【インタビュー】タンス資産を掘り起こせ「コメ兵」が開拓する新たな中古ビジネスの可能性

2017年09月08日 17:30 JST

 フリマアプリや即時にモノを現金化できるサービスの登場などで新規参入が活発な二次流通市場。そのなかで、業界のガリバー「コメ兵」が創業70周年を迎える。節目となる今年、モノをお金に変えて、さらにモノを買うという循環型社会の実現を目指す石原卓児社長が繰り出す新たな一手とは?未だ開拓の余地があるという中古市場のビジネスの可能性について聞いた。

■コメ兵の展開
コメ兵、新宿と名古屋の駅前エリアに路面店オープン