ブランド

YUKI FUJISAWA

ユキ フジサワ

YUKI FUJISAWA

「ユキ フジサワ」とは?——人気のトートバッグから箔のこだわりまで紹介

YUKI FUJISAWAのロゴ

 テキスタイル/デザインレーベル。ヴィンテージ素材に箔や染、レースをあしらう一点物のアートピースをはじめ、ファッションとしての新しい価値を提案している。企業へのデザイン提供や衣装なども手掛けるなど、布から生まれるデザインを軸に幅広く活動。NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」のタイトルバックのテキスタイルを手掛けたことでも注目されている。

Profile

プロフィール

Fujisawa Yuki藤澤ゆきデザイナー

テキスタイル/デザインレーベル「YUKI FUJISAWA (ユキ フジサワ)」代表。東京都生まれ。多摩美術大学テキスタイルデザイン専攻卒業。2011年に活動をスタート。ブランドを通して、箔や染めでファッションとしての新しい価値を提案している。2016年度TOKYO新人デザイナーファッション大賞受賞。

もっと見る

- BRAND CONCEPT -

「箔や染めでファッションとしての新しい価値を提案する」

 ブランドコンセプトに「箔や染めでファッションとしての新しい価値を提案する」を掲げ、ビンテージ素材を用いた一点物の制作のほか、企業へのデザイン提供や舞台衣装など、テキスタイルデザインだけには留まらない活動で唯一無二の存在感を放つ「ユキ フジサワ(YUKI FUJISAWA)」。

 既存のファッションサイクルの速さに疑問を抱えていたこともあり、現在は卸メインではなく、公式オンラインでの販売と半年に1度ほどのポップアップを続けている。アトリエショップやオーダー会といった顧客とのコミュニケーションの場も積極的に作っており、世代や性別を問わずファンを拡張し続けている。

- CHARACTERISTIC ITEM -

ブランドの定番のアイテムは箔を施したアランセーターとトートバッグ

 ヴィンテージのアランセーターやトートバッグに箔や染め、レースを施すことで新たな価値を見出すことをコンセプトとした一点物の定番シリーズ。ブランドでは「時間の経過で生まれる箔の変化」を前向きに捉え、経年変化していく様子が人それぞれに異なる様子を美学として考えている。ブランドでは、経年変化していく様子がそれぞれの人で異なることを美学として捉えており「移り変わる箔の変化」をこのシリーズのコンセプトにしている。

  箔シリーズの中でも特に人気が高いのが、ブランドの代表作となる「アランセーター」だ。デザイナーが自ら買い付けた白いアランセーターを染め直し、それぞれの佇まいや風合いを活かしながら箔を乗せて新たな表情を加えていく。定期的に開催しているアランセーターのオーダー会では、顧客の要望に合わせて箔の位置などを決めるセミオーダー形式での販売も行っている。

 トートバッグもブランドのアイコン的な存在として、シーズンを問わず人気の高いアイテムのひとつだ。ヴィンテージのほころんだ箇所を修復したりと、しっかりと時間をかけメンテナンスを行うところからバッグの制作がスタートする。本体のデザインを活かしながら箔を施していくのでそれぞれ違った表情に仕上がり、唯一無二のバッグとして生まれ変わっていく。デザイナーは「愛用する中で徐々に馴染んでいく箔の変化も一緒に楽しんで欲しい」と語っている。

>>商品詳細ページ

- FAVORITE ITEM -

2021年新作 デザイナーのオススメはニット帽フーディー

 「心から届けたいものだけを、歳月を費やして作り上げる」という姿勢で制作を続けているユキ フジサワから、新たにアランニットの伝統的な模様を集結させた手編みの小物シリーズが発売された。

 その中でもデザイナーが特に気に入っているアイテムが、ニット帽フーディーだという。ハンドニットの職人と幾度となく研究を重ね、細部まで拘り抜いた逸品だ。デザイナーは「均一な品質を心がけながらも、手編みの温かみを大切にしています」と話す。マフラー部分を結んだり帽子を下ろしてスタイリングのアクセントにするなど、気温に合わせて様々な使い方が楽しめるので、ハンドニットに馴染みがなかった人も手に取りやすい仕上がりとなっている。

 

マフラーに箔を乗せていく様子

- PERSON -

ブランドと関わりの深い人物は、シンガーソングライターのカネコアヤノ

 デザイナーが関係の深い人物として挙げるのが、シンガーソングライターのカネコアヤノだ。表参道ROCKETで開催したユキ フジサワの展示「"1000 Memories of" 記憶のShop」に、カネコが訪れたことがきっかけで2人は知り合ったという。

 2019年9月に開催されたカネコアヤノの単独演奏会「燦々」では、ユキ フジサワが衣装を担当。「彼女の強さが客席へまっすぐ届くように、華美にならない足し引きのあるデザインをいつも考えています」とデザイナーが話すように、カネコの優しさと温かさのある世界観を衣装を通して表現した。「燦々」以降も、キッド フレシノ(KID FRESINO)とカネコのコラボレーション楽曲のMVなどで衣装を担当しており、様々な作品を通して2人の創作を見ることができる。

 また、ユキ フジサワの2019年秋冬コレクションではモデルとしてカネコが登場。藤澤やカネコとも交流の深い木村和平が写真を担当した。カネコの自然な表情と穏やかな日常の風景を通して、アランセーターの魅力を改めて感じるルックに仕上がっている。

- COLLABORATION -

印象に残っているコラボレーションは、音楽家の青葉市子とのシューティング

 デザイナーはこれまでのコラボレーションとして、2020年秋冬に発表した音楽家の青葉市子とのシューティングが印象に残っているという。「NEW VINTAGEの考え方を受け継いだバロックパールのジュエリーを制作し始めた頃、ちょうど彼女も最新アルバム『アダンの風』を作り上げていて。まるで天使のような有機的なシェイプのジュエリーと音楽が共鳴し、偶然が重なった思い出深い時間でした」と当時のことを振り返る。

 バロックパールのジュエリーや100年前のアンティークレースが金属となって型どられたお皿などがアクセントとなり、繊細で美しい世界観が見事に表現された。

- HISTORY -

原美術館で開催した初となるプレゼンテーションが、ブランドの重要歴史

 2019年に原美術館で開催したプレゼンテーション「1000 memories of」。原美術館の建物が経験してきた物語に思いを巡らせながら、参加者が持ち寄るそれぞれの記憶の風景を金色の箔でトレースする「記憶のWorkshop」と、モデルインスタレーションの二部構成で発表した。

「1000 memories of」 Image by FASHIONSNAP
「1000 memories of」 Image by FASHIONSNAP
「1000 memories of」 Image by FASHIONSNAP
「1000 memories of」 Image by FASHIONSNAP
「1000 memories of」 Image by FASHIONSNAP
「1000 memories of」 Image by FASHIONSNAP

 デザイナーは、このプレゼンテーションについて「以前から記憶や時間など目に見えないものに対して興味があり、誰かの記憶を元々の記憶に重ねるとどうなるんだろうという試みから始まりました。染みや修繕の跡が残ったヴィンテージの最初の持ち主は、まさか100年後にこうして金箔を施して美術館に飾られるなんて思ってもみなかったと思います。そこにすごく浪漫を感じました」と振り返る。

「1000 memories of」 Image by FASHIONSNAP
「1000 memories of」 Image by FASHIONSNAP

主要年表

【2021年】

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」のタイトルバックのテキスタイルを制作。また、ファッションにフィーチャーした「文學界8月号」で、ファッションと文学を切り口に朝吹真理子と村田沙耶香とともにワンピースを作る過程を描写した特集を掲載。

表参道スパイラルにポップアップショップを出店し、アンティークレースを模った新作のシルバーリングやバロックパールの耳飾りなどのアパレルアイテムを展開。

【2020年】
父・緑朗氏が主宰するメンズブランド「ハンドルーム(HAND ROOM)」とのコラボレーションで初となるメンズアイテムを発表

また、イラストレーターのあんこ(ancco)とキッズベビー服メーカー「シェヌバイナラハラニット(Chêne by Narahara Knit)」とのトリプルコラボレーションによるキッズ服を発表。伊勢丹新宿店本館6階=リ・スタイル キッズと三越伊勢丹公式オンラインストアで発売した。

【2019年】
ワークショップとトークから構成される参加型イベント「"1000 Memories of" 記憶のWorkshop by YUKI FUJISAWA」の一環として、ブランド初となるプレゼンテーションを原美術館で開催

また、表参道にオープンしたラコステの期間限定ショップで、YUKI FUJISAWAの一点物ヴィンテージポロシャツを発売。箔プリントを施す「UPCYCLEオーダー会」を開催した。

【2017年】
レース衣料などを販売する「さえら」から、ユキ フジサワがディレクションする新ブランド 「オーバーレース(overlace)」がデビュー。2018年春夏シーズンにデビューコレクションを披露。(2019年にディレクターを退任)

【2016年】
2016年度 Tokyo 新人デザイナーファッション大賞」プロ部門入賞を果たす。

【2015年】
2015年春夏コレクションでは、「forget-me-not/勿忘草」をモチーフに花びら一枚一枚に染めを施し、アトリエ染花が花の形におこしたアクセサリーラインを披露。

【2011年】
テキスタイル・デザインレーベル「ユキ フジサワ」をスタート。

Collection

YUKI FUJISAWAのファッションショー・ルックブック

YUKI FUJISAWA 2020年冬 ルックブック

2020-21AW

YUKI FUJISAWA

2020-21年秋冬

2021SS

YUKI FUJISAWA -Men's-

2021年春夏

2020-21AW

YUKI FUJISAWA

2020-21年秋冬

2019-20AW

YUKI FUJISAWA

2019-20秋冬

2015-16AW

YUKI FUJISAWA

2015-16秋冬

2015SS

YUKI FUJISAWA

2015春夏

News

YUKI FUJISAWAに関連するニュース

シーズンヴィジュアル

ケープ型バラクラバが登場「ユキ フジサワ」が2022年新作アイテムのオーダーを受付

 「ユキ フジサワ(YUKI FUJISAWA)」が、2022年の新作としてケープ型バラクラバを発表した。現在YUKI FUJISAWAオンラインで予約を受け付けており、上限に達し次第締め切りとなる。発送は12月頃を予定している。 新作のケープ型バラクラバ(4万2900円)は襟付きのニット帽で、チューリップの花と根っこをフリルに見立てたケープが特徴。360度どこから見ても美しく見えるようフードの形にもこだわったという。こ...

Fashion /

第1回「記憶の『先』のセーター」のミトン&ミニセーター

「ユキ フジサワ」ニットアイテムをミトンとミニセーターに編み直すプロジェクトを始動

 「ユキ フジサワ(YUKI FUJISAWA)」が、ニットアイテムの編み直しプロジェクト「記憶の『先』のセーター」を実施する。料金は税込3万3000円。4月25日まで応募を受け付けている。

Fashion /

「ユキ フジサワ」とコラボしたほぼ日手帳

ほぼ日手帳2022年版はユキ フジサワと初コラボ、人気の「ミナ ペルホネン」シリーズ新作も

 ほぼ日が、9月1日から順次発売する「ほぼ日手帳」2022年版のラインナップを発表した。発売から21周年を迎える今年は「handwrite/この日、わたしは。」をテーマに、100種類以上のアイテムを展開。直営店「TOBICHI」や全国のロフト、渋谷パルコの「ほぼ日カルチャん」、ほぼ日手帳公式サイト、アマゾンなどで取り扱う。

Lifestyle /

Inside

YUKI FUJISAWAに関連する特集・連載

リアルな東京最旬トレンドは?〜帽子とマフラーが一体となったバラクラバ風アイテムに注目〜

 ストリートスナップから読み解く、東京の最旬トレンド。まだまだ厳しい寒さの続く東京のファッションシーンでは、イギリス軍が使用していたバラクラバをモダンにアップデートした、帽子とマフラーが一体となったアイテムを着用したスタイリングが見られました。

Fashion /

かっぴー

【2021年ベストバイ】「左ききのエレン」作者かっぴーが今年買って良かったモノ

 今年のお買い物を振り返る「2021年ベストバイ」。2人目は、人気漫画「左ききのエレン」を手掛ける漫画家・漫画原作者 かっぴーさん。「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」のシーズン2が現在放送されているほか、最新作「15分の少女たち-アイドルのつくりかた-」の連載をスタートさせるなどヒット作を生み出し続けるかっぴーさんが選ぶ2021年に買って良かったモノ8点。

Fashion /

【インタビュー】ユキ フジサワが新境地へ、人気のアランニット帽に込めた思い

 ヴィンテージ素材に箔や染め、レースをあしらう一点物シリーズを展開する「ユキ フジサワ(YUKI FUJISAWA)」。今シーズンは、昨年初登場し好評を博した「アランニット×金銀箔」のシリーズからニット帽、マフラー、ミトンの3種類を発売した。これまではヴィンテージアイテムをアップサイクルした一点物アイテムをメインに展開していたユキ フジサワが、一から作り上げることに本腰を入れ始めた理由とは?製作背景やアイテムのこだわりについて聞いた。ユキ フジサワってどんなブランド? FASHIONSNAP(以下、F):まずはブランドについて教えてください。 ユキ フジサワ 藤澤ゆき(以下、藤澤):ユキ フジサワは「箔や染めでファッションと...

Fashion /

【編集部の服欲メモ】vol.11貴方だけの1枚を、「ユキ フジサワ」の箔付きトートバッグ

 FASHIONSNAPと連動したECサイト「FASHIONSNAP.STORE」がこの度ローンチしました!オープンを記念して、エディターが欲しいと思った厳選アイテムをブランドごとに13日間連続で紹介します。 FASHIONSNAP.STORE トップページ■時とともに変化する「ユキ フジサワ」の箔付きトートバッグ  ヴィンテージ素材に箔や染、レースをあしらう一点物のアートピースをはじめ、ファッションとしての新しい価値を提案している「ユキ フジサワ...

お買いモノ / FASHIONSNAP.STORE /

Collection

YUKI FUJISAWAに関連するコレクション

Post

YUKI FUJISAWAに関連するポスト

Street Style

YUKI FUJISAWAに関連するスナップ

Ranking Top 10

アクセスランキング