;

フェノメノンが新会社設立、MCMを展開する韓国ソンジュグループ傘下に

2012 春夏コレクションより
2012 春夏コレクションより
画像: Fashionsnap.com

 「フェノメノン(PHENOMENON)」が、新会社ソンジュ ディー&ディー ジャパン(SUNGJOO D&D JAPAN)を設立した。「エムシーエム(MCM)」を展開するソンジュグループ(SUNGJOO GROUP)が母体となる会社で、1月より新会社として展開をスタート。2016年春夏シーズンを目処に直営店の出店も計画している。

 フェノメノンは、過去8年間エムシーエムとコラボレーションアイテムを展開してきたことなどで関係を深め、ソンジュグループからのオファーを受ける形で今回新会社を設立することになったという。次回の2015−16年秋冬コレクションから新体制で運営し、同グループの資金を活用してPR活動の強化や海外展開に力を入れる。ブランドとして初の海外での単独展開催も計画しており、同社マネージャーの荒川雄太郎は「今後はウィメンズの強化を図り、2016年の春夏シーズンに青山・表参道エリアに直営店を出店できれば」とコメント。デザイナーは引き続きオオスミタケシ(TAKESHI OSUMI)が担当し、クリエイション面での変化はないとしている。

 2004年にオオスミタケシが立ち上げたフェノメノンは、「音楽」をコンセプトにダンスミュージックを軸にしたさまざまな音楽をミックスさせ洋服でその形を表現。2010-11年秋冬シーズンに初めてショー形式でコレクションを発表した。