;

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

なくさないIoT手袋「MAMORIOグローブ」がクラウドファンディングに登場

なくさないIoT手袋「MAMORIOグローブ」がクラウドファンディングに登場の画像

毎年冬物を出す時期になると、ふと気づく。手袋の片方が見当たらない。さまざまな衣服の中で、これほど行方不明率の高いアイテムは、そうそうないだろう。

でも、あきらめないで!そんな事態を回避するクレバーなプロダクトが、パルコのクラウドファンディング"BOOSTER"に登場。日本初となるIoT手袋「MAMORIOグローブ」が、先行割引き販売を開始した。

・世界最小のスマートタグで手袋の居場所がすぐわかる

mamoriogrobe_1128_2.jpg

"なくさない"秘密は、手袋の内側に着けた、世界最小級の紛失防止IoTタグ。紛失を未然に防ぐ"紛失防止アラート"と、ユーザーのネットワークで自分のモノを探す"クラウド・トラッキング"を搭載。スマホのアプリを介して、手袋の居場所がすぐわかるようになっている。

「MAMORIO」と名付けられたこのタグは、ユニークなしくみとコンパクトなサイズ、シンプルなデザインが評価され、2016年度経産省グッドデザイン賞を受賞している。

・ハリスツイードとレザーの2タイプを用意

mamoriogrobe_1128_3.jpg

デジタル製品にありがちな武骨さはなく、見た目はすごくお洒落。英国製ハリスツイードを贅沢に使った上品なデザインで、グレーとブラックの2種類がある。もう少しアダルトな雰囲気で勝負したい人には、レザータイプがおススメ。上質でしなやかな羊革を使い、なじみ具合は抜群。こちらも、ブラウンとブラックの2色が用意されている。

現時点で、目標額の105%を達成した本品。早期割引価格は、ハリスツイード、レザーとも9800円。締め切りは、12月11日まで。クリスマスプレゼントには、十分間に合いそうだ。

MAMORIOグローブ/BOOSTER