2011-12AW

muller of yoshiokubo

 

 デザイナー久保嘉男が手がけるウィメンズコレクション「muller of yoshiokubo(ミュラーオブヨシオクボ)」が、2011年秋冬コレクションを発表した。『女のための女の服』を提案する「muller of yoshiokubo」はシーズンテーマを持たずに展開される。

 異素材の組み合わせを得意とする「muller of yoshiokubo」。ドレッシーなワンピースを中心に、今季はメンズライクなタキシードジャケットやパンツスタイルを加えている。メインカラーにキャメルやグレーなどを採用するなか、シルクに染められた艶やかなグリーンやレッドがひと際目を惹く。パリのファブリックメーカーMALHIA KENT(マリア・ケント)を使用したトップスやスカートは、程よいボリューム感で斬新かつ新鮮なスパイスに。繊細なディテールと相まって、ブランドが持つフェミ二ティを一層強めている。

関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング