー・マルクス / ダイニング」とコラボレーションしたデザートを発売。

【2018年】
日本人アーティスト渡部真由美とコラボレーションしたシューズを発売。
「ヨウジヤマモト」と16年ぶりとなるコラボレーションシューズを発売。

【2017年】
「ミュベール(MUVEIL)」とのコラボレーションで、ネコのポインテッドシューズを発売

【2016年】
2016年秋冬シーズンからヤス・ミチノをデザイナーに迎え、バッグコレクションを刷新

【2015年】
初のベビーライン「ミティック・ベベ」を発表。

【2014年】
初のスニーカーラインが誕生。

【2013年】
ブランド初のフレグランスを発表。
「ミナペルホネン」とのコラボレーションシューズを発売。

【2012年】
日本初のフラッグシップショップ「レペット銀座店」をオープン。
ダンスウェアにインスパイアされた初のレディ・トゥ・ウェアコレクションを発表。

【2010年】
セミオーダーシステム「アトリエ レペット」をパリ本店でスタート。

【2009年】
カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)とのコラボレーションシューズを発売。

【2007年】
ブランド設立60周年を記念し、著名人60人とのコラボレーションコレクションを発表。
「Danse pour la Vie」財団を設立し、恵まれない環境にある子どもたちに芸術的な表現を通してサポートするため、世界各国のダンススクールを援助する。

【2005年】
フランス・コンピエーニュ工科大学とパートナーシップを結び、革新的なトゥシューズの共同開発をスタート。

【2004年】
「コム デ ギャルソン(Comme des Garcons)」とのコラボレーションシューズを発売。

【2002年】
「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」とのコラボレーションシューズを発売。

【2000年】
「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」とのコラボレーションシューズを発売。

【1999年】
ジャン・マルクゴーシェがCEOに就任。

【1967年】
ブランド拡大を目的に、フランス・ドルドーニュ地方サンメダール・デクシドゥイユに生産拠点を設ける。

【1964年】
レオノール・フィニが現在のロゴをデザイン。

【1959年】
最初のブティックをパリのラぺ通り22番地にオープン。

【1956年】
女優・ブリジット・バルドーのリクエストにより、タウン用のバレエシューズ「サンドリオン(Cendrillon)」が誕生。

【1952年】
初の広告キャンペーンを展開。

【1947年】
フランス・パリでローズ・レペットが「レペット(Repetto)」を設立。

RELATED ARTICLES

関連する記事

NEWS

ニュース(41)

COLLECTION

コレクション(3)

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント