お買いモノ

この秋手に入れたい、周りと差がつくバレリーナシューズ

 パリジェンヌの代名詞であるバレリーナシューズ。日本と比べ石畳が多いフランスではおしゃれな女性はもっぱらバレリーナシューズで颯爽と街を歩いています。

 バレリーナシューズといえば、ブリジットバルドーが映画『素直な悪魔』で身につけたレペットの"THE バレリーナシューズ"をイメージしがち。もちろんクラシカルな一足はマストハブとはいえ、素敵な人ほど自分のスタイルにあったユニークな一足を身につけているんですよね。

 歩きやすい上におしゃれに決まるデイリーシューズこそ、自分らしい一足を手に入れて履き倒したいと思いませんか?今回は、周りと差がつくバレリーナシューズをご紹介します。

— ADの後に記事が続きます —

ロエベ(LOEWE)

 スムーズなラムスキンであつらえられた一足は「ロエベ(LOEWE)」から。滑らかな肌触りで心地よく履き続けられるのはもちろん、ボリューミーなレザーの紐を大胆に結んだデザインがインパクト大。

サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)

 フレッシュなグリーンが目に鮮やかな「サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」の一足は、甲で交差する細身のスリングバックストラップと肌馴染みの良いスエード素材で歩きやすさ抜群。

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)

 パカパカしがちなフラットも「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」の足袋をチョイスすればノーストレス。せっかくゲットするならオーソドックスのブラックではなく、素材感の面白いこちらはいかが。 

ヴァレンティノ ガラヴァーニ(VALENTINO GARAVANI)

 一周回って今「ヴァレンティノ ガラヴァーニ(VALENTINO GARAVANI)」のバレリーナシューズが欲しい!ブランドシグネチャーであるスタッドが存在感大なアイコニックアイテムは、ピンク×ライトブルーをチョイスして足もとを軽やかに。

レペット(Repetto)

 王道の「レペット(Repetto)」こそ色ものをチェックして。トレンドのラベンダーカラーのシューズを取り入れればフレッシュなルックが瞬時に完成。

アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER MCQUEEN)

 甘いバレリーナシューズが多い中、大胆なシルバートーンのスタッズがスパイシーなこちらの一足はかなり異質。どんなスタイリングも最終的にキリッと締めてくれる辛口なハイセンスは「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER MCQUEEN)」ならでは。

サンローラン(SAINT LAURENT)

  ベーシックなブラックバレリーナはオーラ溢れるスペシャルなものが欲しい。そんなあなたにはこちらの「サンローラン(SAINT LAURENT)」はいかがでしょう。エナメルレザーにポインテッド、ボタン留めとグッドガールルックではあるものの、格の違いを見せつける風格ある一生物です。

クリスチャン ルブタン(Christian Louboutin)

 コケティッシュなセクシーさを演出したいのであれば「クリスチャン ルブタン(Christian Louboutin)」のレオパードバレリーナシューズで決まり。トゥーマッチではなく上品なレオパードとスクエアトゥが、足先を美しく演出。さらに歩く度にちらっと見えるシグニチャーのレッドレザーソールが色気MAX。

今回の選者は...
藤田芽生
ファッションカルチャー誌で編集者として働いた後ベルリンへ。その後パリへ渡り、現在はフランスのアヌシーを拠点にフリーのライターとして活動。ファッション、カルチャー、ライフスタイル、ワインなど幅広いテーマについて執筆中。

※表示価格は全て各サイトにおける販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング